サウナで”脂肪”を燃焼?♨それより”死亡”に注意して正しく入ろう

 


出張のビジネスマンや
ジムに通うスポーツマンなどには、
ひと仕事終えてサウナでくつろぐ人も
多いですよね(;^_^A

Sponsored Links




Ψ サウナで「脂肪」は出てくれない

ところで、みなさん
サウナの効能や適切な入浴法について
正確な知識をお持ちですか?


なかには、いわゆるダイエットで、
「サウナで痩せ我慢して痩せるんだ!」
とばかり頑張ってる方もいらっしゃる
ようですが、はっきり言って、これは
意味がありません。


入浴後に体重を測ればたしかに減ってますが、
これは汗になって「水」が出ただけで、
一緒に「脂肪」が出るわけでは
全然ないですからね。

ゆだる088826

ではどうしたら「脂肪」は出てくれるのか
といえば、エネルギーを消費する以外に
ないのですが、消費の順序も
《肝臓のグリコーゲン⇒筋肉細胞⇒脂肪》と
決まっているのだそうで、
脂肪が燃えるのは最後の最後。

なので、もしサウナで脂肪を燃焼させようと
思ったら、サウナに後に水風呂に入って
細胞を活性化させ、その後で有酸素運動を
することで代謝を良くしてやる必要があります。

気持よくサウナを終えて「今日は
上り~」(*^ー^)ノ
とは行かないわけですね。

 

Ψ 「脱水症状」に気をつけよう

サウナで「脂肪」は出ませんが、
「水」は大量に出ます。

むしろ気をつけなければならないのは
そこで、大量の発汗により「脱水症状」を
起こす場合もあるのです。

Sponsored Links


何を隠そう、この私も一度やられております。

実は以前、健康診断で尿酸値の高さが
要注意レベルにあると知り、かつ「痛風」を
発症すれば、それは痛いものだと聞かされました。

以来、「痛風」の幻影に怯え、プリン体の
摂取を控えることで尿酸値を押し下げることに
成功してきていたのですが、その私が
ある未明に突然、痛風を発症して、
のたうちまわったのです。

なぜだ、尿酸値は安全圏内なのに!

と医師に怒りをぶつけましたところ、
「まあまあ、アンタきのう何してたの?」
といなされ、話すうちにわかってきました。

すなわち前の日、久々にスポーツに精を
出した私は、その後、長時間にわたって
サウナを楽しみながら、水分の摂り方は
普段と同じで、しかもビールなど嗜んだために
(アルコールが水分を奪う効果もあって)
軽い「脱水症状」を起こし、これが
痛風発症の引き金となったのでした。

080772

痛風ですめばまだいいわけで、
「脱水症状」は最悪の場合、死に至ります。

というわけで、サウナ入浴前には
十分な水分摂取をお忘れなく。

 

Ψ  飲酒・満腹後のサウナも危険

それじゃあ水分を入れておこうというので、
ビールをガブ飲みするのもまた危険ですし、
ビールだけじゃ良くないってんで
食べ物も入れて満腹状態でサウナに
入るのも良くないんですね。

アルコールは脈拍を高め血行をよくしますが、
そこへ、サウナ浴で追い打ちをかければ、
毛細血管の急激な拡張や収縮で血管に
大きな負担がかかります。

Beer-s

さらに、消化作業中はほんらい胃に集中
しなくてはならない血液が、からだ全体に
流れてしまいますので、消化運動が
滞ってしまいます。

というわけで、飲酒後にサウナに入って
亡くなる場合も実際にあって、最近でも、
2013年1月、和歌山のビジネスホテルで
事件が発生しました。

50歳男性の古い友人同士2人が、深夜の
サウナ浴室内で折り重なって息絶えていた
といい、深酔いの状態でサウナ浴したために
「脱水症状」で意識を失い、そのまま
死に至った、と見られています。


 

Ψ サウナ世界選手権の悲劇

実は「サウナ世界選手権(Sauna World Championships)」というのもありました。

要するに高温・長時間サウナの我慢比べで、
2010年大会はサウナの本家、フィンランドの
ヘイノラで行われたのですが、ついに死者が
出てしまったために、その後開かれて
いないとのことです。

子のたまわく(孔子はおっしゃった)
「過ぎたるはなお及ばざるが如し」

何事もやりすぎるとロクなことは
ないようです。

サウナまたしかり、ほどほどに
しておきましょう。

以下はその「ほどほど」、医師の説
適切な入浴法をまとめたものです。
【入浴前】
・コップ一杯程度の水を補給


入浴前と入浴後で計2杯… 0ebfc28372f2774b61e384751be9ff7c_s

【入浴中】
・時間は、年齢や体質にもよるが10~15分が適切。
・長時間のサウナは疲労が溜まるので要注意。
・サウナ室の下段(比較的低温)に長時間いるより、
上段(高温)で短時間で切り上げる方が効果大。

【入浴後】
・からだを冷やす。
・水風呂や冷水シャワーは「温度差」で血液の流れを鍛えることができるが、
急冷は危険を伴うので徐々に冷やす。
・十分な水分を摂る
・アルコール類は体内の水分を奪うので、控えめに。


死んだらもともこもこも(ああ、ロレツが
回らん……私も危ないか)ありませんよね。

なにごとも「ほどほど」に
せいぜい気をつけて楽しみましょう。(^-^)ノ~~

Sponsored Links

One Response to “サウナで”脂肪”を燃焼?♨それより”死亡”に注意して正しく入ろう”

  1. […] やあやあサイ象です。 前回の記事 ・「サウナで”脂肪”を燃焼?それより”死亡”に注意して正しく入ろう”」 では 「尿酸値」は安全圏内だったのに「痛風」を発症してしまった […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ