黒い雨(井伏鱒二)のあらすじ ☔簡単/詳しくの2段階で

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第56回にして
「あらすじ」暴露サービスとしては
第33弾となります。

採り上げるのは、井伏鱒二の
歴史的名作『黒い雨』(1965-66)。



さて、一口に「あらすじ」を
知りたいといっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから
多少詳しくないと…という場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links



「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の2ヴァージョンを
用意しましたよ~(^^)у


👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずは、ぎゅっと要約した
「ごく簡単なあらすじ」。

広島への原爆投下で被爆した小畠村の
閉間重松(しずま・しげまつ)・
シゲ子夫妻は、同居する姪の矢須子
(やすこ)の縁談を進めるため、
彼女が被爆していないことを証明すべく
矢須子の、ついで重松自身の当時の
日記の清書を始める。

db814b8d92aa020376bc9bb2f93ed2db_s

日記の記述から焦土広島の惨状が
浮かび上がるとともに、
矢須子の被爆という事実が、
皮肉にも証明されていく。

矢須子が秘密にしていた原爆病が
ついに発覚し、やがてほとんど
絶望的な様相を呈するが、
重松はなおも「奇蹟」に望みをかける。

え? これではなんのことかわからん?

まあ、それはそうでしょう。
読書感想文など書こうという人には
これで足りるわけはありませんよね。


というわけで、より詳しいあらすじが
どうしても必要になります。

ネタバレにはなりますが、
この作品の場合、それは
大きな問題ではないでしょう。



👉 やや詳しいあらすじ<

それではさっそく参りましょう。

原作は「一」~「二十」の20章構成ですが、
これを私の勝手な判断で
「起承転結」に4分しています。

【起】(一)
広島市への原子爆弾投下より
数年後の広島県東部、三方を山に
囲まれた高原にある神石郡小畠村。

そこに住む閉間重松・シゲ子夫妻と、
その姪で、養女のように同居する、
結婚適齢期の矢須子の一家を
中心に物語は進む。

6ff92aba71da804ed34e9ef8fcd198a6_s

昭和20年8月6日朝の原爆投下の瞬間、
重松は広島市内横川駅で被爆して
顔などにかなりの傷を受け、
早々に医師から「原爆病」と
診断されていた。

が、シゲ子は市内千田町の自宅にいて
むしろ無事だったし、矢須子は
社用で爆心から遠い場所にいたため
直接の被爆はなく「異常なし」と診断されていた。

ところが、矢須子に縁談が持ち上がるたびに
「市内で勤労奉仕中に被爆した」
という、あらぬ噂が流れて破談になる
という経緯が繰り返されてきていた。

終戦から4年10か月目に    132766
来た縁談は「勿体ない」ほどの話で、
重松は今度こそ話が流れないようにと、
「被爆者定期健康診断」の
診断証明書を仲人に送る。

ところが、それがむしろ
「気が利いていて間が抜ける」結果を
もたらし、仲人は「原爆投下の日から
小畠村に帰るまでの矢須子の足取り」を
知りたいと言ってくる。


矢須子はシゲ子と二人、しくしく
泣きながら、昭和20年当時つけていた
日記を重松に渡す。

以下、重松が書き写す矢須子の日記の
八月五日~九日の記述が置かれます。




【承】(二~四)
日記の清書を途中から頼まれたシゲ子は、
「黒い雨に打たれたこと」を
記述した箇所で筆を止め、
「省略したほうが宜しい」のでは
と重松に相談する。

「あの頃なら、黒い雨のことを人に
話しても、毒素があることは誰も
知らんので、誤解されなんだでしょう。
でも、今じゃ毒素があったこと、
誰でも知っています」

weatherman-849792_640

日記のその箇所を読んだ重松は、
近時の矢須子に「色っぽさが
増して来た」のも縁談に大いに
乗り気だからだ、とますます
重責を感じる。


やがて、被爆当時、自分がつけていて、
小学校の図書館に寄付することに
していた「被爆日記」を
「矢須子の日記の付録篇」として
仲人に提出しようと考え、これの
清書も並行してやり始める。

以下、被爆から玉音放送の15日までを綴る
この「被爆日記」と、終戦4年10か月を経た
現在の閉間家周辺を描写する記述とが
交互に置かれる形で小説は進行します。


Sponsored Links




【転】(五~十五)
「被爆日記」の清書を進める過程で、
皮肉にも矢須子の間接的被爆が
明らかになっていき、ちょうど
それを裏付けるように、現在の矢須子も
徐々に「原爆病」の症状を見せ始める。


「被爆日記」によれば、重松夫婦は
空襲の際の避難場所として
打ち合わせていた広島文理大学の
グラウンドで落ち合い、消息を伝える
貼り紙をするために家に戻った。

このとき矢須子と合流したのだが、
矢須子はそれ以前、船で広島市に
向かう途中に瀬戸内海上で
黒い雨を浴びていた。

しかも再会した重松らと燃え上がる
広島市内を逃げ回ったため、その過程で
残留放射能も浴びていたのだ。

cobweb-69908_640

「被爆日記」は、8月6日以降の
焦土の広島に累々と横たわる死体と、
まだ生ある瀕死の人々を
坦々と客観的に描写していく。


【その一例】

穴ぼこに死体が多すぎて焔が
下火になると、穴のほとりへ
どしりと死人を転がして行く。

その弾みに、死体の口から
蛆のかたまりが腐乱汁と共に、
どろりと流れ出るものがある。

穴のそばへ近づけすぎた
死体からは、焚火の熱気に
堪えきれぬ蛆が全身から
うようよ這い出して来る。


ゾンビ zombies-skeletons-s

「この屍(むくろ)、どうにも
手に負えなんだのう」
トタン板をかいて来た先棒の
兵がそう云うと、
「わしらは、国家のない国に
生まれたかったのう」
と相棒が云った。


6日の朝、出勤途中の横川駅で
被爆した重松は、なんとか出社すると、
多くの同僚の死体に迎えられる。

火葬場も満員、死亡診断書などの
手続きもできず、自分らで焼くしか
ないだろうということになる。

「死者は丁重に葬らなければならない。
君は坊さんの代わりになってお経を
読みたまえ」と工場長に言われ、
重松は近くのお寺に行って僧に
お経を習いもする。



【結】(十六~二十)
あと3日分を清書すれば
書き写しが終わるというところで、
矢須子の病気の急速な悪化が発覚し、
シゲ子は矢須子が病状を
「秘密にしておった」ことを
「ほんと、口惜しいわ」と嘆く。

矢須子はやがて「素人目にも殆ど
絶望的」になり、看病疲れからシゲ子は
「心臓の障害を来し」、重松はもともと
矢須子を広島へ呼んだのが
自分であったことに責任を感じる。


重松は、重傷の被爆患者で
「息を吹き返した」人の手記を
取り寄せて読み、何をおいても
矢須子に「必ず生きる」という自信を
もたせなくてはならないと考える。

bb65ee4d6aa6844a35ec35974203ed21_s

「被爆日記」の8月14日の記述で
重松が白い虹を見たと話すと、工場長が
それは「白虹、日を貫く」といって、
「悪いことの起る前兆だ」という。

その「被爆日記」の清書をともかく
完了した重松は、今もし向こうの山に
「白い虹でなくて、五彩の虹が出たら
矢須子の病気が治るんだ」と、
叶わぬことと知りながら、そう占う。



👉 どう書く?感想文

さあ、いかがでした?

感想文やレポートを書くのに使えそうな、
いくつかのポイントが見えて
きたんじゃないでしょうか。

え? まだダメ?


それでしたら、こちらの記事で
書き方を探ってみてください。
黒い雨(井伏鱒二)で読書感想文∥今村昌平映画も参考に

また「戦争文学」の名作として知られる
これらの作品も参考になると思います。
火垂るの墓(野坂昭如)のあらすじ:作者の気持ちを考える?
夏の花(原民喜)のあらすじと解説❁感想文で抜け出すには?
芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?

b09368a04e8ad0acac2c4024b29f9afe_s


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ