井上ひさし 握手で感想文 👌天国はある。その方が楽しいから?


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第67回となります。

今回は井上ひさし氏の傑作短編小説
『握手』でいってみましょう。

Sponsored Links



まだお読みでない方はこちら……
短編集『ナイン』〔1983〕所収です。



全文を読むのはちょっと…
という人は、こちらの「あらすじ」を
をご覧くださいね。

握手(井上ひさし)のあらすじ 👍「簡単/詳しい」の2段階で解説


👉 自分なら…と考えてみる

まずはじめに、そもそも感想文、
それも”学校で評価される”感想文は
どう書いたらよいのかについて、
この「感想文の書き方」シリーズで
繰り返し開陳してきました秘伝《虎の巻》を
今回もひろげさせてもらいます。

  • 学校で評価される感想文は
    作品を読んでの素直な「感想」
    などではなく、それを機に
    自分の生活を反省する」作文。

  • これを書くには、まず、
    たとえば登場人物が何らかの
    行動をとったとき、
    「自分にはこんなことはできない」
    のではないかとか、あるいは
    性格的に「自分にはこんな
    ところはないか」と反省する。

  •        疑問009093
           自分にはこんなところはないか……

  • その上で、「これからは自分も
    こうしよう」という前向きな
    結論
    を決めてから書き始める。
(「Yahoo!知恵袋」での「ikemen_
busaiku」さんの回答に触発
されています。)

さて、一応この方法で行くことにすると、
自分なら…」と考え合わせてみる
対象(登場人物)を誰にするかを
決めなくてはなりませんが、どうします?

やはりこれはルロイ修道士にするのが
正解でしょう。


彼に再会した「わたし」(語り手)にする
手もアリですが、すこしむずかしいかも
しれませんね。



👉 「わたし」は媒介者

小説のなかでの「わたし」の主な役割は
ルロイ修道士の心中に(徐々に)入り込み、
それを読者に(徐々に)伝えていく……

要するに主人公と読者の「媒介」
(仲立ち)ということですね。

自分なら…」と仮定しても
できたかもしれないことって、ありますか?

096354

「知らぬ間に両手の人さし指を交差させ、
せわしく打ちつけていた」というラストの
一文に「わたし」の思いを読み取るとしても、
「いらだち」「残念」「悲しみ」などの
感情に自分も共感した、ぐらいしか
書けないんじゃないでしょうか。

あるいは「わたし」を通して、結局、
ルロイ修道士を語ることになって
しまうかもしれません。


👉 ルロイ修道士の生き方

ですから、ここはいっそ、ルロイ修道士に
なってしまう、というふうに割り切った
ほうが賢明でしょう。

感想の書けそうな主題、テーマはわりあい
くっきりと浮かび上がって来ます。

いくつか例を挙げてみましょう。


1.「さよならを云うために」

はじめの部分でルロイ修道士は「わたし」を
呼び出した理由として「さよならを云う
ために、こうしてみなさんに会って
回っている」と説明します。

その「さよなら」が、たんに「故郷(くに)
へ帰る」という意味ばかりではなくて、永別…
つまりこの世への「さよなら」でもあることが
徐々にわかってきた「わたし」は
「冗談じゃないぞ……」と思いますね。

       

なぜ「みなさん」に会おうと
思ったんでしょうか。

そんな義務はないし、運ばれてきた
オムレツも「おいしいですね」と
言いながらちっとも食べないほど
体は弱っているんですよね。

ここに「自分なら…」を考える
余地があるんじゃないでしょうか。

そしてそれを考えるためには、ルロイ
修道士がどう生きてきて、死を前にして
どんな「心残り」を抱えているかを十分に
理解するために、やはり本文全体をしっかり
読み直す必要が出てくるでしょうね。

Sponsored Links



2.「代表して」ものを云うのは傲慢です

戦時中、日本人監督官に潰されて変形した
指先を見て、「わたし」は「日本人は先生に
たいして、ずいぶんひどいことをしましたね」
と言いますね。

すると、ルロイ修道士は「日本人を代表
してものを云う」のは傲慢だし、日本人とか
カナダ人とかがあるのではなく、「一人
一人の人間がいる」だけだと答えます。

    修道士 nun-29854_640

ここにルロイという人の人柄、その偉大さが
凝縮的に表現されている、すくなくとも
作者、井上ひさしさんの伝えたかったものの
核心があったのではないか……

まあ、これは私個人の感想ですけれども、
ともかく、ここも「自分なら…」を
考えてみるとよいポイントですね。

「一人一人の人間がいる」だけだという
人生観は、天使園の「一人一人」に
「さよならを云う」という行動に
つながっているかもしれませんね。



3.天国は「あると信じる方がたのしい」

「代表して」ものを云うのは傲慢だという
ルロイ修道士の哲学(考え方)は、
キリスト教を教える立場でありながら、
「天国」の存在についても断定しないという
この人の信仰のあり方にも対応している
かもしれません。

「あると信じる方がたのしい」から信じる、
「そのためこの何十年間、神さまを信じてきた」
((((((ノ゚⊿゚)ノ
というルロイの理屈は変といえば変ですよね。

  Artistic-Women-s

天国はある?

あると信じたほうが「たのしい」という理由で
本気で「ある」と信じられるものでしょうか?

このポイントも、「自分なら…」を
大いに考えてみるに値しますね。



👉 小説のうまさ

それから、学校の読書感想文ではあまり
期待されていないかもしれませんが、
内容的な主題・テーマを離れて小説の作り方、
芸術的な技法について書くのも当然あり…
というか、より高度な感想文・
批評文になると思います。


たとえば「指言葉」の印象深さ。

ルロイ修道士の癖で、最後には「わたし」にも
伝染してしまうのがこの「指言葉」ですが、
小説の全般にわたって繰り出される
何種類かの「指言葉」に作者はどんな
効果を狙っているのか……。

       124629

また「指言葉」のいくつかは、この小説の
もう一つの大きな特色である「現在と
過去を行き来する
」手法に
絡み合わせられてもいるんですね。

この手法については「あらすじ」
の記事のほうで書いています。

握手(井上ひさし)のあらすじ 👍「簡単/詳しい」の2段階で解説


たとえばこのような、作者の意図を読むことのできる
文章を一つ一つ挙げて、その成り立ちを
分析していけば、立派な批評文になるはずですよ。


この巧みな小説家、井上ひさしの
もう一つの傑作短編が『ナイン』ですね。

これについて書いた下記の記事も
参考にしてもらえればと思います。

ナイン(井上ひさし)のあらすじ ⚾「簡単/詳しい」の2段階で解説

080321


ほーら、いろいろと
とっかかりはあるでしょ?

こういうふうにして、どこかに突破口を見つけて
掘り進んでいけば、
感想文なんかへっちゃらですよ。
              野球猫matsui-anime

ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ