握手(中3国語)で批評文どう書く?【400字の例文つき】


サクラさん
井上ひさしの『握手』で
批評文を書く宿題なんですが、
そもそも”批評文”って
“感想文”とどう違うんすか?

ハンサム 教授
うれしいとか悲しいとかの
“感想”じゃなくて、「ここは
なんでこうなってるのか」
とか「作者は何を考えてこう
書いたのか」とか突っ込んで
いくのが”批評”かな…

サクラさん
う~ん、そんなこと考えて
もわかりませんよ(😿)

ハンサム 教授
だからそこは”無い知恵を
しぼる”んだ;^^💦
       
   

たとえばラストで「私」が
ルロイ修道士そっくりの
指言葉をやってるのはなぜ?

サクラさん
思い出しているのかな?

ハンサム 教授
より細かく、何をどういう
ふうに…と想像してみるんだ。

    124629
 

スポンサーリンク



というわけで、「感想文の書き方」
シリーズ第67回は中3国語の教科書に
のっている井上ひさし氏の短編小説
『握手』でいってみま~す((((((ノ゚⊿゚)ノ

まだお読みでない方はこちら……
短編集『ナイン』〔1983〕所収です。



全文を読むのはちょっと…
という人は、こちらの「あらすじ」を
をご覧くださいね。

握手(井上ひさし)のあらすじ 👍「簡単/詳しい」の2段階で解説



感想文の例(400字)

ではさっそく、ハンサム教授が中3生諸君に
なりかわって仕上げた批評文の例を
ご覧ください。

要求される長さ(字数)は色々でしょう
けど、まずは短くまとめたものとして
「400字以内」の例文です。

 子供時代に世話になった修道院の
ルロイ修道士が、育てた子ら一人一人に
「さよなら」を言ってまわるという話で、
私はこのルロイの人物像に強い印象を受けた。

 驚いたのは、聖職者なのに「天国」の
実在を断定せず、「あると信じる方が
たのしい」から信じる、そのためにこそ
「神さまを信じてきた」のだと不信仰とも
いえることを言ってしまうところだった。

そこには、死を前にして正直になろう
という気持ちのほかに、自分は「一人の
人間」にすぎず、キリスト教を代表したり
はしていないのだという意識があったと思う。

    

 そのことは、昔つぶされた指先を見て
「日本人は先生にたいして、ずいぶん
ひどいことをしましたね」と言われた時、
即座に「日本人を代表してものを云う」
のは傲慢だ、「一人一人の人間がいる」
だけだと反論するところにも表れている。

 最後に葬式でルロイそっくりに指を
せわしく打ちつける「わたし」の思いは
そこにあるのではないだろうか。
             (398字)

スポンサーリンク


         
   
どうです?

さすがにうまいものでしょう。

これをそのままコピペすることは
もちろん厳禁ですが(著作権法違反)、
適宜、自分らしいものに文章を変えて
使ってもらうのはかまいませんよ~;^^💦

   
800字以上書かなければならないので
これでは短すぎるという場合は、上の
文では説明が足りないので補充したいと
思うこととか、あるいは新たに付け加えたいと
思うこととかを入れ込んで、ふくらまして
いけばいいんですよ。

「わたし」以外の子供の様子とそれへの
ルロイの気持ちとか、指言葉にも色々
あって、意味が違うこととか…

    

またルロイのこの指言葉は、それを見た
「わたし」が子供時代のルロイを思い出す
…という形で「現在と過去を行き来する
ための小道具にもなっているわけですよね。

そういう小説の時間的な構成方法について
突っ込んで書いてみれば、それもまた
高度な「批評文」になるはずですよ。

ぜひチャレンジしてみてください。

この手法について詳しくは
「あらすじ」の記事のほうを
参照してください。

握手(井上ひさし)のあらすじ 👍「簡単/詳しい」の2段階で解説

   Artistic-Women-s



まとめ

上記のように、作者の意図を読む
ことのできる文章を一つ一つ挙げて、
その成り立ちを分析していけば、
立派な批評文になるはずなんです。

この巧みな小説家、井上ひさしの
もう一つの傑作短編が『ナイン』ですね。

これについて書いた下記の記事も
参考にしてもらえればと思います。

ナイン(井上ひさし)のあらすじ ⚾「簡単/詳しい」の2段階で解説

080321


ほーら、いろいろと
とっかかりはあるでしょ?

こういうふうにして、どこかに突破口を
見つけて掘り進んでいけば、
批評文なんかへっちゃらですよ。
              野球猫matsui-anime

ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「感想文」関連の
お助け記事を量産していますので、
そちらを覗いてみてくださいね。


どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 98 times, 3 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ