「太宰治」の記事一覧

斜陽(太宰治)の感想文を簡単に【800字の例文つき】

今回でなんと第211回((((((ノ゚⊿゚)ノ を数えます”感想文の書き方”シリーズ、 今回は太宰治の『斜陽』(1946)に挑戦です! まだ全文をちゃんと読んでいない人、 または読んだけど整理でき・・・

女生徒(太宰治)のあらすじと解説 女はいやだ…曲折する意識

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも 早いもの今回で第148回となり… 「あらすじ」暴露サービスとしても いよいよ大台に迫る第96弾。 今回は短篇の名手太宰治の傑作中の 傑作『女生徒』(1939)で参ります・・・

斜陽(太宰治)のあらすじ 簡単/詳しくの2段階で解説

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも 大台に迫る第98回となり、 「あらすじ」暴露サービス第63弾。 今回はいよいよ取っておき、太宰治の 名作『斜陽』(1946)に挑戦です。 さて、一口に「あらすじ」をとい・・・

走れメロスのあらすじ 簡単/詳しくの2段階で解説

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズ第29回の 今回は「あらすじ」暴露サービスの第6弾。 太宰治の『走れメロス』で行ってみま~す。 ただ、一口に「あらすじ」をといっても、 話の要点を知りたいだけという場合から・・・

人間失格(太宰治)のあらすじ “人間でなくなった”人間って…

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第25回。 今回は感想文を書く前提としての 「あらすじ」暴露サービス第2弾です。 扱う作品は太宰治『人間失格』 (1948)。 👇 もちろん全文を読ん・・・

浦島太郎 玉手箱の意味は?パンドラの箱を重ねた太宰治

というわけで本日のテーマは、浦島太郎の お話で乙姫が浦島にあげる「玉手箱」の 意味について。 これがギリシャ神話の「パンドラの箱」に 似ているという問題もあって、別記事で そのことにふれましたので、今回はその オトシマエ・・・

津軽で感想文を!太宰治と再会するタケ母子…心の交流を読もう

やあやあサイ象です。 今日は「感想文の書き方」 シリーズ第16回。 今回は太宰治中の中編小説『津軽』 (1944)で参ります。 さて、このシリーズでは、 「感想文に感想を書いてはいけない」という 一見、意味不明のサジェス・・・

走れメロスで感想文 200字/400字でササッと濃く書くには

というわけで、おなじみ”感想文の書き方” シリーズ、今日は太宰治の「走れメロス」 (1940)で行きますよ~((((((ノ゚⊿゚)ノ   走れメロス 朗読CD付 (海王社文庫) 新品価格 ¥1,0・・・

人間失格で読書感想文 高校生ならどう書く😢”恥の多い生涯”を送りますか…

  というわけで「感想文」シリーズ第3回は 太宰治の代表作『人間失格』(1948)です。    👇   「はしがき」のあと本編(大庭葉蔵の手記) に入ると、冒頭の一句、「恥の多い生涯を 送ってきました」が・・・

かちかち山のあらすじ🐰兎は怖い?太宰治版”カチカチ山”はもっと怖い?

やあやあサイ象です。 「かちかち山」はご存じですよね? これ、実は数ある日本昔話のなかでも コトノホカ怖~いものの一つ。 今日はこのお伽話のあらすじをあらためて たどったうえで、ジワジワとその怖さの 核心に迫りたいと思う・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ