この世に人間というものが発生して

そのいちはん初めの男と女
といえば?

どうでしょう、「アダムとイブ」と
答える人が多いんじゃないでしょうか。

Sponsored Links



でも「神がまず(自分の似姿として)
アダムを作り、その肋骨からイブを
作った」なんて、子どもでもオカシイと
思うお話をどうして日本人が
持ち出すんでしょうかね?

キリスト教を信じているなら別です
けど、全然信じてもいないのに…

しかも日本にはイザナギ/イザナミ
という立派な最初のカップル(夫婦)
いらっしゃったというのに…です。


オッと挨拶が遅れました、サイ象です。

“感想文の書き方”シリーズ第174回、
あらすじ暴露サービスとしては
115弾の今回は、大いに趣向を変えて
『古事記』冒頭部分のイザナギ/イザナミ
物語を追っかけますよ~((((((ノ゚⊿゚)ノ

     paradise-146120_640

『古事記』の冒頭は「天地の初発の時」と
始まる、まさに「創世記」の物語。

最高神「天之御中主神(アメノミナカヌシ)」
を筆頭に7柱(はしら。神の場合は
人(にん)でなくこう数えます)神々に
よる世界創造の過程がざっと語られ、
そのあと「次に〇〇の神。次に…」と
10柱の名前が並べられます。

イザナギイザナミはその締め、すなわち
16、7柱目の神々として出てくるんですね。


イザナギ/イザナミ物語のあらすじ

それでは参りましょう。

「 」内の引用は下記「ソフィア文庫」に
依拠しての『古事記』原文と現代語訳です。
   👇      



🌄【天地創造】

天上の神々の合議により、イザナギ
(伊耶那岐)・イザナミ(伊耶那美)の
二神に「この浮遊する国土を固定し
整備せよ」との命令が下る。

二神は「天の浮橋」に立ち、「天の沼矛
(ぬぼこ)」を地上に下してかきまわし、
オノゴロ島を造った。

   386486

オノゴロ島に降りて「天の御柱」と
寝殿を建ててから、イザナギが
イザナミに問う。

「汝が身は如何に成れる」
(君の体はどうなってる?)

「吾が身は成り成りて、
成り合はぬ処一処在り」
(完成しているが、合っていない
部分〔〕が一か所ある)

「吾が身は成り成りて、
成り余れる処一処在り」
(完成しているが、余計な
部分〔〕が一か所ある)

というわけで、イザナギはイザナミに
に「刺し塞(ふた)ぎて」
(英訳すれば”insert”でしょうか;^^💦)
「国土(くにつち)生み成さん」と
思うんだけど…と提案しOKされる。

Sponsored Links



🌄【国生み、子生み】

「天の御柱」を互いに逆方向に回って
出会ったところで交わろうという
話になり、実行する。

出会ったところでイザナミが
「あなにやし、えをとこを」
(おお、いい男だこと)と言う。

      100627_0019 


そのあとでイザナギも「あなにやし、
えをとめを」(おお、いい女だこと)
と言うが、そのあとで「女が男より
先に唱えたのはよくない」と
も言う。


それでも交わりして、二人の子が
生まれるが、育たない。

高天原に上って天神の指示を仰ぐと
女が先に唱えたのがよくないから
やり直すがよい」。
👉男が先」という規範意識が
この時代にすでにあった
ことを示すもので、ちょっと
笑えますね。

でも考えてみればそれは当然かも。

すでに”男系”の天皇制が確立
しており、『古事記』はそれを
正当化するための神話でも
あったわけですから。


そのとおりにすると、イザナミは
まず淡路島、ついで「身一つにして
面(おも)四つ」の四国、さらに
「隠岐の三子嶋(みつごのしま)」、
「筑紫嶋」(九州)、壱岐、対馬、
佐渡を生み、最後に本州を生んだ。

   f21d6b03-92a5-c059-e6333905d7dc6418
  

🌄【イザナミの死】

二神はその後も自然界の諸要素を
代表する神々を生んでいくが、
「火神」を出産する際に
イザナミが焼け死ぬ。

          gothic-1454219_960_720

怒ったイザナギが火神の首をはねると、
剣についた血から「雷神」「剣神」の
神々が生まれる。

Sponsored Links



まとめ

さあ、これでもうイザナギ・イザナミ
夫妻に関するかぎり、あなたの知識は
カンペキです。

なにしろ『古事記』にはこれ以上詳しい
ことは書かれていないんですから。


ん? それでもなんだかよくわからん?

それではこちらの動画でおさらいして
おきましょうか。

改変されている部分はないか、
眉に唾をつけてご覧ください。




さあ、これでもう完全にカンペキ。

誰にどう突っ込まれても対応できますし、
感想文やレポートもへっちゃらでしょう!


ん? 書こうとは思うけど、
何をどう書いていいか、
要領がわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

👉当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 2,356 times, 1 visits today)