やあやあサイ象です。

おなじみ「あらすじ」暴露サービスも
ついに大台を超えて今回でなんと
112弾((((((ノ゚⊿゚)ノ

「感想文の書き方」シリーズ全体では
171回となります。


小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、
Lafcadio Hearn, 1850-1904)の
『怪談』(Kwaidan)といえば…

「耳なし芳一」「おしどり」「ろくろ首」
「むじな」(のっぺらぼう)「かけひき」
(はかりごと)など…日本の民話を
ドキッとするモダンなストーリーに
仕上げた珠玉の短編集(原文は英語)。

Sponsored Links



今回はその中でも清冽きわまりない傑作、
「雪女」で行ってみましょ~⛄







そんなに長いお話ではないので、
かんたんに読めてしまうと思いますが、
それも面倒だという人は;^^💦

こちらの動画でストーリーを
押さえてくださいね。



あらすじ

はい、それでは文章による「あらすじ」です。

わかりやすさのため、全体を
「起承転結」の4部に分けています。

⛄【起】

武蔵の国のある村に年老いた茂作
(もさく)と18歳の奉公人、巳之吉
(みのきち)という2人の木樵
(きこり)がいました。

ある寒い冬の日、吹雪で帰れなく
なった二人は、渡し守の小屋に
逃げ込み、そこで寝ます。

その夜、顔に吹き付ける雪に
巳之吉が目を覚ますと、
白い着物を着た女が茂作の顔に
息を吹きかけていました。

IMG_0029

巳之吉は身動きも声を立てることも
できないでいると、女は今度は彼の
方へかがみ込み、ほとんど顔が
ふれそうになります。

こわい目をしたその美女は、
しばらく巳之吉を見つづけてから
にっこり笑ってささやきました。


「おまえもあの人とおなじように
してやろうと思ったんだが、
かわいそうになった。

おまえは若いし、きれいだから。

でも、今夜のことを誰かに
話したら、その時は必ず
おまえを殺すよ」


女は戸も閉めないまま吹雪の中に
出ていき、やっと体の動くように
なった巳之吉が茂作にさわると
冷たくなっていました(ドクロ)。

Sponsored Links


⛄【承】

翌年の冬の夕暮れ、巳之吉は
ほっそりとした美しい娘
「お雪」に出会いました。

両親をなくして江戸へ出る途中だ
というお雪と巳之吉はお互いに
心ひかれ、夫婦になります。


それからお雪は男女10人の色白の
子を産みましたが、不思議なことには
何年たっても若く美しいままでした。

⛄【転】

ある夜、子供が寝てしまってから、
行燈(あんどん)の光で針仕事を
しているお雪に巳之吉がいいます。

「そうしているおまえを見ると、
わしが十八の頃にあった不思議な
出来事を思い出すよ。

おまえにそっくりな
美しい女に出会ったんだ」

    audrey original

お雪は仕事から目を離さないまま、
「その人のこと、話してください。
どこで会ったの…?」


「その女は人間じゃなかったんだ。

わしが見たのは夢だったのか、
それとも雪女だったのか、
いまだにわからんのだが……」

⛄【結】

お雪は縫い物を放り出して立ち、
巳之吉の上に身をかがめて
彼を正面から見つめて叫びます。

「その女こそ私でした。

私はあのときあなたに、もし
あの晩のことを人に話したら
殺すと言ったでしょう。

そこに眠っている子供たちさえ
いなければ、すぐにもあなたの
命を取るところですが…

この上は、子供たちの面倒を
よく見てやってください。

さもないと、私もそれ相応の
ことをしますから」

     yurei_japanese_ghost

お雪の声は風の叫びのように
細くなり、やがてその姿は
白い霧になり、煙出しの窓を
抜けて消えていきました。

それきり、お雪の姿は
二度と見られませんでした。

👉1890年に来日したハーン
(八雲)は松江、熊本、神戸と
移動して最後は東京帝国大学の
英文科講師(その後釜が夏目
漱石)でしたが、この作品は
東京時代のもの。

大久保の家に奉公していた
西多摩郡調布村(現・青梅市
南部多摩川沿い)出身の親子の
話がもとになっていると
序文に書いてあります。

そのころの東京西部は大雪も
珍しくなく、この物語もリアルに
語り継がれていたのでしょうね。

Sponsored Links

Sponsored Links


どこが怖いのか❓

さあ、どうでしょう。

コワい コワい コワいでしたね~(叫び)


ん? ちっとも怖くない…
こんなのよくある話じゃん?

ハハハ、そうかもしれませんね、
21世紀のスサマジい怪談に
慣れちゃった人は…


でもね、できればもう少しビミョ~な
ところを怖がってほしいんですよ。

おそらくそのあたりに、原話には
たぶんなく、ハーンがプラスした
近代的な芸術性もあるはずですから。

    vampiros_goticos_04-1


たとえば上記「あらすじ」の【転】で、
巳之吉が昔の出来事の話を始めた時、
お雪は針仕事から目を離さないまま
「話してください」と話を
続けさせますね。

この時、「やめて!」と制止するなり
なんらかの方法で話させないようにして
別れを回避する…という選択肢も
あったのではないでしょうか。


それをお雪はむしろ破局を呼び寄せる
かのように、無表情に話の進展を
促すのです。

これはむしろ別れを望んでいたことの
あかしなのではないか……。

Sponsored Links



いずれにもせよ、この物語は「鶴女房」
(鶴の恩返し)と同型の典型的な
「異類婚姻譚」(雪女は人間ではないから)
であり、別れは避けられない運命だった
とも考えられます。

それは原話からしてそうなのですが、
それをさらに怖くしているのが、
上に見た部分のような
「雪女=お雪」の描き方。

   
   小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)


ハーンのこのような手法の背景にある
意匠として19世紀後半のヨーロッパ
文学・美術に流行を見ていた
“宿命の女”(femme fatale)の
イメージがあると思われるんですね。


感想文やレポートを書かれる場合は
そのへんに絡んで思うところを
述べてみてはどうでしょうか。
👉“宿命の女”的な女性の描き方は
『怪談』に収められた別の短編、
たとえば「おしどり」などにも
感じられます。

「おしどり」については
こちらを参照。

おしどり夫婦の意味 🐥八雲怪談などに見る”永遠の愛”は本当?

            


👉“宿命の女”的なヒロインの
登場する作品としては下記のような
ものもあります。

こちらの記事もご参照ください。

雪の女王(アンデルセン)のあらすじ💛アナ雪”原作の怖い童話

マクベスのあらすじを簡単に【&詳しく】これぞシェイクスピア最高傑作!

       macbeth  b0209199_5652a49d7cc68

谷崎潤一郎 痴人の愛のあらすじ 💘ナオミと譲治のM的結末…

浦島太郎は意味不明?善行も”禁断の玉手箱”で罰せられ…


👉そのほか世界の神話・
民話・童話などと比べてみれば
色々と面白い問題が見つかる
はずですよ。

これらの記事から探して
みてください。

シンデレラのガラスの靴:小ささの意味は?原作は中国起源?

白雪姫は怖い?こんなに違う原作(グリム童話)とディズニー映画

眠れる森の美女 原作のあらすじ:グリム版にない後日談とは?

      

童話 人魚姫(アンデルセン)のあらすじ💛本当は怖い恋物語

赤い靴(アンデルセン童話)原作のあらすじ:怖いのはどこ?


まとめ

さあ、これでもう大丈夫。

生意気な子供のツッコミにも
対応できますし、感想文や
レポートもOKですね。


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね~;^^💦

👉当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/




(Visited 2,519 times, 1 visits today)