サクラさん
「あまりに悲しく暖かい
愛の奇跡の物語」という
フレコミなので甘~い
恋愛ものかと思って
いたんですが、読んで
みると恋愛はほぼない
ですし、むしろドライ
で男性的というか…

ハンサム 教授
『博士の愛した数式』
ですね。

でも “男性的”かなあ;^^


Sponsored Links

サクラさん
っていうと語弊がある
かもしれませんが(😹)、
往年のプロ野球選手たち
のカード探しに熱中する
とか、江夏投手の背番号
に特別な意味を発見する
とか、またそれを含めて
数学の美しさにハマって
いたり……



むしろ男性が追いかけ
そうな世界では
ないですか。

ハンサム 教授
そういえばそうかな。

作者の小川洋子さんは
「可愛くて素敵な人」
(文庫本「解説」による)
とされる女性作家で、
本の装丁や宣伝文句も
女性好みというか、
女性をターゲットにした
雰囲気ですね。

映画ではそれがさらに
女性寄りに変形された
ようにも見えますが、
原作の内容は歓迎しない
女性も多いかな?

特に数学嫌いだったり
すると…;^^💦

サクラさん
だから読書感想文も
ホントは男子向きなのに
男子が書かないから、
私が狙ってやろうかと。

つまり”男の視点”で隙を
突いてみようという
戦略なんですが。

ハンサム 教授
それはいい。

“男の視点”とはいっても
君は女性だから”女の
視点”も入る…
両方が補い合って”両性
的”なユニークな感想文に
なりそうですね!

ともかくこの本は”文部
科学省特別選定作品”
にも指定されていますし
ズバリ狙い目です



というわけで、おなじみ”感想文の書き方”
シリーズ第265回となる今回は第55回
読売文学賞・第1回本屋大賞受賞の
小川洋子さんの名作『博士の愛した数式』
(2003)に挑戦です!
   👇


その映画化作品(2006年。寺尾聡・
深津絵里主演、小泉堯史監督)の
DVDはこちら。
   👇

⦅広告⦆DVD:クリックすると楽天市場へ