サソリとカエルの話🐸その意味は?自らの自然(ネイチャー)を知れ?

 


やあやあサイ象です。

はじめに小咄(こばなし)を一つ。


Sponsored Links



👉 ぼくを背中に乗せてって

「やあカエルくん、この川を渡るのかい?」

「ああ、サソリくんか。
そうだよ、向こう岸に用があるんでね。
それが何か?」

「ちょうどよかった。
ぼくも向こうに用があるんだ。
ひとつ背中に乗せてってくれないかな?」

サソリ seiza08_sasori

「ええー?! やだよ。
途中でその毒針を刺して、
ぼくを食べるつもりだろう」

「まさかー! ぼくは泳げないんだぜ。
きみが沈めば、ぼくも
沈んで死ぬしかない。
刺すなんて、できるわけないじゃん」

「ああ、そうか。
そういえば、そうだよね」

カエル

こうして気のいいカエルは
サソリを背に乗せて
スイスイと泳ぎ始めます。

川の中程まで来たところで、
カエルの背中に突然、激痛が走ります。

「痛!!」

たちまち体はしびれて手足は動かず、
カエルはぶくぶくと沈み始めます。

「な、な(ぶくぶく)なぜなんだい。
き(ぶくぶく)、きみも死ぬのに
(ぶくぶく)……」

「す(ぶくぶく)すまない(ぶくぶく)
カエルくん。こ(ぶくぶく)これが
ぼくの自然(nature〔ネイチャー〕)
なんだ
(ぶくぶく)……」



👉 命を取られる……

やや落語的に訳してみましたが、
ベトナム戦争時代にベトナム人の
子どもの間で発生したと
いわれているお話です。

石ノ森章太郎のマンガ
『銀河鉄道999』



やイギリス映画『クライング・ゲーム』
(The Crying Game, 1992)



などでも使われて、かなり広く
知られるようになりました。

特にこの『クライング・ゲーム』、
ニール・ジョーダン監督、スティーヴン・
レイ、フォレスト・ウィテカー共演で、
どんでん返しあり、かつ考えさせられる
サスペンス映画の傑作です。

ぜひご覧ください。予告編だけでも…




👉 いくつかの解釈

さて、このお話、どう思いました?

サソリの目的は結局、
なんだったんしょうか?

可能性のある解釈を整理してみましょう。

A.向こう岸に着いてからカエルを
刺して食うつもりだったが、途中で
「自然(ネイチャー)」
が出て、こらえきれず
刺してしまった。

B.食うつもりなどなく、向こう岸に
着いたらカエルに感謝して別れる
つもりだったが、途中で「自然」
出て、こらえきれず刺してしまった。

C.向こう岸に着くまでに「自然」
出て刺してしまうことは避けられない
とわかっていた。

だから、一種の道連れ自殺だった。

さあ、あなたなら、ABCのどれを
採りますか。

どの場合もいろいろと面白いことが
考えられるんじゃないかと思いますが、
私が好きなのは、ですね。

この場合、サソリが死に臨んで思うのは、
カエルの信頼を裏切る結果となった
ことへの申し訳なさ、情けなさばかり……
という理解です。

サソリ・カエルtumblr_nobww4qFEe1qbj0sho1_1280

「カエルくん、ごめんなさい。
でも、どうしてもこうなって
しまうんだよ。

体の中からわき出てくる、自分でも
得体の知れない力に動かされて、
お尻の針が君を刺してしまった。

そうならないつもりだったんだけど………」



👉 これがぼくの自然(本性)

サソリを動かしてしまったこの
得体の知れない力について、彼は
「これがぼくの自然なんだ」
(It’s my nature)

と言っているわけですね。

このIt’s my natureという英語は
『クライング・ゲーム』を吹き替えなし
で見ればしっかりと聞き取ることが
できます。

「自然」という訳語がしっくり来なければ
「本性」と訳してもよさそうですし、
このお話の場合も「性(さが)」と訳して
いる例が多く見受けられます。

サソリ・カエルdrowning_scorpion_and_frog_tat_by_cazantyl

どれでも意味が通じればいいわけですが、
私としては、そのまま「自然」と
訳すのが好みですね。

理由の一つは、夏目漱石の小説によく
出てくる「自然」という言葉の意味・
ニュアンスに通じる部分が大きい
ように思えることです。



👉 自然に復讐(かたき)を取られて…

たとえば『それから』という小説で、
主人公の代助は、三年前に「義侠心」から
親友と結婚させてしまった女性を
取り返します。

非常にアブナイ、社会的には
「罪を犯した」も同じ行為なんですが、
その自分につて「自然に復讐(かたき)を
取られた」というような言い方を
繰り返しています。

詳しくはこちらをご参照ください。
漱石 それからのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説

橋口五葉 tumblr_lpq0jpKN081qaz1ado1_1280


代助が三年前に「義侠心」で恋人を
譲ってしまったのは、サソリがカエルの
背に乗ってしまったのと同じで、
結局は「自然に復讐(かたき)を取られる」
ことになります。

すくなくとも、この小説をとおして
漱石先生はそう説いていらっしゃる
ように読めますね。


もちろん、そこは個人の意見に
すぎませんから、いろんな考え方が
あってかまいません。


たとえば宮沢賢治なら、そのような
意味での「自然」を完全否定した
ところにこそ理想を見ているのかも
しれませんよね。

『銀河鉄道の夜』にも「さそりの話」が
出て来ますが、このサソリなんか、
小動物を捕食するという彼の「自然」を
否定し、そのような罪深い自分を
焼き尽くしてしまいたいという
悲しい理想に燃えているわけですから。

詳しくはこちらを。
宮沢賢治 銀河鉄道の夜のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で
宮沢賢治 銀河鉄道の夜で感想文☆「ほんとうの幸せ」って何?

戯画鉄道027266



👉 おわりに

こうして「自然」のとらえ方で見ると、
漱石と賢治は対照的な思想家であった
ようにも見えますね。

ま、世の中いろいろね……ということ
なんでしょうが、ともあれ「サソリ
とカエルの話」は私たちにこう教えて
くれているんじゃないでしょうか。


従うにせよ、逆らうにせよ、ともかく
自分の「自然」を知れ。

そして、思案のしどころ……人生に
一度か二度の大事なところで
間違えるなよ、と。

当ブログでは漱石や賢治ばかり
でなく、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

「感想文の書き方」一覧

ではまた~~(^O^)/

Sponsored Links

One Response to “サソリとカエルの話🐸その意味は?自らの自然(ネイチャー)を知れ?”

  1. […] いてはまたおいおい話したいと思っているのですが、 とりあえず、別の記事 「サソリとカエル:悲痛な寓話」 「イタチ小僧に弟子入りした男」 などを参照していただけるとありがたい […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ