夢十夜(漱石)を解説🌛 第二夜でついに現前しない「無」とは?


やあやあサイ象です。

おなじみ「あらすじ」暴露サービスも
ついに大台を超えて今回でなんと
102弾((((((ノ゚⊿゚)ノ

「感想文の書き方」シリーズ全体では
154回となります。

スポンサーリンク



今回は夏目漱石の『夢十夜』(1908)。

「こんな夢を見た」とはじまる10個の
夢語りを並べた異色作で、明治41年、
『朝日新聞』に10回にわたって連載
されたものです。


050720



難解な「第二夜」をどう解釈?

このうち「第一夜」「第三夜」「第六夜」に
ついてはすでに「あらすじ+解説」を
アップしてきましたが、今回は取って置きの
「第二夜」に挑戦!

なぜこれを取っておいたかと言いますと、
するりと読めてしまう人気作ではありながら、
いざ筋をまとめて解説しようかという段に
なると、これがいささか難解で、かなり
解釈しづらいシロモノだからなんですね。
      
     kageotokoimages

でもなんとかやってみましょう。

新聞連載の1回分なので、全文を読む
のもそう苦にならないはずですが、
やはり文章が古いですし、感想文などを
考える上でのポイントを押さえる意味で、
私なりのメリハリをつけた「あらすじ」を
「序・破・急」の3部構成で書いてみます。




解説入りのあらすじ

では参りましょう。

「  」内と「”」印の囲みは原文
(仮名遣いは変更)の引用で、
ところどころに【CHECK】印で
私なりの解説を入れています。


【序】

「和尚の室を退(さ)がって」
自室へ戻ると、行燈がぼんやりと
ともり、たき残した線香がまだ
におっている。

広い寺で、襖には蕪村の漁夫の絵。

座蒲団をめくって確認すると
「思った所に、ちゃんとあった」ので
「安心」して座蒲団を戻し、すわる。

何が「ちゃんとあった」
のかも、「和尚の室」で何を
してきたのかも、この時点では
まったくわかりません。

この先、【破】の部分で時間を
遡って「和尚の室」であった
ことにフラッシュバックし、
そこで「悟る」云々が問題に
されているところから、
「参禅」していたことが
わかってきます。



【破】

侍なら悟れぬはずはない、悟れない
ところを見ると「侍ではあるまい」、
「人間の屑じゃ」と和尚は言い、
「ははあ怒ったな」と笑う。

  laughing-buddha-1041993_640

「口惜しければ悟った証拠を持って来い」
と向こうをむいた。

けしからん、置時計が次の刻を打つ
までにはきっと悟った上で、
「今夜又入室」し、「和尚の首と
引き替にしてやる」と考える。

このあたりまででわかってくる
のは、「広い寺」は臨済宗の
寺院で、和尚の室への「入室
(にっしつ)」はそれ以前に
与えられている「公案」への
「見解(けんげ)」を提示して
「悟り」を認めてもらうという
(同宗で儀式化している)
行為だということ。

したがって、この場合の
「悟る」とは、和尚が認可する
ような「見解」を提示して
みせること…になります。

     e36842a5f698ff620549bcf159170629_s

禅宗のうち武家社会に浸透した
のが臨済宗で、その経典には
「仏に遭うては仏を殺し、師に
遭うては師を殺し」(碧巌録)
といった物騒な表現も
珍しくありません。

なので「和尚の首と引き替
に…」というのは、文字通りの
殺害が考えられているとも、
比喩的に言っているとも、
どちらの解釈も可能です。


もし悟れなければ「自刃する」。

「侍が辱しめられて、生きて
いる訳には行かない」からだ…
と考え、座蒲団の下から
「朱鞘の短刀」を引き出す。

鞘を払うと「冷たい刃」が
暗い部屋で光る。

凄いものが手元から、
すうすうと逃げて行く
様に思われる。

さうして、悉く切先へ
集まって、殺気を一点に
籠めている。
〔中略〕
忽ちぐさりと遣りたくなった。

      photo0000-3398

短刀を鞘へ収めて脇へ置いて
坐禅を組む。

「趙州いわく無と。無とは何だ。
糞坊主めと歯噛(はがみ)をした」。

ここで、和尚からもらった
公案が「趙州狗子」の話
(無門関)にもとづくもので
犬の仏性の有無に関して
趙州が言った「無」について
その「無」を出して見せろ
というような問いであった
らしいことが見えてきます。

無だ、無だと舌の根で
念じた。

無だというのにやっぱり
線香の香(におい)がした。

何だ線香の癖に。
〔中略〕
けれども〔膝が〕痛い。

苦しい。

無は中々出て来ない。

出て来ると思ふとすぐ痛くなる。

腹が立つ。

無念になる

非常に口惜しくなる。

涙がぽろぽろ出る。

          monk-1102869_960_720

無念になる」というのは、
もちろんアイロニカルな一種の
洒落で、慣用句で「残念無念」
という場合の「無念」であって、
禅で求められる本質的な意味での
「無-念」ではありません。

それが獲得されれば目的を
達した(悟った)ことにも
なるわけでしょうから。



【急】

それでも我慢してじっと坐っている。

「堪えがたいほど切ないもの」が
「毛穴から外へ吹き出よう」とするが、
「どこも一面にふさがって、丸で
出口がない様な残刻極まる状態」。

「そのうちに頭が変にな」り、
行燈も絵も畳も「有って無い様な、
無くって有る様に見えた。

「と云って無はちっとも現前しない」。

忽然、時計がチーンと鳴り、
はっと思って短刀に手を掛けると、
時計が二つ目をチーンと打つ。

スポンサーリンク




👉 映画化作品も面白いが…

さあ、どうでした?

うーん、難解といえば難解……
これで感想文を書けと言われても
困ってしまうかもしれませんね。


さて、どうしましょう。

こんな時、映画化作品を見てヒントを
もらうというのもアリですね。

幸い近年の作品で、10人の監督が結集して
作った異色のオムニバス映画『ユメ十夜』
(2006)がありますので、これを見て
考えるのもよいでしょう。
  



「第二夜」は巨匠・市川崑監督の
手になるもので、さすがの出来。

それなりの解釈を示したものとして
鑑賞できるわけですが、原作の
感想文なりレポートなりを書こうか
という場合に役立つかどうかは…
???ですね。


もし出てきたら「無」ではない

ではこの難物、一体何をとっかかりに
感想なり批評なりを進めて行けば
いいのでしょうか。

一つの方法として「無」の概念をめぐる
アイロニー(皮肉)またはユーモアに
目をつける、ということがある
と思います。


上記あらすじの【破】【CHECK】でも
無念になる」という慣用表現に
込められたアイロニーにふれましたが、
まさにそれです。

「無」を出そう、「現前」させようと
主人公はさかんに焦るけれども、もし
それが出てきたとしたら、どうでしょう。

その場合、「無が有る」といえるので
あれば、それはやはり一種の「有」
なのであって、「無」と呼ぶことは
できないのではないか…      

      5bbae909601748ec235f6cbab51e8b0b_s
 
この逆説が笑いを誘います。

「無だというのにやっぱり線香の
香がした」というのも笑える文で、
「香」という属性がある以上「無」と
いえない、とさらに苛立つ「自分」が
ユーモラスに見据えられています。


何かが存在するかぎり「無」ではなく、
「香」のような「色相」(属性)は
何かに付属するものに違いないから、
やはりその何かは存在するわけで、
「無」ではない。


でも、どうなんでしょう。

こういう考え方を進めていって「無」に
ぶち当たることって、はたして
あるんでしょうか。

    137678

さあ、どう思います?

これについて自分の意見を書いていっても
よいと思いますが、難しすぎて手に余る
という場合は、作者の夏目漱石自身に
聴いて見るというのも一法です。

小説『門』で描かれる主人公の参禅が
自分の経験を下敷きにしたものであることは
もちろんですが、そのほかにもいろんな
ところで漱石はこの経験について
語っていますから。



実はなにものかである無

漱石の参禅は2度以上あったと思われますが、
その根拠は、彼がもらったとしている
公案が2つあること。


  1. 父母未生以前本来の面目(は何か?)

  2. 趙州無字(無を出して見よ)

このうち1.に対して漱石が与えた
見解については、すでにいくつかの
記事で述べてきました。

ひょっとしたらその見解の
表現だったのではないか…とも
思わされるのが『夢十夜』の
なかでは「第六夜」。

この「第六夜」をはじめとする
『夢十夜』各篇および”禅”に
関りのある作品への考察は
こちらでお読みいただけます。

夏目漱石 夢十夜「第六夜」のあらすじと解説:運慶が生きている?

夏目漱石 夢十夜の第一夜をこう解釈☄ 美しい短篇で感想文を!

漱石 夢十夜のあらすじと解釈:第三夜で感想文ならどう書く?
 
      audrey original

門(夏目漱石)の簡単なあらすじと”禅”をめぐる批評・感想

三島由紀夫 金閣寺をどう解釈?”悪友”柏木の「猫=虫歯=美」説で感想文


さて、そこで今回は2.の方に挑戦しなくては
ならないわけですが、これが難物である
ことは先刻ご承知のとおりです。


でも、そこはさすが漱石先生。

偉いなあと思うのは、この難題をめぐる
思考をきちんと書きとめてくれて
いるんです。

しかもそれが、英国留学に向かう船の上で
布教しようとする英国人宣教師を英語で
論破した、その内容をやはり英語で
書きとめた文章の中にあるんですね。

「論破した」というのは同じ船で
英国に向かっていた芳賀矢一の
証言であって、漱石自身の
言葉ではありません。

その英文は『漱石全集』第19巻(p.31~
「断片四A」)に全文掲載されて是非
ご一読をお願いしたいのですが、無理だ
とおっしゃる方のために、ほんのさわり
といいますか、「無」に直接かかわる
部分だけ、拙訳でお目に掛けます。

彼らはわれわれを「偶像崇拝者」
(idolaters)と決め込んで
いるけれども、「神」はその
「化身」(incarnation)たる
キリストを通してのみ意味を
もつという彼らの観念こそ
「偶像崇拝」(idol-worship)
にほかならない。
〔中略〕
私の宗教をして、その
超越的偉大さのうちに
他のあらゆる宗教を包含
するものたらしめよ。

私の神(my God)をして、
実はなにものかである無
(nothing which is
really something)――
名称は相対性(relativity)を
巻き込むため、それによっては
呼ばれえないがゆえに私が
無と呼ぶところのもの
――たらしめよ。

それはキリストでも精霊でも、
ほかのなにものでもなく、
なおかつキリストであり、
精霊であり、ほかの
あらゆるものである。

              jesus-761298_640

禅の老師らが「出せ、現前させてみよ」
と迫るところの「無」も、これと
決して別物ではないはずです。

言語によって規定されえない(規定
されてもそれは仮の取り決めにすぎない)
がゆえに「実はなにものかである無」。

それ以外に信仰の対象はありえない…
というのがこの時点での漱石の認識であり、
信仰告白でもあったわけですが、それは
臨済禅の根本的な考え方と矛盾しません。

(おっと、これは私見…
識者の叱正を乞います;^^💦)


言い方を換えれば、禅仏教で強調される
「無」は、一切は本質的に「無規定」だ
という事実に言及しようとするものであって、
「何も存在しない」とか「すべては消滅する」
とかいう話をしたいわけではない。

すくなくとも漱石の理解する禅はそういう
もので、西洋の大波に抗して彼が打ち出す
ことになる「自己本位」の思想の根底に
この哲学があるのです。



どう書く、感想文

どうでしょう。

上に紹介した文を使うなどして、
作者漱石はこう考えていたのではないか、
というふうに論を立ててみませんか。

先生も舌を巻く立派な感想文・レポートが
できる可能性大ですよ。
           野球猫matsui-anime

あるいはこれがユーモラスな作品である
ことに目をつける。

「無」を現前させるなんて不可能だし、
そんなことにシャカリキになっている
修行者たちこそ笑うべきだ…という
宗教風刺の作品として読むとか。


ともかく漱石は数学もよくできた人で、
大学進学に際しては理科系に進んで
建築をやろうかと考えたほど。

その哲学は深く、透徹したもので、
感覚的なまやかしのような思考を
許容しませんでした。

そのあたりの漱石の面目は
これらの記事でも紹介しています
ので、ご参照いただけると幸いです。

夏目漱石「月が綺麗ですね」の出典は?I love youはこう訳せ?

シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?

  

漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.

俳句と川柳の違いは?子規・漱石にその極意を尋ねれば…

そのほか漱石の作品を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。

夏目漱石の本:Amazonラインナップ
  ƒvƒŠƒ“ƒg


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからん( ̄ヘ ̄)?

そういう場合は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを覗いてみてほしいんですね。

当ブログでは、漱石作品をはじめ
日本と世界の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

こちらのリストからどうぞ。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 118 times, 2 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ