シェイクスピア マクベスのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第92回、
「あらすじ」暴露サービスとしては
第59弾となります。

今回はシェイクスピア四大悲劇の
中でも掉尾を飾る最高傑作
『マクベス』(1606年ごろ成立)に挑戦です。
  ⇩


さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文あるいは論文を書くんだから、
ある程度詳しくないと……という場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links


「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у



👉 ごく簡単なあらすじ(要約)

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単」ヴァージョンのあらすじ。

スコットランドの将軍マクベスは、
戦功により、ダンカン国王から
コーダー領主の地位を授けられる。

が、荒野で出会った3人の魔女の
「万歳、マクベス、いずれは王になる
お方」という予言と、マクベス夫人の
叱咤激励に導かれ、ダンカン王暗殺を
計画・実行する。

2人の王子は身の危険を感じて国外へ
逃亡し、マクベスは王座に就く。

しかし、「王にはならないが、王を
生み出す」と魔女に予言されていた
バンクォーに不安を抱き、これも暗殺。

その後、殺したバンクォーの  騎士 spectacular-knight-216680_640

幻影を見るなど、心を乱すマクベスが
3人の魔女に再び予言を乞うと、
「マクダフに用心しろ」
「女から生まれたものは
マクベスを倒せない」
「バーナムの大森林がダンシネインの
丘に攻め上って来なければ」
などと予言される。

貴族マクダフがイングランドへ亡命
すると、マクベスはその城を奇襲し、
妻子をも殺させる。

イングランドでマクダフは、
マルカム王子とマクベス討伐を画策。

マクベスの味方は次々に寝返り、
マクベス夫人は夢遊病で狂死。


イングランド軍は、マクベスのいる
ダンシネイン城へ、バーナムの森が
実際に向かってくるように
見せかけつつ襲来する。

ついにマクベスと対決したマクダフは、
おれは「母の腹を破って出てきた」
とうそぶいてマクベスの首を取る。

マルカム王子が新王に即位する。


え? なんだかよくわからん?

ま、それはそうかもしれません。

なにしろこれは小説ではなく戯曲
(劇の脚本)で、第1幕から5幕まである
かなり込み入ったドラマ展開を
ムリヤリ凝縮したものですからね。


なので、実際の芝居を見るか、映画で
鑑賞するのが手っ取り早いことはたしか。

名匠ロマン・ポランスキー監督の
この作品なら鑑賞に堪えるでしょう。
  ⇩


でももちろん、映画のストーリーは
完全に原作通というわけではありませんし、
また英語のよく聴き取れる人なら結構
ですが、字幕に頼っていては原文の
面白みは3分1も伝わりません。

有名なセリフ、名言を押さえたいとか、
読書感想文、あるいは論文をという場合は、
やっぱり文章が与えられていないと
困りますよね。

シェイクスピア  William_Shakespeare

というわけで、下記の「やや詳しい
あらすじ」では、できるだけ原文の
引用を挟みながら進めていきますね。

「”」印のあるグレーの囲みと「  」の中は
すべて原作(上記「ちくま文庫」の
松岡和子訳)からそのまま引き抜いた文章で、
名言とされる言葉を多く含んでいます。

では、参りましょう。



👉 やや詳しいあらすじ


【第一幕】
3人の魔女が現れ
「闘い、負けて勝ったとき」
きれいは汚い、汚いはきれい
といった矛盾した言葉で会話し、
マクベスに会うことを予告。


ノルウェイ軍とコーダー領主の連合軍を
グラミスの領主マクベス将軍が
打ち破ったとの報告を受けた
スコットランド王ダンカン。

コーダー領主は即刻死刑とし、
その地位はマクベスに与えると宣言。

マクベスとバンクォーは陣営に戻る
途中、荒野で3人の魔女に出会う。

    魔女carnival-326495_640


「万歳、マクベス、いずれは王になる
お方」と予言して魔女はマクベスを
ぎくりとさせ、バンクォーには
「マクベスよりも小さくて大きい」
「王にはならないが、王を生み出す」
などと謎めいた言葉を投げて消える。


そこへダンカン王の使者が現れ、
マクベスが武勲により新たに
コーダーの領主に任ぜられたと伝える。

魔女の予言が正しかったことに
二人は驚き、マクベスはさらに、
予言通りなら「いずれは王になる」
ということに心を揺さぶられる。

現実に恐ろしいものを見る
よりも想像するほうがずっと
恐ろしい。

心に浮かぶ殺人は、まだ空想に
すぎないのに俺の五体を
ゆさぶり、思っただけ
で体が利かなくなる。

何ひとつ無い。
在るのは無いものだけだ。


帰還した二将軍をフォレスの城に迎えた
ダンカン王は、両将の功績を讃えつつ、
息子のマルカム王子を王位継承者に
定める。

5fb2e55021a202fedcb32501f49538d9_s

マクベスの手紙で事の次第を知った
インヴァネス城のマクベス夫人は、
「人間らしい優しさ」がまさって、
「邪悪な心に欠ける」夫の気性を
むしろ憂える。

早く帰っていらっしゃい。
あなたの耳に私の性根を
注いであげる


黄金の王冠からあなたを
遠ざけている邪魔者を、私の
勇敢な舌でこらしめてやる。


マクベスが帰着し、ダンカン王も
翌日ここへ来て一泊だけする
と聞いたマクベス夫人は「今夜の
大仕事を片付けるのは私に任せて」
と夫との計画を主導する。


ダンカン王の一行が到着し、   
マクベスは王の人徳を思い
「例のことはもうやめにしよう」
と夫人にいうが、夫人は「自分を
臆病者と決めて生きるつもり?」
などとたたみかける。

vampiros_goticos_04-1

自分の乳を吸う赤ん坊がどんなに
可愛くても、私は

柔らかい歯茎から
乳首をもぎ取り、子供の脳味噌を
叩き出してみせます


さっきのあなたのように 
一旦やると誓ったなら。


マクベスは腹を決める。

Sponsored Links



【第二幕】
マクベス夫人は王の部屋付きの
従者の酒に薬を盛り眠らせる。

マクベスは血まみれの短剣が浮遊する
「不吉な幻」を見るが、心を奮い
立たせ、深夜、王の寝室へ向かう。

血まみれの手に短剣を持って出てきて

叫び声が聞こえたようだ、
「もう眠るな!
マクベスは眠りを殺した

と心を乱すマクベスを、夫人は
「意気地無し!」となじって、
血ぬれた短剣を奪い、殺人現場に
戻してくる。

macbeth  b0209199_5652a49d7cc68

翌朝、王の死体が発見され、一堂に
会した王子や貴族の前でマクベスは、
下手人である「お付きの者」二人は
自分が斬り殺したと告げる。

王子たちは自分らの命も危ないと
判断し、長男のマルカムは
イングランドへ、次男ドナルベインは
アイルランドへ逃亡。



【第三幕】
フォレス城。

国王の座についたマクベスだが、
「王にはならないが、王を生み出す」
と魔女に予言されたバンクォーの存在に
不安を募らせ、3人の暗殺者を
バンクォーと息子フリーアンスに
差し向ける。

バンクォーは殺されるが、
フリーアンスは逃げ延びる。

古城scotland-843988_640

その報告を貴族たちとの宴会の席で
ひそかに受けたマクベス。

バンクォーの亡霊が現れてマクベスの
席に着くのを見て「退れ! 消えろ!」
などと取り乱し、夫人がとりなす。



【第四幕】
心の安定を得られないマクベスは
3人の魔女のもとへ予言を乞いに行く。

魔女に呼び出された幻影は、
「マクダフに用心しろ」
女から生まれたものは
誰一人マクベスを倒せはしない

「マクベスは決して敗れない、
バーナムの大森林がダンシネインの
丘に向かって攻め上って来ないかぎり」
などと予言する。

「嬉しい予言だ!」と安堵した
マクベスが、バンクォーの子孫が王に
なるのかと尋ねると、8人の王の幻影と
バンクォーの亡霊が現れる。

ゾンビ zombies-skeletons-s

あれは本当だったのか、
髪が血でごわごわになった
バンクォーが、笑いながら、
これみよがしに自分の子孫だと
行列を指さしている。


有力な貴族マクダフのイングランド
亡命の知らせが届くと、マクベスは
その城を奇襲し、マクダフの妻と
幼い子を殺させる(叫び)。

暴虐なるマクベス王から   cfe2183d790aceb3206e22b5a67e9afd_s
民心は離れ、イングランドに来た
マクダフは、マルカム王子に
マクベス討伐を提案。

マルカムはいったんは断って、
マクダフを立腹させるが、それは
マクダフの忠誠心を試すための嘘で、
すでにイングランド王麾下の
シーワード将軍の助けを得て
マクベス討伐を準備中であると告げる。

自分の城への奇襲を知ったマクダフは、
家族を守れなかった自責の念と、
マクベスへの怒りに駆られる。



【第五幕】
夢遊病に冒されたマクベス夫人。

侍医と侍女が隠れて見守る中、
夜中に起き出して、手を洗う
仕草を繰り返す。

まだここに血のにおいが。

この小さな手、アラビア中の
香料をふりかけても
いい匂いにはならない。

ああ! ああ! ああ! 


手の木The-tree-hand-s

マクベスのいるダンシネイン城へ
イングランド軍の襲来。

味方も次々と寝返って、マクベスの
不利は明瞭となるが、
「女から生まれたものは誰一人……」
「バーナムの大森林がダンシネインの
丘に向かって攻め上って来ないかぎり」
という魔女の予言をよりどころに、
城にたてこもる。

俺はもう十分長く生きてきた。

俺の人生は黄ばんだ枯れ葉と
なって散るのを待っている。


「どんな恐ろしいことも人殺しの
俺の胸には昔馴染みだ」とうそぶく
マクベスに夫人死去の知らせ。

「何も今、死ななくても    029150
いいものを」とマクベス。

明日も、明日も、また明日も、
とぼとぼと小刻みに
その日その日の歩みを進め、
歴史の記述の最後の一言に
たどり着く。

すべての昨日は、愚かな
人間が土に還る死の道を
照らしてきた。

消えろ、消えろ、束の間の
灯火(ともしび)!

人生はたかが歩く影、
哀れな役者だ

出場のあいだは舞台で
大見得を切っても
袖へ入ればそれきりだ。

白痴のしゃべる物語、
たけり狂うわめき声ばかり、
筋の通った意味などない。


「バーナムの森が動いて向かってくる」
という報告を受けたマクベスは、
「破滅よ、来い!」と出陣。

実はイングランド兵たちが
木の枝をかざして進軍し、
森が動くように見せていたのだが。

剣 images

城が落とされる一方で、小シーワードら
敵を次々と斬り殺していった
マクベスは、ついにマクダフと対決。

「女から生まれたやつには屈服しない」
と豪語するマクベスに、マクダフは
「月足らずのまま、母の腹を破って
(帝王切開で)出てきた」とうそぶく。

「女から生まれたやつ」
(one of woman born)は
もちろん通常は「あらゆる人間」
を意味するわけですが、この
“born”には「自然の」という
意味もあって、帝王切開による
出生は「不自然」であるがゆえに
マクダフはこの予言から外れる
ともいえるんですね。

ここは訳者の工夫しどころで、
「女の股から生まれた……」
とする訳もありますが、
原文に「股」に当たる英語は
ありませんので、注意。


殺害Assassins-Creed-III-s

マクベスは敗死し、マクダフは
その首級をマルカム王子に献上。

一同は勝利を祝福し新王の
即位を讃える。



うーん、だいたいわかったけど、
やっぱり原文の英語ではどう
なってるのか、気になるなあ…
ですか?

そういう方は、是非こちらを
ご参照ください。

マクベスの名言 英語ではなんと?シェイクスピア最高傑作は何を教える



👉 感想文の書き方《虎の巻》

さあ、いかがでした?

これでもう大丈夫ですよね、
感想文だろうが、なんだろうが…。


とりあえず、上記「あらすじ」のうち、
面白いと思った、あるいは
なんとなく心に引っかかってきた
ことについて、考えてみればいいんですよ。


たとえば、そうですね……

結果として見ればマクベスは大悪党に
ちがいないわけですが、もともとは、
夫人に見抜かれていたとおり、
「人間らしい優しさ」をもつ小心な男です。

それが、見る見るうちに    knight-273704_640

欠けていたはずの「邪悪な心」を強めて
悪逆非道の男になっていくのは、
魔女と、そしてマクベス夫人の言葉の力
――その暗示力――にどんどん
引きずられいった結果とも見えますね。


このような「言葉の暗示力」は
前作『オセロ』でも、悪役イアーゴが
善人オセロに及ぼす恐るべき力として
追求されたところです。

この点について詳細は
こちらの記事を参照してください。

シェイクスピア オセロのあらすじ:漱石講義のコメントつきで
シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?

          actor plays the role of Othello, vector and illustration


で、ついでに漱石先生のシェイクスピアへの
こだわりについてもふれておきますと、
この『オセロ』といい、『マクベス』
といい、「言葉の暗示力」のテーマと
連動して「恐れる男と恐れない女」という
漱石文学の一大主題が表現されている
と指摘することもできるんですね。

これについてはこちらの記事をどうぞ。
漱石の名言でたどる恋愛💔『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.


またシェイクスピアの
ほかの作品については、こんな記事も
書いていますので、参考にしてください。

シェイクスピア ハムレットのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
ハムレット (シェイクスピア )の名言:英語原文では何と?
シェイクスピア ロミオとジュリエットのあらすじと名言笙。感想文はこれで
ロミオとジュリエットの名言・名セリフ:英語原文では何と?

             JERSEY - CIRCA 2014: A stamp printed in Jersey shows William Shakespeare (1564-1616), 450th birth anniversary, circa 2014
シェイクスピアの本を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利。
こちらから探してみてください。


∬シェイクスピアの本:ラインナップ∬


え? 書けそうなテーマは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

当ブログでは日本と世界の多くの
作品について「あらすじ」や「感想文」
関連のお助け記事を量産しています。

お役に立ちそうなものをこちらの
リストから探してみてくださいね~(^^)у

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょ~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ