二葉亭四迷「死んでもいい」の出典は?『片恋』の”Yours…”


サクラさん
夏目漱石は”I love you”を
“月が綺麗ですね”と訳した
そうですが、よほど英語が
できなかったんすね(😸)

ハンサム 教授
とんでもない;^^💦

漱石は東大で英語を教えた
人ですよ。

    

それは日本人ならそんな
ドギツいことは言わないで
月がどうの…といった言葉で
表現するだろうという話。

サクラさん
ほほ~(🙀)、すると
二葉亭四迷の本に出て
くる”死んでもいい”
っていうのも?

ハンサム 教授
それは、ツルゲーネフの
小説なんだけど、原文では
「死ぬ」とかなんとか言って
いないところをそう訳した
ところが名訳なんだね;^^💦

サクラさん
おお~(😻)、それは
胸にキュンと来る話。

詳しく教えてください。


スポンサーリンク



👉 二葉亭四迷の名訳

はい、それではお付き合いください。

「死んでもいいわ」という表現を”I love
you”とかそれに近い意味で使うとしたら、
その発生源は漱石ではなく、同世代ながら
活躍時期は漱石より早い、もう一人の文豪、
二葉亭四迷なんですね。

それも彼自身の作品というわけではなくて、
ツルゲーネフの中編小説『アーシャ』の
(1857)翻訳として出版した『片恋』(1896/
明治29)という本に出てくるセリフです。
👇


ついでにいうと、二葉亭四迷を「落語家」
と思い込んでいる人がいて、それを疑わない
記事もネット上には飛び交っていますが、
これも間違いですよ~;^^💦

二葉亭四迷という雅号はたしかにふざけた
もので、生まれた時にオヤジから「くたばって
しめえ」と言われたからだと本人は称して
いたそうですが、これはまあ江戸時代からの
”戯作者”的伝統に棹さした命名法なんでしょう。

     39f6fcc3e14f42a60de7ed6083100f76_s
     これは尾崎紅葉『金色夜叉』の貫一・お宮ですが…  


でも実は、日本最初の「言文一致」
(文語でなく口語で記述された)小説
『浮雲』(1887=明治20)を書き上げた、
大作家にして名翻訳家なんです。


さて、それはともかく「死んでもいいわ」の
素性を洗うべく、『片恋』こと『アーシャ』の
世界にさっそく探りを入れてみましょう。



👉 「あなたのものよ……」

結論から言ってしまいますと、記事タイトル
にもすでにも示していますとおり、二葉亭が
「死んでもいいわ」と訳したセリフは英訳では
“I love you”ではなく”Yours“、原書でも、
この”Yours”に相当するロシア語、”Ваша”
なんですね。

全22章中の第16章、語り手を兼ねる主人公の
青年N(私)と不思議な魅力をもつ美しい娘、
アーシャとが二人で話す、一篇の
クライマックスともいえる場面。

二葉亭訳と英訳(訳者は当時有名だった
C・ガーネット)を並べてみましょう。

私は何も彼も忘れて了つて、
握つてゐた手を引寄せると、
手は素直に引寄せられる、
それに随(つ)れて身躰(からだ)
も寄添ふ、シヨールは肩を滑落
(すべりお)ちて、首はそつと
私の胸元へ、炎(も)えるばかり
に熱くなつた唇の先へ來る…

死んでも可いわ…」とアーシヤは
云つたが、聞取れるか聞取れぬ
程の小聲であつた。

私はあはやアーシヤを抱(だか)
うとしたが………ふとガギンの
事を憶出すと

 
  (岩波文庫『あひゞき・片恋・奇遇』1955, p.84) 

         whisper-408482_640       

I forgot everything, I drew her
to me, her hand yielded unresistingly,
her whole body followed her hand,
the shawl fell from her shoulders,
and her head lay softly on my breast,
lay under my burning lips…

Yours”… she murmured, 
hardly above a breath.

My arms were slipping round her waist.

But suddenly the thought of Gagin
flashed like lightning before me.

  
(引用元:http://www.ibiblio.org/eldritch/ist/lear.htm#acia)
     
なかなか切ないですね(iДi)

Yours”(あなたのものよ)の一語を
かろうじて吐息に乗せたのですから、
どうにでもあなたの好きにしてちょうだい、
と言ったも同じ。

だから私が「あはやアーシヤを……」とか
しても、必ずしも不埒な振る舞いとは
いえませんよね。

 少女Beauty-s

それはよいのですが、でも、だからといって、
死んでも可(い)いわ…」とまで訳す
のは、はて、どんなものでしょう……(_ _。)


その後の展開でアーシャが死ぬのなら、
この訳語の意図も浮かんでくるわけですが、
そんなこともない(すくなくとも明記
されない)のです。

スポンサーリンク


だから『片恋』から約30年後に新訳を
試みた米川正夫さんは、この二葉亭の訳業に
「心酔」はしながら(新潮文庫『片恋・
ファウスト』解説)、さすがに
「死んでも……」までは踏襲することなく
「あなたのものよ……」と素直に
訳されたわけです。


👉 「死んでもいい」なんてアーシャは言わない

それにしても二葉亭はずいぶん
思い切った訳をしたものですよね。

私が通読した印象で率直に言わせてもらい
ますと、このアーシャという女性、芯が
強く自分を前に出すタイプで、いくら男に
惚れても「死んでもいいわ」とまで言いだ
すのは、いささか違和感があります。

生い立ちの不幸も絡んで性格に多少、
奇矯な点があるとはいえ、そんなことで
死んだりはしないだろうし、コケットリー
(媚態)として口にする雰囲気もない……。

  

これやっぱ、二葉亭先生のちょっとした
暴走、アクセルの踏み過ぎだったん
ではないでしょうかね。


もしツルゲーネフがこの訳を知ったら、
苦い顔をしたんじゃないかな、
なんて余計な心配もしたくなります。



👉 『片恋』のあらすじ

いやそんな心配も、作品を読んでない人に
はわかりにくいでしょうから、ここで
『片恋』のあらすじを簡単に紹介して
おきましょう。

旅行中の「私」(N)は、ドイツのある町で
ガーギンとアーシャというロシア人貴族の
異母兄妹と知り合い、交際を始めます。

   7a9054d6795f8fc1e5a61c96b9b5783c_s

アーシャは美しく魅力的なのですが、
時折わざとらしくきゃっきゃと笑って
「私」に不審の感を与えることもあり、
「なんというカメレオンだろう!」
なんて「私」は思ったりします。

(チェーホフにも「カメレオン」という
短編があります。19世紀半ばのロシアで
すでにポピュラーだったんですね)

    Chameleon-s

で、このアーシャが「私」を恋しながら、
それが返されず、恋は成就せずに終わります。

邦題の「片恋」はそこから来ていて、つまり
男の方がモテて、いい女を振ってしまう形
(そこはモテない男が読むとムカツクかも
しれない)なのですが、実は「私」の側でも
まったく彼女を愛さなかったというわけでは
決してないのです。

というよりむしろ、“Yours”(あなたのものよ)
と言われたあの時に、もしその前の経緯から
来るわだかまりを振り払って、その愛に
素直に応じることができていたら……
と生涯悔やむことになるんですね。

     

だから「片恋」という邦題も実は疑問の
残るところで、すくなくとも原作のテーマは
片思いの苦悩というよりはずっと、
恋の進展におけるちょっとした行き違い、
意思疎通のしくじりが招来する長期的な
不幸……といったところにあるように
読めるんですね。



👉 江戸文学が流れ込んだ訳業

そんなわけで、私は二葉亭の訳業を
手放しで賛美することはできないんですが、
でも、そこは明治20年代という時代的制約を
差し引いて考えてあげなくてはならない、
ということも意識しています。

「二葉亭四迷」という雅号にもにじむ、
江戸期の戯作文学の流れがここにも
顔を出しているんではないか。

すなわち近松門左衛門の世界に代表される、
恋と死が絡み合わせられ、かつ女の側から
男に惚れる
ことを本流として描く江戸文学の
型に、意識的にか無意識にか自らを流し
込んでいるんじゃないでしょうか。

   e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

「月が綺麗ですね」とでも訳しておけ
とうそぶいた漱石の方は、この流れから
断ち切れている感が強いですね。

そのことは、彼の文学的出発点が物語文学
よりは、むしろ「俳句」にあったという
ことに大きく関わるように思われます。

「月が綺麗ですね」をめぐる
諸説のほか、漱石という人の多様な
エピソードや名言、作品や思想の
内容に関してはこれちらの記事を
ご参照ください。

夏目漱石「月が綺麗ですね」の出典は?I love youはこう訳せ?

漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.

吾輩は猫である(夏目漱石)で感想文:魯迅も学んだ「人間批判」

           

漱石『草枕』の意味を解く旅:”吾輩”猫、熊本の小天温泉へ

漱石 三四郎で感想文:美禰子の愛は?”無意識の偽善者”とは?

漱石『こころ』のお嬢さん問題と河合奈保子「けんかをやめて」

シェイクスピアのオセロを講義:漱石の名言「白砂糖の悪人」?


当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

「感想文の書き方」一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 47 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ