熊本に美人が多いのはなぜ?『吾輩』猫が人類学的に解明!

 


吾輩は猫である。
名前はまだない。どこで生まれたか……
いや、挨拶はもう抜きにしてよかろう。

さて、このほど故あって熊本方面を旅した
ことは先日の記事に書いた通りである。

例によって猫の習性で、 猫男kadnip_medium
熊本の街とその周辺をフラフラ
歩き回ったんであるが、驚いたことの
筆頭は、「美猫」にはあまり出会わなんだ
かわりに「美人」にやたらと出くわした
ことである。

Sponsored Links



👉 美女輩出の地

もちろん吾輩も日本全国津々浦々を
隅々まで歩いたとは言いかねるから、
ただちに「熊本、日本一!」と断ずる
わけにも参らん次第だが、すくなくとも
首都圏、名古屋圏、関西圏と移り住み、
これら大都会の女性を見慣れてきた猫の
眼に、そのような印象を与えたことは
事実と申すほかない。

6ddf675745f8d25cc68e98d5cdb745e2_s

熊本といえば、宮崎美子さん、
石川さゆりさん、夏川結衣さん、
マッハ文朱さん、伴都美子さん、
福田沙紀さん、倉科カナさん、
スザンヌさん、さらには”謎の美女”
祥子さん……(それに隣県宮崎からの
移住者も加えれば斉藤慶子さん)と
数々の美女を芸能界に送り込んできたことで
つとに知られておったわけだが、
さもありなん、と納得した。

熊本の平均レベルに鑑みれば、
美女輩出の確率が高いことに、
なんら不思議はないんである。

そこで吾輩は急遽、   美女2823357655_64cfab0df0
熊本大学へ忍び込むなどして人類学的な
調査を試みたんであるが、
結論を簡単にいうと、要するに
縄文顔」と「弥生顔」との絶妙なる
神の配剤が「熊本美人」なんである。

何を根拠に?

それはこれから述べるので、
よろしくお付き合い願いたい。


👉 『吾輩は猫である』の嘘

今にして思えば、この驚きの大きさは、
夏目漱石先生が吾輩をダシに書き上げた
例の『吾輩は猫である』のなかで
熊本がこんな悪口をいわれていたことも
一因をなしていたんだろう。

熊本人は「どうも、色が黒いね。男だから
あれで済むが、女があれじゃさぞかし
困るだろう」と迷亭がほざき、
熊本出身の寒月君がこう応答するんである。

「女もあの通り黒いのです」
「それでよく貰い手があるね」
「だつて一国中悉(ことごと)く
黒いのだから仕方がありません」
「因果だねえ。ねえ苦沙弥
(くしゃみ)君」
「黒い方がいいだろう。
なまじ白いと鏡を見るたんびに
己惚(おのぼれ)が出ていけない。
女と云うものは始末におえない
物件だからなあ」  (十一)





寒月君の上記発言が真っ赤な嘘
であったことが、今やっと判明した。

熊本のみならず九州全体でそうだと思うが、
本州の人より「黒い」なんてことは
まったくない。

より「白い」かまでは判断がつきかねる
けれども、女性の顔立ちがより美しいように
(すくなくとも吾輩には)見えたことは、
否定のしようもないんである。

     熊本城 天守閣69f3bdf9879e4a5c59f9f4be7bbf152c_s

     熊本のシンボル、熊本城はたしかに「黒い」が……   

さて、肌の色は問わず、顔立ちに限定する
としても、一体どういう風の吹き回しで、
熊本女性は美しくなったんであろうか。

この問題が気になった学者猫の吾輩は、
漱石先生がかつて教鞭を執られた
第五高等学校に、いやその後身たる
熊本大学に潜入し、いっちょ調べて
みることにしたんである。

Exif_JPEG_PICTURE

熊本大学構内に保存されている「第五高等学校記念館」

ちなみに熊本大学は宮崎美子さん、
斎藤慶子さんの母校である。
歩いている女性はほぼすべて
美人であった。


👉 縄文人vs.弥生人

調査の結果を簡明に述べると、こうなる。

現在の日本人がどのようにして
出来上がったかといえば、人も知るとおり、
今では「縄文人」と呼ばれる南アジア系の
人々がもともと住んでおった日本列島に、
約5000年前、北方系の人種が大陸から
渡来して列島中央をほぼ制圧した。

この北方人が今は「弥生人」と呼ばれる
人々で、先住の南方系「縄文人」はじわじわと
列島の南北端へ追いやられていく形と
なったが、同時に両人種の混交も進んだ。

現代日本人の全国平均としては、
北方弥生系7~8割、南方縄文系2~3割の
比率で混血しているというのが最近の
人類学的知見である。

Sponsored Links


そこで、「縄文人」「弥生人」の顔の特徴を
表にまとめると以下のようになる。
    縄文人 弥生人
顔形 四角/長方形 丸/楕円
造作の線構成 直線 曲線
彫りの深さ 立体的 平坦
太い/濃い/直線 細い/薄い/半円
濃い/多い 薄い/少ない
二重 一重
頬骨 小さい 大きい
耳たぶ 大きい/福耳 小さい/貧乏耳
鼻骨 広い/高い 狭い/低い
厚い 薄い
小さい 大きい
口元 引き締る 出っぱり気味
典型的な顔 縄文 yayoi

たいがいの日本人の顔に両方の特徴が
混入していることがわかるであろう。

ほとんどみな混血だといってよい
証拠である。


👉 「縄文系」優勢の地域?

ただ、「弥生系7~8割、縄文系2~3割」
という全国平均の比率が、地方によって
大きく異なってくることも当然である。

血液型などからする近年の研究によれば、
弥生系」比率の高い地域と「縄文系」の
地域、およびその中間の「混合系」とに
分けると、おおよそ下記のようになるという。

弥生系:北陸、中部、近畿、中国
混合系:関東、四国、北九州
縄文系:北海道、東北、南九州、沖縄

古代より美人画に描かれた美女が
押しなべて「弥生系」の特徴を示すのは、
弥生人が日本の支配階級をなしてきたことの
当然の結果といえる。

古来「上品」とされてきたお顔…… 1a119f6d5318fa5da7b02fad6bedb270_s

日本美人103303

逆に、たとえば「鬼」の顔はたいてい
「縄文系」の特徴を誇張した描き方を
されてきたが、これは、周縁へ
追いやられて差別されたのが
縄文人であったことの証拠であろう。

「鬼」の文化史をめぐっては、
こちらも参照されたい。
節分の鬼は「怖い」それとも「可哀想」?豆まきは続けるべき?

      鬼瓦33f6e57d61d4a165ae26022f58d330f8_s
  顔は四角く彫り深く、目も鼻も口も大きく眉も髭も濃い……  


だが、現代では「弥生系」の顔が
「縄文系」より高貴だと主張する声も
あまり聞かれぬようである。

というか明治以降は、「どうも西洋人は
美しい」と広田先生(漱石『三四郎』の
登場人物)もつぶやくように、白人美女を
標準とする美意識が日本人に浸透してきた。

そんな背景もあって「弥生顔」が劣勢を
強いられ、そのぶん「縄文顔」の諸特徴が
むしろ喜ばれる傾向が強まって
来たんではあるまいか。

いやまあ、ここは両方に 扇子 美女2ecdbaff5d7b42e6f865bd9fa2b6e4bd_s
それなりの美が宿るというべきで、
かつ混血によって両方の「いいとこ取り」
をした美貌も作られ、また惜しむらくは
その逆も発生し続けてきたのが、
日本人の「顔」の歴史だと申してよかろう。



👉 来てみニャわからん

さて、そこで、なぜ特に熊本に美女が
多いかだが、かつては九州第一の
都市として君臨したこの城下町は、
北九州と南九州の境目、中継点とも
いうべきところにあって、周囲の人々を
どんどん吸収して発展した。

その結果、南九州に多く残る「縄文系」の
諸要素を基盤に保ちながら、
そこへ北から「弥生系」の諸要素が混入して
できたのが熊本人の顔であるはずだが、
その混入のし具合が、神の配剤ともいうべき
幸運になぜか恵まれ、理想的な
「いいとこ取り」になってしまった傑作が
「熊本美人」なのではないかしらん。

という仮説を吾輩は温めておるんだが、
いかがなものであろう。

猫 白Cat-s

ともかく熊本は、その昔、漱石先生も
その「美風」を称賛された、
たいへん結構な土地柄である。

一度お出かけになっては、いかがかな?
来てみニャわからんよ( ̄∀ ̄)/

その後、吾輩は熊本から秋田へ直行し、
さらには名古屋、福岡と、名にし負う
”美人どころ”を巡り歩いておる。

その報告はこちらで読まれたい。
秋田美人の特徴とルーツ:「白人遺伝子」説を動画で検証!
名古屋は美人が多い?それともブスが…?ついに決着の時が
福岡に美人が多い理由は?博多人形の美しさがヒトにも…?


また記事の冒頭でふれた熊本関係の記事とは、これである。
漱石『草枕』の意味を解く旅:『吾輩』猫、熊本の小天温泉へ


さらに、吾輩を生み出した『吾輩は猫である』、
および上でふれた『三四郎』については、
こちらを参照されたい。
夏目漱石 吾輩は猫であるのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
吾輩は猫である(夏目漱石)で感想文:魯迅も学んだ「人間批判」
夏目漱石 三四郎のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
漱石 三四郎で感想文:美禰子の愛は?”無意識の偽善者”とは?

      5310d096f609031a6d0438290db4e5ba_s
  

ではまたどこかで
お目に掛かりたいものである。

Sponsored Links

3 Responses to “熊本に美人が多いのはなぜ?『吾輩』猫が人類学的に解明!”

  1. […] きにさせてもらうが、 先日、熊本方面を旅して書いた記事 ・「熊本に美人が多いのはなぜ?『吾輩』猫が人類学的に解明!」 にいろいろと反響をいただいた。 その中には 「熊本あたり […]

  2. […] ;『吾輩』猫”が 熊本大学に潜入した経緯を書いた記事 (「熊本に美人が多いのはなぜ?『吾輩』猫が人類学的に解明!」) で、学内を歩いている女性のほとんどが美人だった、 と […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ