差別と区別の違いは?曽野綾子氏の主張を英語に照らして解析

 


やあやあサイ象です。

「差別」と「区別」はどう”区別”しますか?

これも昔からよく問題になる”問題”です。


おっと、ごめんなさい。
ダジャレが目的ではありません(;^_^A

これからまじめに検討しますので、
よろしくお付き合いくださいね。

Sponsored Links




Ψ 差別じゃない、区別です

2015年2月11日(建国記念の日ですね)に
着火した”問題”にこんなのがありました。

作家の曽野綾子さん(当時83歳。2003年
文化功労者)が同日の産経新聞朝刊の
コラムで、南アフリカの人種問題に言及して
「居住区だけは、白人、アジア人、黒人と
いうふうに分けて住む方がいい」と述べて
物議をかもされたんですね。

南アフリカ駐日大使や「アフリカ日本協議会」
から抗議を受け、国際的にも報道されて、
新聞・雑誌で議論を呼んだのですが、
それらへの曽野さんの反論・弁明にも
差別じゃない、区別です」というのが出てきたんですね。

104737

2月17日のラジオ番組『荻上チキSession-22」
(TBS系)で荻上さんの問いに対して
そう繰り返されたというのです。

詳細はこちらをご参照ください。
荻上チキによる曽野綾子氏へのインタビュー書き起こし


要は、強制ではなく自主的に「分けて住む」
ことをいっているんだから「差別」には
当たらない、とおっしゃりたいよう
なんですが、そんな論理、国際的には通用
しないよ(=`(∞)´=)、と指摘する論者が
多かったようです。



Ψ 英語との対応を考えざるをえない

いやいや、どっちが正しい、とかの議論を
しようというのではありません。

考えたいのは言葉の問題で、ここでは
「区別」と「差別」の(微妙な)違いを
明らかにしたいと思うんです。

「差別じゃない、区別です」と両者の”区別”
(違い)を主張しても、それが”国際的に”
通用しないことはどうも明らかのようで、
そういったことへの敏感さの平均的レベルが
どうも日本人は(先進国中、格段に)低い
のではないかとも思われます。


このことには、社会的、歴史的、文化的……
いろんな要因がからむんでしょうが、
ここで考えたいのはその一つ、言語的要因です。

46a44bf73ecedd927b6d809ea0fe7c4e_s

そもそもの日本語としては「差別」は
「しゃべつ」と読む仏教語だったという
経緯もあり、「区別」と「差別」の2語が
併存するようになってからも、まあ、
両者は類義語で、互いの違いが問題にされる
場面があったとは想像できませんね。
(すくなくとも明治まで)

それがなぜこんなヤカマシイ問題に
なってきたかといえば、ひとえに、
明治以降の日本語が英語をはじめとする
ヨーロッパ系言語との対応を求められる形で
形成されてきたことによっています。

Sponsored Links




Ψ 「区別」された人たちが不利益を被るなら…

そこで、英語をよく読まれる方には釈迦に
説法になって恐縮なのですが、「区別」に
当たる英語の”distinction”(動詞は
“distinguish”)と「差別」に当たる
“discrimination”(動詞は”discriminate”)の
用法・語感の違いに慣れている人なら、
「区別」と「差別」の違いで躓くことも、
あまりないんじゃないですかね。

つまり、”distinction”は”distinguish
between A and B”というふうに比較の対象を
並べる形で使われるのが普通ですが、
これに対し、”discrimination”の方は並べる
のではなく、たいてい”discriminate against C”
という形で「何か差別する」、その対象を
はっきりさせる言い方で出てくるわけですね。

で、その「何か」(目的語、対象)になった側は
多かれ少なかれ不利益を被ることが
想定されているわけで、そうでなければ
“discrimination”(差別)とはいわないわけです。

98ebf92a4271bbfcad1e715d30786754_s

日本語の「差別」も、昔はどうだったにせよ、
今はこの”discrimination”の用法・語感に
付き合わざるをえないということなんです。


これで行くと、曾野さんが「差別じゃない
、区別です」と主張されたような場合も、
非強制的であれ、住み分けが推奨されることで
不利益を被る人がいる場合(抗議した人たちは
それが実情だと主張しています)、
「区別」された人たちにとって、それが
「差別」として働くことは明白。

「差別じゃない」と叫んでも、
認められないわけですよね。



Ψ 「人種差別」の定義

ちなみに日本ももちろん加入している
「人種差別撤廃条約」では、「人種差別」
(racial discrimination)をこう定義しています。

人種、皮膚の色、世系(descent)又は民族的若しくは種族的出身に基づく
あらゆる区別、排除、制限又は優先であって、
政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における
平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを
妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。          (1条1項)



人種や皮膚の色などに基づく「あらゆる区別」が
「差別」として働くとみなしているわけ
ですから、曾野さんの主張も、そういった
効果を有する」ものとして、
この条約に違反する…

そう見なされざるをえないんじゃ
ないでしょうか。

628e687bdc88aba657f5d9ed05239f85_s

というようなわけで、人種によって住む
場所を「区別」した方がいいというような
意見は、もちろん心に思うのは自由ですが、
それを口に出すことには条約違反のリスクも
伴うことをしっかり意識しておいた方が
身のため、ということになります。

お互い気をつけましょうね。

それでは、また~~(^O^)/。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ