「受験の知恵」の記事一覧(2 / 3ページ)

脳を覚醒させる食べ物は?8つの栄養素で活性化を図ろう!

💡 智謀を生んだ煎り豆? たとえば…司馬遼太郎さんの長編小説 『坂の上の雲』に描かれた日露戦争の 天才的参謀、秋山真之(NHKドラマでは 本木雅弘さんが好演)が始終かじって いた炒り豆。 あれこそが彼の智・・・

作り笑いも効果あり😸笑う門には頭も冴える…その科学的根拠!

「笑う門には福来たる」 と昔からいわれてますよね。 今ではそれがまんざら嘘でないことが 科学的に実証されつつあります。       もちろん「福」といっても、本物のお多福か なんかがふらりと現れるわけでは ないんですが、・・・

私の読み方はわたし?わたくし?新常用漢字音訓表ではなんと…?

「私」を「わたし」と読んだら×? さて、この「私」という字、音読みでは 「シ」でなんの問題もないんですが、 困るのが訓読み。 辞書的に正しいのは、一応 「わたくし」なんですね。 でも実際には「わたし」という読みも一般に ・・・

散見される?散見する? 正しい意味・使い方を鴎外・漱石…太宰に聞く

主語になるのは「人」でなく「物」 というわけで、本日は「散見される」と 「散見する」で、どっちが正しい日本語なのか、 きっちり決着をつけたいと思っているんです。 まず現在、最も信頼に足る国語辞典と 思われる『日本国語大辞・・・

すべからくの意味は?安倍晋三首相ほかインテリも誤用してきた

やあやあサイ象です。 レポートや論文などの文章で、あるいは 討論の場で一席ぶつようなとき、 「すべからく」って書いた(言った) ことあります? 大いに結構! ただし意味を間違えていなければ… の話です;^^&#x1f4a・・・

起承転結を小論文・レポートに生かす方法!危ないのは”転”…

         というわけで本日のテーマは「起承転結」。 サクラさんもおっしゃるとおり、日本人が 得意としてきた文章構成法なんですが、 近年ではどうも旗色が悪いようです。 論理的な文章を書くには「ほとんど使いものに な・・・

差別と区別の定義は?差別じゃないという曽野綾子氏の弁明は英訳できる?

やあやあサイ象です。 「差別」と「区別」はどう区別しますか? これも昔からよく問題になる問題ですね。 おっと、ごめんなさい。 ダジャレが目的ではありません;^^💦 これからまじめに検討しますので、 よろし・・・

教授と准教授、講師と助教の違いは?いつから変更されたの?

やあやあサイ象です。 大学の先生を正式に呼ぶ場合に 「教授」ということはご存じですよね。 でも、ほかに「准教授」とか「講師」とか、 また「助教」というのもあるようで、 そういえば「助教授」もあるんでねえの? いったい、こ・・・

大学卒業要件 厳格化へ文科省指針:安易な入学は危険に?

やあやあサイ象です。 (ご自身またはお子さんの) 大学進学をお考えですか? 結構ですね(^^)у でも、水を差すようで恐縮ですが、 「卒業」のことはお考えですか? ひょっとして「入学」さえしてしまえば エスカレーター式に・・・

大学選びで後悔しないには?学生の”ガラ”(品性)も基準の一つ

やあやあサイ象です。 大学進学のことでお悩みですか? (ご自身、あるいはお子さんの) 似たような大学がたくさんある中で、 どの大学にするか、なかなか決まらない…。 どれを選んで受験すれば、入学後に 失敗したと思わないです・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ