サクラさん
シェイクスピアの
『尺には尺を』って、
喜劇ですか、悲劇
ですか?

ハンサム 教授
ハッピーに収まるところ
は喜劇的ですが、そこに
行くまでが大変;^^💦

性的スキャンダルなど
深刻な問題の渦に投げ
込まれるので”問題劇”
と呼ばれてきました。


Sponsored Links

サクラさん
なんだか辛そうですね。

「尺には…」どうのって
いうタイトルも意味不明
だし、内容も古臭そう…

ハンサム 教授
いや、とんでもない。

ヒロインはセクハラ・
パワハラに立ち向かい、
危険なベッド・トリック
も切り抜ける強くて
賢い女性。

 

もう現代の作品かと
見まがうほどですよ。

サクラさん
ほほ~(🐱) でも
そのベッドでの危機は
どうやって切り抜け
られたんですか?

ハンサム 教授
そこは彼女を愛した
権力者(公爵)の力に
よるところが大きい。

サクラさん
すると「美人は得だ」
というところでやはり
旧態依然では?

ハンサム 教授
アハハ、その”お約束”は
偉大なるシェイクスピア
もひっくり返せなかった
のかな❔;^^💦


というわけで、おなじみ””あらすじ暴露”
サービスの第191弾(感想文の書き方
シリーズ第273回)となる今回は
シェイクスピアの傑作喜劇…
とはいってもやや特異な位置を占めて
“問題劇”とも呼ばれる『尺には尺を』
(1603~04)に挑戦((((((ノ゚🐽゚)ノ
 👇

⦅広告⦆クリックするとAmazonへ


さて、一口に「あらすじ」をといっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文やレポートを書くんだから、
ある程度詳しくないと……
という場合まで、千差万別でしょう。

そこで大盤振る舞い!

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の2段階で
お届けしますよ~(^0^)📢


その前に”世界のニナガワ”こと蜷川幸雄
さんの遺作(追悼公演)ともなった2016年の
彩の国シェイクスピア・シリーズ公演
(藤木直人・多部未華子・辻萬長共演)の
ご紹介。👇


⦅広告⦆クリックするとAmazonへ


ごく簡単なあらすじ(要約)

では参りましょう。

まずはぎゅっと要約した”ごく簡単”
ヴァージョンのあらすじ。

ウィーンをしばらく離れる公爵は、
若い貴族アンジェロを留守中の
公爵代理に任命。

アンジェロの統治下では性的な問題への
取り締まりが厳格化し、恋人を妊娠
させたクローディオには死刑(ドクロ)が
宣告される。

修道院にいる妹のイザベラは兄を
救おうとアンジェロに面会して
助命を嘆願する。

その過程でアンジェロはイザベラに
欲望を感じ、翌日の会見では「あなたの
体」を差し出すなら兄は助けると
もちかけるも、イザベラは拒絶。

    

イザベラから話を聞いたクローディオは
「俺を生かしてくれ」と頼むが、
「死んで地獄に堕ちなさい」と
突き放される。


公爵は実は修道士になしすまして
アンジェロの統治ぶりを監視して
いたのだが、そこへ出てきて
奇策を授ける。

5年前にアンジェロから婚約を破棄
されながら今も彼を愛している
マリアナという女を暗闇の小部屋に
待機させ、そこへアンジェロを来させて
イザベラだと思って抱くよう
誘導するのだという(叫び) 。

計画は成功するも、アンジェロは
約束を破ってクローディオの首を要求。

驚いた公爵は監獄長と一計を案じ、
クローディオに似た病死死刑囚の首を
届けさせた上で、急遽ウィーンに
帰還するとアンジェロに通告する。

Sponsored Links

変装を解いて現れた公爵に、イザベラと
マリアナが真相を告げてアンジェロの
裁きを求めるが、アンジェロは否認。

公爵は修道士姿で再登場してフードを
取って見せ、ついに正体を現す。

公爵はアンジェロをまずマリアナと
結婚させ、その上で死刑に処しようと
するが、マリアナの必死の助命嘆願に
イザベラも加勢し、「未遂に終わった」
のだからと赦すべきだと主張。

公爵は、実は生きていたクローディオに
会わせた上で、「私の妻になる」ならと
イザベラに求婚し、アンジェロの罪は
「かえって福をもたらした」として
ゆるす。

メデタシ、メデタシ(😸)

ん? なんだかえらくややこしくて
二転三転するので、よくわからない?

やはりそうですか;^^💦

それでは理解を助ける意味で、実際の
舞台の模様もご覧いただきましょう。

グランド・ヴァレー・シェイクスピア・
カンパニー、2016年公演、5幕全体の
展開をほぼカバーした縮約版です。👇



ん? やっぱりわからん?

う~ん、それはどうしてもそう
なりますよね。
こういうツギハギの紹介では;^^💦

「尺には尺を」とは何のことで、作者は
そこに何を託したのかをも理解して
はじめて、シェイクスピアの偉大さに
ふれることができるのです。

そのためには、登場人物それぞれの発言を
もっときちんと拾い上げ、入り組んだ
ストーリーをより細かく解きほぐして
いくことが、どうしても必要です。

というわけで、どうしても「かなり
詳しいあらすじ」の方をご覧いただく
ことになるのですね。

かなり詳しいあらすじ

それでは幕開けです。

が、その前に登場人物の相互関係で混乱
するといけませんので、はじめに「相関図」
(人物関係の見取り図)を掲げておきます。

読んでいてわからなくなったら、
ここへ戻って確認してください。
 
『尺には尺を』相関図(人物関係の見取り図)
💓は恋愛または片思いの関係を示します。
 

お待たせしました。
それではホントの始まりです。

「”」印のある白い囲みの中は原作
(上記広告のちくま文庫の松岡和子訳)
からの引用で、シェイクスピアの”名言”
として知られる台詞も多く含んでいます。

👉印の注釈は、より深く理解したい
人に向けてかなり突っ込んだ解釈や
解説を試みたものですが、お急ぎの
方は飛ばして行ってかまいません。

Sponsored Links

【第一幕】

ウィーンをしばらく離れるという統治者
ヴィンセンショー公爵は、留守中の
公爵代理として、若いが知見にすぐれた
貴族アンジェロを指名し、老貴族
エスカラスをその補佐役とする。

アンジェロの統治下に入ったウィーンは
それまで寛大だった性的な問題への
取り締まりが極端に厳格化。

恋人ジュリエットを未婚のうちに妊娠
させてしまった若い貴族クローディオは
死刑(ドクロ)を宣告されてしまう。

      囚人 images

👉当時のウィーンでの実情は不明
ながら、英国では、シェイクスピア自身に
してからが結婚前の恋人を妊娠させる
というクローディオと同じ不徳を犯して
いましたし、花嫁の五人に一人は結婚式
以前に妊娠していたとのこと(上記訳書
井出新氏「解説」)。

この判決はいくらなんでも…
というのが当時の観客にとっても
普通の反応だったにちがいありません。


獄中のクローディオは修道院にいる妹の
イザベラにアンジェロに「取り入って」
みさせるよう、友人のルーチオに依頼。

きっとうまく行く。

何しろ妹の若さには巧まずして
男を燃え上がらせる無言の言葉が
宿っている。

そのうえ理路整然と話すとなると、
非の打ちどころのない話術の持ち主で、
見事に相手を説き伏せてしまう。


修道院でルーチオから話を聞いた
イザベラはとにかく「やってみます」
と決意。

【第二幕】

 
ルーチオと二人でアンジェロに面会した
イザベラは、「どうか死刑の宣告は罪に
向け、兄はお赦しください」と嘆願を
始める。

論破されて何度もあきらめかけるが、
横からルーチオに励まされたり
入れ知恵されたりしながら議論を
長引かせる。

格言めいた言葉を並べ、「私の兄と同じ
罪の覚え」なり「人間本来の邪心」なり
があなたの心にも少しでもあるなら…
という論法に出たイザベラ。

アンジェロは「筋の通ったことを言う、
おかげで俺の欲望がうずき出す」と
内心で焦り、「明日また来なさい」と
面会を打ち切る。

     
     フランシス・ウィリアム・トファム画『イザベラ』(1888)


イザベラは「賄賂を差し上げます」
それは「処女のささげる祈りです」と
畳みかけるが、ともかく明日だと
言われて退場。

一人になったアンジェロは「何だ、
これは? 何だ、これは? 
あの女のせいか、俺のせいか?」
と戸惑う。

誘惑する方とされる方、
どちらの罪が重い? ええい!

あの女ではない、あの女は誘惑して
いない、むしろ俺だ、俺は、日の光を
浴びた腐れ肉のようなもの、太陽の
力で花は咲き誇るが、肉はますます
腐ってゆく。

こんなことがありうるのか、
浮気な女より淑(しと)やかな女に
そそられる?
〔中略〕
あの女が清らかだからかえって
汚したいと欲情するのか?
〔中略〕
あの女には完全に魅了された。

今の今まで、女に溺れる男を見て
訳が分からないと笑っていた
俺なのに。

👉そもそも早々にあきらめる気配も
あったイザベラを立ち去らせず、むしろ
話を長引かせている時点でアンジェロは
イザベラに惹きつけられていたとも
受け取れます。

いずれにしても、彼女の話ぶりから
(外見以上に)その才気や心情に打たれ、
それまで経験のない類の恋に落ちて
しまった…ということでしょうか。

「私の兄と同じ罪の覚え」がないか
というイザベラの探り入れもおそらく
効果があったはずで、意図せずして
アンジェロの真実を突いていた
ことが後で判明します。


Sponsored Links

翌日、イザベラを迎えたアンジェロは
回りくどい話の末、「あなたの体の宝を
差し出すか、さもなくば兄はこのまま
死ぬしかない」と切り出す。

が、イザベラはきっぱりと断る。

「我々はみな脆(もろ)い」「女も脆い」
などと言い出したアンジェロに
「兄を死なせて結構です」とイザベラ。

女たちが自分を映す鏡のように、
鏡は姿を映すのも簡単なら
壊れるのも簡単です。女? 

神よ、女たちを助けたまえ、 
男はせっかく神の似姿に造られたのに、
女の脆さにつけこんで自分を駄目に
してしまう。

いいえ、私たち女は十倍も脆いと
お言いなさい。

👉ここでのキーワードは「脆い」。

松岡訳では「弱い」になっている
箇所もありますが、原語はすべて
“frail”なので、ここでは
「脆い」で統一しました。

「脆き(弱き)ものよ、汝の名は女」
(Frailty, thy name is woman)
というハムレットの言葉が有名ですが、
それは決して女の専売特許では
なかったのですね。

要するに異性の魅力の前には(堅固だった
はずの美徳も)よろめいてしまうという
類の”脆さ”を問題にしているのです。

少し前に書いていた悲劇『ハムレット』
(1600)をめぐる詳細は、こちらで。

ハムレットのあらすじを簡単に【&詳しく】オフィーリアの狂気はなぜ?

             


【第三幕】

公爵の外遊は実は嘘で、彼は変装で
よそ者の修道士になしすまして
ウィーンにとどまり、アンジェロの
統治ぶりを監視しているのだった。

監獄を訪問してクローディオに説教
しているところへ、イザベラが
面会に来たので、身を隠す。

「助かる道は?」と問う兄に事情を
話したイザベラは、自分には「悪魔の
慈悲」にすがることはできない、
だから「覚悟してね」と諭す。

いったんは「分かった」とうなずいた
ものの、やはり死罪という判決に納得
できないクローディオは、死の恐怖を
詩的に言い表し、「俺を生かしてくれ」
と訴える。

クローディオ 兄の命を救うためなら、
どんな罪を犯そうと、自然は許して
くれる、いやそれどころか罪が
美徳になる。

イザベラ ああ、このけだもの!

ああ、信義破りの卑怯者、
破廉恥な人でなし!
〔中略〕
もう兄でも妹でもない、
死んで地獄に堕ちなさい。

Sponsored Links

👉「妹」の吐く言葉として
厳酷に過ぎるように感じる読者も
おられるかもしれません。

ただ原文では”sister”とされて
いるだけなので、実は「姉」の
可能性もあるのですね。


そこへ公爵が姿を現し、自分は
アンジェロの懺悔聴聞僧だと言う。

彼の醜聞を告発するつもりだとイザベラが
息巻くと、「あなたを試しただけだ」と
かわされるだろうから無駄だ、それよりも
よい策があると腹案を話す。

マリアナという女は5年前にアンジェロから
婚約を破棄され、今もなお彼を愛している
から、その協力をあおぎ、彼女を暗闇の
小部屋に待機させ、そこへアンジェロを
来させて《イザベラだと思って抱く
よう誘導するのだという(叫び) 。
👉これがいわゆる”ベッド・トリック”
という手法で、シェイクスピア劇では
ほかに『終わりよければすべてよし』
(1602~05)でも使われています。



これによってすべを丸く収めることが
できるという公爵に、イザベラも
得心し、「お話をうかがっただけで
もう嬉しくなります」。

Sponsored Links

【第四幕】

イザベラから説明を受けたマリアナは
計画実行に合意し、手筈を整える。

        

コトが終わった翌日、公爵と話している
監獄長のもとへ、アンジェロから書状。

てっきり赦免状かと思いきや、なんと
「クローディオの首を五時までに
届け」よと厳命するもの。

驚いた公爵は監獄長に「クローディオが
有罪ならアンジェロも同罪なのだ」と
真相をほのめかして対応策を協議する。

ちょうどその朝病死したラゴジンという
無頼漢ならクローディオに似ている
というので、その首を届けることに。


公爵から「明日帰国する」との手紙を
受け取り、アンジェロは困惑。

到着前に「不正な裁きの取り消しを
求める者があれば請願書を街頭で
提出せよ」ともあったからだ。

クローディオをやはり死なせることにした
のは万一の復讐を恐れてのことだが、
それにしても、「あの行為のせいで俺は
形(かた)なしだ」「何をやろうとしても
気力が萎(な)え、考えもまとまらない」
と悔い悩む。

処女の花が散らされた!

散らしたのは、ああいうことを
禁ずる法律を施行すべき
権威ある者だ。
〔中略〕
ああ、ひとたび正道を踏み外すと
何ひとつうまくゆかない。

こうしたいと思いながら、
そうしたくないとも思うのだ。


【第五幕】

変装を解いてウィーンに「帰還」し、
アンジェロらに迎えられる公爵。

そこへ神父に伴われたイザベラが登場し、
アンジェロは「偽善者、処女を犯した
卑劣漢です」と暴露し、「正しい
お裁きを」と訴える。

混乱の中、ヴェールをまとったマリアナが
現れ、自分に夫はないが夫と交わり…
と意味不明な説明をするので、アンジェロは
「顔を見せろ」と命じる。

ヴェールを取ったマリアナはベッドでの
経緯を暴露し、アンジェロは否認するが、
そこへいったん退場していた公爵が
修道士姿で再登場。

非礼な口をきくので、アンジェロが
「引っ立てろ」と命じ、フードを
取らせると公爵その人の顔が…。

   

すべてを理解したアンジェロは恐れ入り、
「ただちに死刑宣告と処刑を賜(たまわ)
るのが私の乞い願うすべてです」

が、公爵は、アンジェロがマリアナとの
「婚約」を認めると「ただちに結婚
してこい」と命じ、神父らともども
出て行かせる。

Sponsored Links

公爵がイザベラに、クローディオの
早すぎる死刑執行のことで慰めの言葉を
かけているところへ、夫婦になった
アンジェロとマリアナらが再登場。

公爵はそのアンジェロの死刑執行を命じ、
判決の理由として、処女の「純潔を犯し」
かつその交換条件だった「兄上の助命の
約束」も破るという「二重の罪」を
犯したことを言い立てる。

クローディオにはアンジェロを、
死には死を、早急には早急を、
猶予には猶予を、尺には尺をもって
報いるのだ。

👉「尺」は”measure”で、これにより
キリスト教徒の多くが想起するのは、
「人を裁くな」というイエスの教え――
「あなたが裁くその裁きで自分も裁かれ、
あなたの測るその測り(measure)で
自分にも裁きが測り与えられる
であろうから」(マタイによる
福音書、第7章)。

この説法はハンムラビ法典由来の
「目には目を」の原則を踏まえている
のですが、この法自体、厳罰を目的と
するよりは「他人の目を害した者への
報復(罰)は目に対してにとどめよ」
という限定の方に重点があったとも
いわれます。

ともかく、要はアンジェロの「尺」に
報いる公爵側の「尺」というのが
タイトルの言わんとするところ。

この「尺」(measure)を「方策・手段」
の意味に解して『策には策を』と
題した訳者もいます(木下順二)。


マリアナは必死に助命を嘆願するも
受け入れられず、イザベラに「私と
一緒にひざまずいて」と頼む。

これに応じたイザベラは、兄は「現に
死に値することをした」としても、
アンジェロの行為は「未遂に終わった」
のだから「ただの下心として葬り去る
べきです」と主張。

これも拒否した公爵は、クローディオの
処刑の際に生かしておいた死刑囚の
バーナディンについて監獄長に聞き、
彼を連れて来いと命じる。


バーナディンと一緒に連れてこられた
もう一人の死刑囚が覆面を取ると、
それはクローディオその人。

公爵はイザベラに言う。

この男が兄上に似ているなら、
亡き兄上のために赦してやろう。

そして愛らしいあなたのために、
その手を、そして私の妻になると
言ってくれれば、この男は
私の兄になる。


さらにアンジェロに対しては「君の
罪がかえって福をもたらしたな。
妻を大事にしろ」と罪をゆるす。
👉公爵はイザベラに求婚したことに
なりますが、これに対するイザベラの
反応がどうなのかは、原書には何も
書かれていません。

驚いてから、感動して受け入れる…
というのが一般的な演出で、蜷川版の
多部未華子さんも嬉しそうにしましたが、
ここはむしろ、イザベラに拒否的な
態度を取らせる演出も、より現代的で
面白いのではないでしょうか。

いずれにせよ、この愛がいつの間に
育ったのかは原作の文章だけでは
伝わりにくいところで、そこは
演出家と俳優の技量が問われる
ことになるでしょう。


Sponsored Links



脆きものよ、汝の名は

さあ、どうでしょう。
問題劇の問題劇たるゆえんを
ご理解いただけたでしょうか?

「あらすじ」だけでも色々と驚かれた
点があったのではないかと思いますが、
私個人の感想としてまず第一に挙げたい
のはヒロイン、イザベラのキャラクター。

「理路整然と話すとなると、非の打ち
どころのない話術の持ち主で、見事に
相手を説き伏せてしまう」と最初に
兄が紹介した通りの聡明さと説得力を
見事に発揮し続けますよね。

しかも例のずるい手段による兄の救命
については、初めからキッパリ拒絶、
兄(弟❔)には「死んで地獄に堕ちなさい」
と直言します。

昔の日本文学にはまず出てこない
と思わせるヒロインですね。

    

シェイクスピア時代の英国にもそう多くは
なかったはずで、だからこそ、それまで
恋心というものを知らなかった謹厳な
公爵代理が、その新鮮な魅力にコロッと
参ってしまうのです。

アンジェロも賢い人で、しかも最初に
着手した改革が性的風紀の粛正とは
大真面目すぎて、逆に無意識部分には
黒々としたものを抑え込んでいるのでは?
と思わせないでもない複雑な性格。

そのマジメ男が突然、小娘に執着し、
これまで築きあげてきた地位も、また
命さえ吹っ飛ばしてしまいかねない
危険で不道徳な愚挙に出てしまうのです。

彼みずからイザベラに説いた通り、人間の
「脆さ」がここにあり、ハムレットの
ようにそれを女性に限定するのは間違いだ
と身をもって示してくれた点では、大いに
共感できるのではないでしょうか。


遺作となってしまったその舞台化で、
多部未華子さんと藤木直人さんを
抜擢した蜷川幸雄氏の眼力はやはり
さすがでした。

その確認の意味も兼ね、藤木さんに
よる公演予告の動画をご覧ください。



「喜劇です」と藤木さんも強調して
いますが、前半はむしろ悲劇的に推移し
後半になって喜劇的な収束を見せる点は
『冬物語』(1610-11)『テンペスト』
(ほぼ同時期)など後期の”ロマンス劇”に
近いともいえます。
👉『冬物語』や『テンペスト』を
めぐってはこちらで詳しく
情報提供しています。

ぜひご参照ください。

冬物語(シェイクスピア)のあらすじ【簡単&詳しく】狂王と監禁妻のロマンス

テンペスト(シェイクスピア)のあらすじ 魔法と赦しのロマンス
  
         


👉シェイクスピアの傑作は
もちろんこれらにとどまりません。

問題劇やロマンス劇のほか、喜劇・
悲劇・歴史劇など16以上について
当ブログでは「あらすじ」などの
情報を提供しています。

気になる作品をこちらから
お探しください。

シェイクスピアの本でおすすめは?喜劇・悲劇…各ジャンル16作品の紹介!

          

そのほか、シェイクスピアの本を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利。

こちらから探してみてください。👇
  🔱シェイクスピアの本:ラインナップ🔱
 


まとめ

さあ、これでもう大丈夫ですよね、
感想文だろうがレポートだろうが…。

ん? 書けそうなテーマは浮かんで
きたけど、でもやっぱり自信が…

だってもともと感想文の類が苦手で、
いくら頑張って書いても評価された
ためしがないし(😿)…
具体的に何をどう書けばいいのか
全然わからない( ̄ヘ ̄)…?


う~む。そういう人は発想を転換して
みるといいかもしれない;^^💦

そもそも日本全国で盛んに奨励されている
読書感想文の発祥の源は「コンクール」。

    

各学校の先生方の評価基準もおのずと
「コンクール」での審査に準拠する
形になっているのです。


だから、読書感想文の上手な人は
そのへんのことが(なんとなくでも)
わかっている人。

さて、あなたはどうなのかな?
👉「コンクール」での審査の基準を
知るには、実際に出品され大臣賞などを
受賞している感想文をじっくり読んで
分析してみるのがいちばんです。

こちらでやっていますので、
ぜひご覧ください。

読書感想文の書き方【入賞の秘訣4+1】文科大臣賞作などの分析から

アルジャーノンに花束を の感想文例!市長賞受賞作【2000字】に学ぶ

       

そちらで解説している「書き方」を
踏まえて、当ブログでは多くの感想文例を
試作し提供してきましたが、このほど
それらの成果を書籍(新書)の形にまとめる
ことができましたので、ぜひこちらも
手に取ってご覧ください。
  👇


買う前にその「予告編」が見たい
という人は、こちらでどうぞで。

読書感想文 書き方の本はこれだ!サイ象流≪虎の巻≫ついに刊行!!!

            


👉上記の本『読書感想文 虎の巻』は
当ブログで提供し続けてきた「あらすじ」
や「感想文」関連のお助け記事の
ほんの一部でして、載せきれていない
記事もまだまだ沢山あります。

気になる作品がありましたら、
こちらのリストから探して
みてください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 224 times, 1 visits today)