京都祇園祭の日程 2016 :穴場スポットと有料観覧席情報

 


京都の祇園祭といえば、
「京都三大祭り」の一つであることは
もちろん、東京の神田祭、大阪の天神祭と
並ぶ「日本三大祭り」の一つ。

言わずと知れた日本のお祭りの代表ですね。

もとは平安時代に疫病・災厄の除去を祈った
祇園御霊会を始まりとする八坂神社の
祭礼ですが、これが京都の7月、
1日から31日まで
まるごとを費やす
大規模な祭典となっているんですね。

Sponsored Links



2016年ももちろん同様で、
連日各種の行事が目白押しに並ぶのですが、
一日だけ行くなら、ということになりますと、
やはりこれは前祭 山鉾巡行の日、
17日(日)でしょうね。



Ψ 山鉾巡行の先頭を行く「長刀鉾」

 
この山鉾巡行で先頭を行くことに
決まっている特権的な鉾が
長刀鉾(なぎなたぼこ)。

これを先頭に、”動く美術館”の異名をとる
23基の山鉾(重要有形民俗文化財)が
厳かに京都の中心部を巡行する山鉾巡行は、
行事自体が「重要無形民俗文化財」に
指定されている、それは貴重な
一大スペクタクル!

6ba40eaeb1de4ca0e311a89751eeb8ea_s

詳細は下記の日程表に記載していますが、
9:20ごろ四条麩屋町での
「注連縄(しめなわ)切り」の儀式が
山鉾巡行の最初にして最大の見どころ。

ここで見事に注連縄を切ってくれるのが
稚児(ちご。通称「お稚児さん」)と
呼ばれる”生き神様” で、神界と人界の
間にある結界を一刀両断にし、山鉾が
進める道を作るということになっています。


「お稚児さん」という”現代の神秘”を
めぐっては、こちらの記事で詳しく
リサーチしています。

京都祇園祭の”生き神様” 歴代のお稚児さんはどこの坊ちゃま?

またかつてこの「お稚児さん」を務めた
美青年が京都”観光”小説ともいえる
川端康成の『古都』で主要登場人物の
一人となっています。

それについてはこちらを。

川端康成 古都のあらすじと感想◎京都”観光小説”の哀切さ


今回はこの前祭 山鉾巡行を中心に、全日程と
主な見どころ、や数少ない穴場スポット、
また遠方からお越しの方のために
宿泊施設や周辺の情報などを
お届けしていきます。



Ψ 2015年全期間の日程

 
2015年日程のうち「見学可能」の
行事は下記のようになります。

【長刀鉾 稚児舞披露(太平の舞)】 
7月5日 15時15分~@長刀鉾保存会
鼓を叩くため両手にバチを持ち、
小さな体を優雅に旋回させます。

※見学場所は保存会前の
四条通北側歩道がおすすめ。
(南側からでも見学できるが、
バスなどが通るため少し見にくい)

【綾傘鉾稚児社参】 7月7日 14時30分 @八坂神社
綾傘鉾の稚児が町内役員と共に
神事の無事を祈り
八坂神社に参拝します。

【前祭 山鉾建】 7月10日~7月14日 @各「鉾町」
前祭山鉾建 各鉾町が鉾、
曳山を組み立てます。

【お迎え提灯】 7月10日 16時30分~20時30分
@八坂神社→河原町四条→市役所→寺町通
→東大路通→神幸道→八坂神社

「神輿洗」の神輿を迎えるため
万灯会員有志が提灯を立て、
八坂神社周辺地域を巡行します。

ee201863e9f66ea335b02f14fdae617c_s

【神輿洗】 7月10日 18時ごろ~20時30分ごろ
@八坂神社~四条大橋~八坂神社
神輿三基を舞殿に据えた後、
そのうち一基(中御座)の前後を
松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、
神輿を清める儀式を行ないます。

午後8時30分頃八坂神社に戻り、
17日の神輿渡御にそなえ
三基の神輿を飾り付けます。

【前祭 鉾曳き初め】 7月12日~14日 @各「鉾町」
前祭鉾曳き初め

鉾町内の人々により囃子を奏しつつ、
それぞれの町内で鉾を曳きます。

【前祭 屏風祭】 7月14日~16日 11時頃~18時頃
(主催者により異なる) @各「山鉾町」

各山鉾町の町屋では格子をはずし、
通りから見えるようにして家宝の
屏風、道具を飾ります。

※各所により日程が異なり、
また主催者の都合により予定・
内容が変更される場合もあり。


【前祭 宵山(宵々山)】7月14日~16日  
※15・16日の18~23時は歩行者天国(予定)
@四条通の八坂神社~堀川間
各町内(中京区一帯)

山鉾に吊られた駒形提灯に
火が入り、祇園囃子の音と共に
祭りを盛り上げます。

例年たくさんの人々で賑わい、
町は祭り一色となります。

687b0d4499325c48965a8c7992de9473_s

【伝統芸能奉納】7月15日 15時~ @八坂神社
「今様」など多彩な各種伝統芸能が
奉納されます。

【いけばな展】7月15日~17日 
@四条通り・祇園石段下~四条烏丸の
有志の各店舗

四条通りを舞台に名家名流が
各店を花で彩ります。

問い合わせ:TEL 075-761-8166(京都いけばな協会事務局)

【献茶祭】7月16日 9時~ @八坂神社
表千家家元千宗左宗匠と、裏千家家元
千宗室宗匠とが隔年の奉仕。

拝服席及び、副席が設けられます。

【石見神楽の奉納】7月16日 18時30分~ @八坂神社
石見神楽の奉納 スサノヲノミコトの
ヤマタノオロチ退治を笛・太鼓・鉦の
賑やかな囃子で演じます。

勇壮かつ芸術性豊かな神楽が奉納されます。

【前祭 日和神楽】7月16日 @各山鉾町~四条御旅所~各山鉾町

お囃子のある山鉾町から四条寺町の
御旅所へ、お囃子を奏でながら往復し、
翌17日の晴天を祈ります。

Sponsored Links



【前祭 山鉾巡行】 7月17日 9時~ @各町内(中京区一帯)
巡航経路:四条烏丸~四条河原町~
市役所~烏丸御池~新町御池

長刀鉾を先頭に23基の山鉾が
京都の中心部を巡行します。


【神幸祭 神輿渡御】7月17日 18時~ @八坂神社→
石段下→四条御旅所石段下にて
三社神輿の差し上げが行なわれた後、
それぞれの神輿が、氏子区域内を
所定のコースに従い巡行します。

21時頃より相次いで四条御旅所に着輿し、
以降24日まで御旅所に留まります。

【後祭 山鉾建】7月18日~21日

後祭の山鉾10基が組み立てられます。
釘を一本も使わず縄で組み立てる、
まさに職人技。

【後祭宵山】7月21日~7月23日 @後祭鉾町

四条通の歩行者天国はありません。
露店の出店もない予定。

【煎茶献茶祭】7月23日 9時~ @八坂神社

在洛の煎茶道家元の輪番奉仕により
行われます。

【琵琶の奉納】7月23日 13時~ @八坂神社

琵琶協会の人々により、
琵琶の奉納が行われます。

8a8d427f9c53dc6b71a744b8d8d33072_s

【後祭 山鉾巡行】7月24日 9時30分~
@烏丸御池→河原町御池→四条河原町→四条烏丸

橋弁慶山を先頭に10基の山鉾が巡行します。
トリは2014年に完全復興した大船鉾。

【花傘巡行】7月24日 10時~12時ごろ
@石段下→四条寺町→寺町御池→
河原町御池→四条河原町→八坂神社

花傘鉾十余基、馬長稚児、児武者等が
石段下を出発し、列を整え所定の
コースを練り歩きます。

八坂神社到着後(12時頃)舞踊等の
奉納を行ないます。

【還幸祭】7月24日 17時ごろ~ @四条御旅所→八坂神社

午後5時頃四条御旅所を三基の神輿が出発、
途中三基の神輿は三条通の又旅社にて
祭典を行います。

市中を巡り八坂神社へ戻ったあと、
明かりを消し御神霊を本殿に戻します。

26ff8f18fff4711425c064d8f3ae0351_s

【狂言奉納】7月25日 13時~ @八坂神社

茂山忠三郎社中により
狂言が奉納されます。

【神輿洗】7月28日 18時ごろ~20時ごろ 
@八坂神社~四条大橋~八坂神社

神輿三基の内一基(中御座)の前後を
松明で照らしながら四条大橋まで担ぎ、
神輿を清める儀式を行ないます。

午後8時30分頃八坂神社に戻り、
神輿庫に収めます。

【神事済奉告祭】7月29日 16時~ @八坂神社

祇園祭終了を奉告し、神恩を感謝します。

【疫神社夏越祭】7月31日 10時~ @八坂神社

「疫神社」の鳥居に大茅輪を設け、
参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、
護符を授かります。


※アクセス:206系統市バス「祇園」下車すぐ
     (八坂神社)
※問合わせ:075-561-6155(八坂神社)




Ψ 【前祭 山鉾巡行】の穴場スポットは?

 
さて、上記の各行事はそれでもだいたい、
その場所へ行けば見学・鑑賞できるわけですが、
最大の呼び物となる17日の【前祭 山鉾巡行】ばかりは、
巡行経路のどこへ行っても、大変な混雑、
なかなかじっくりと見物できません。

かつて「穴場」といわれた場所ももほとんど
知られてしまい残っていない状態ですが、
なかで、なんとかまだそれほどの混雑なしに、
しかもなかなかの見物を鑑賞出来る
ほぼ唯一の穴場スポットがコレ。


Ψ 「新町御池」交差点付近

 
11:25ごろにやって来る長刀鉾が
ここで行うのが「辻回し」。

お稚児さんはここで鉾から降り、
約12トンもある鉾を曳き手達が
「ソーレ」「エンヤラヤー」と一斉に
引っ張って左に90°回転させます。

巡行のクライマックスといってよいでしょう。

京都府京都市中京区新町御池



ただ、この「穴場」も今やかなり広く
知られるようになっていますので、
2015年にはもはや「穴場」でない、
という事態も考えられます。

そうなると、あとはもう「有料観覧席」
しかありませんね、じっくりと
快適に見物するには……。


Ψ 有料観覧席情報

祇園祭の有料観覧席は、
以下のパターンでのご用意があります。

有料観覧席設置場所
【前祭】 7月17日 巡行(先頭)の通過時間
御池通の寺町通から新町通の間
午前10時30分頃(寺町御池)~11時30分頃(新町御池)

【後祭】 7月24日 巡行(先頭)の通過時間
御池通の寺町通から河原町通の間(京都市役所前)
午前10時頃
【料金】3180円(全席指定・パンフレット付)

【お問合せ】(6月初旬より)京都市観光協会 TEL:075-752-7070
※名古屋近郊にお住まいの方は、
以下の窓口があります。
京都市観光協会業務取次所 名古屋業務取次所
TEL 052-582-2899
(名古屋市中村区名駅1-2-4
名鉄バスターミナルビル4F 
名鉄観光バス株式会社 ドラゴンズパック&
ハイキングセンター 10時~18時 日曜休)



Ψ まとめ

 
さて、いかがでしたか?

ともかく、17日と24日の混雑は
避けられそうにありませんが、
世界的にも有名な祭ですから、
見応えは十分です。

できるだけスムーズに動くためには、
宵山の期間中に設けられる
「祇園祭総合案内所」で「山鉾配置地図」を
入手しておくのがオススメ。

下記の案内所で無料配布しています。

【前祭】:「祇園祭総合案内所」@四条烏丸
     「祇園祭臨時案内所」@四条河原町

【後祭】:「祇園祭宵山案内所」@室町錦小路の京都芸術センター内

八坂神社でも配布していますので、
スタート地点を八坂神社にするのも賢明ですね。

それではよい夏の思い出をお作りください~~~(^O^)/


「京都三大祭り」のあとの2つ、
「葵祭」と「時代祭」にかんしては
こちらの記事もご参照くださいね。
2016京都「葵祭」で『源氏物語』の世界へ!只見の穴場は?
京都 葵祭2016で源氏物語の世界へ!只見の穴場は?
京都 時代祭2016年日程:有料観覧席チケットと只見の穴場は?

京都の奥深さをさらに探りたいという方は
こちらの記事などをご参照くださいね。
京都のお茶漬けは「帰れ」の意味?桂米朝師匠の落語に学ぼう
花燃ゆ 久坂玄瑞(東出昌大)が妻より愛した京都・島原の芸妓
京都 伏見稲荷は外国人だらけ◎時間無制限の国際スポットへGO!
京都・祇園で舞妓”体験”?紗月さん、章乃さんに会えるかも笙。
京都のつつじなら2016GWも蹴上浄水場へ☆義経激怒の地で
京都の”酒の神”松尾大社の山吹まつりで乾杯!4月半ばからGo!


それではまた~(ニコニコ)ノ

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ