火垂るの墓で感想文☄原作(野坂昭如)はアニメとどう違う?

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
いよいよ大台目前の第99回。

今回は野坂昭如の名作短編小説
『火垂(ほた)るの墓』(1968)で
行って見ましょ~。
  


この作品、アニメは見たけど
原作は読んでない、という人が
多いかもしれませんが、
読書感想文を書くという以上は
やはり原作小説を読む必要があるでしょう。

Sponsored Links


うーん、そうなんだけど、
これがどうも、すご~く独特な
文章で書かれているので、
古い小説など読み慣れていない人には
読み通すのがツライかもしれません。

ですので、そういう人はまずこちらで
「あらすじ」を押さえましょう。

火垂るの墓(野坂昭如)のあらすじ… 簡単/詳しくの2段階で



Ψ 作者の気持ちを書いて「×」をもらった作者の娘

さて、「感想文」にはいったい
何を書けばいいのか、
悩んじゃうところですよね。

だから、学校や先生によっては
「……を書きなさい」とテーマを
限定した課題を出してくれる
場合もありますね。

その種のテーマとして
「作者はどういう気持ちで
この物語を書いたでしょうか」
というようのもあって、これについては
面白い話があるんですね。

作者の野坂昭如さんが、   041100
娘さんが経験した実話として、
テレビ番組で次のように
語ったのだそうです。

学校の宿題に「火垂るの墓の
作者は、どういう気持ちで
この物語を書いたでしょうか」
というのが出たので、
作者である父に尋ねた。

  作家 ダウンロード

すると父は「締め切りに追われて、
ヒィヒィ言いながら書いた」と
答えたので、そう書いて
提出すると「×」を
つけられた((((((ノ゚⊿゚)ノ


うーん、先生は何を根拠に
×」をつけられたんでしょう?

作者自身の言い分なんですから、
これ以上に正解に近い解答は
ないはずではないですか。

そもそも作者が「どんな気持ちで
書いたか
」は作者以外の人に
わかるはずありません。

生徒にそれを問うのは無理難題、
不当な設問ですよね。

ただ、不当とは思っても、  8767dbce1131128ee1abcf82ddbb9038_s
回答を拒否すれば点がもらえない
こともわかりきってるんですから、
ここは、先生が何を期待されて
いるのかをお察して、期待通りの
答えを書いてさしあげるのが
「いい子」というもの……

野坂さんのお嬢さんは、
おそらく父親には「いい子」でも、
その先生に対しては「いい子」に
なりたくなかったんでしょうね。

Sponsored Links


ですから、ここは一つ「いい子」に
なりきって、すこし古い言葉でいえば
「ぶりっ子」に徹して、あの先生なら
どう考えてほしいと考えているかなあ
と考えてみましょう。



Ψ アニメとの違いに目をつけよう

それでは、先生の期待に答えられて、
かつ「作者の気持ち」なんて
わかるはずのないことを書かずにすむ
感想文としては、どんな方法が
あるでしょうか。

一つのウマい方法は、アニメまたは
実写映画を見た人なら、それと
原作との違いに目をつける、
ということですね。

参考までに(アニメ版:1988/実写版:2008)。




その方法で成功している例が
ネット上に公開されていましたので、
かいつまんで引用してみますね。

テレビでそれ〔アニメ「火垂る
の墓」〕を見て、兄の清太と
妹の節子の深い絆に感動して
涙がぼろぼろ出てきた。
〔中略〕
原作があることを知って、ぜひ一度
読んでみたい気持ちになった。
〔中略〕
以前アニメを見ていたときは、
西宮のおばさんの姿を目に入る
たびに、怒りがこみ上げてきた。

〔中略〕    witch-908939_640

まったく人間らしくないと思って
いたが、本を進むにつれ、その
考えは間違えだっだことに
気づいてきた。

むしろあの時代において、その
ひどい仕打ちのほうが人間らしい
のではないだろうか。

ふと、夏目漱石の『こころ』に
出てくる一節が思い出される。

「平生はみんな善人なんです。

少なくともみんな普通の人間
なんです。

それが、いざという間際に、
急に悪人に変わるんだから
恐ろしいのです」

〔引用元:http://lang-8.com/118101/journals/387900〕

ここから、「西宮のおばさん」の
描かれ方の違いを指摘してゆき、
アニメというものは人間の考える力を
奪うものだと思うようになった

という非常に明確で強烈な
結論に達しています。


この結論には異論もあるでしょうが、
ともかく論旨明快で、たいへん
すぐれた感想文だと思います。

漱石の『こころ』を持ち出した
ところも素晴らしい。

この小説ももちろん感想文の素材として
好適です。こちらを参考にしてください。

夏目漱石 こころのあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
夏目漱石 こころ:”感想は書かない”感想文《虎の巻》


もちろん、そういう連想が何もない
場合は、なくてかまわないんですよ。

アニメはどうしても「子ども向け」の
色彩が強くなるぶん、善悪の
描き分けも明快にされがちです。

Piraat

でも、それは、原作の思想、
それこそ「作者の気持ち」を
ねじ曲げている可能性が
大きい場合もありますよね。

そのあたりをすくい上げている点で
上記の感想文は価値があると
思うんです。


Ψ まとめ

もちろん、アニメと比べなくても、
いろんな目のつけどころが見つかる
はずですので、とりあえず
じっくりと読みましょう。

戦争でひどい目に遭う人を描いた
小説には、ほかにも有名なものが
ありますので、そのどれかと
比較するのもよい方法と思います。

その場合はこちらの記事を参考にしてください。
黒い雨(井伏鱒二)のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で
夏の花(原民喜)のあらすじと解説:感想文で抜け出すには?
芋虫(江戸川乱歩)のあらすじ:伏字だらけの問題作!内容は?

          芋虫 caterpillar-564543_640

ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ