老人と海 読書感想文の書き方:名言動画も見て内容を解説

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
ついに100回を突破し、今回でなんと
第108回((((((ノ゚⊿゚)ノ

アーネスト・ヘミングウェイの
名作『老人と海』(1952)に挑戦です。



ノーベル文学賞授賞を決定づけた
作品ということで、さすが、
なかなかの読み応えですよね。

Sponsored Links


え? まだ読んでいない?

読まないで読書感想文を書こう
というのは、主人公サンチャゴにも似て
なかなかいい度胸ですな。

まあそれも結構、そういう人は
こちらの「あらすじ」でストーリーを
頭に入れてくださいね~(*~▽~)ノ。

老人と海(ヘミングウェイ)のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で



Ψ ”闘う男”の本能と愛

さあ、どうでしょう。

「あらすじ」を押さえて何が
わかりましたか。

いろいろあるでしょうが、
一つには、全体の作りとして、
前半でゆっくりと上り詰めて後半は
下ってゆく、一種”山なり”の
ストーリー展開だということが
あるんじゃないでしょか。


つまり「かなり詳しいあらすじ」の
【承】の部分での、巨大マカジキと
老人との壮絶な闘いと、
闘いながらその相手に寄せる
敬意というか、愛というか、
ともかく極度にポジティヴな感情……

   友情images

にもかかわらずその相手を殺そうと
せずにはいられない、
”闘う男”の本能のようなもの……

このアンビバレント(両義的)な
感情がぐんぐん盛り上がってゆく、
その上昇カーブが前半の
素晴らしい読みどころと
なっているわけですね。


Ψ 老人は魚で、魚は老人……

たとえばこんな文章に
サンチャゴの矛盾した感情が
よく表現されています。

「おれは死ぬまで、お前に
つきあってやるぞ」
「おれはお前が大好きだ」
やつはおれの兄弟分だ。
けれど、おれはやつを殺さ
なくてはならない


カジキ swordfish-47294__180

「やつらは、やつらを殺す
おれたち人間ほど頭がよくないんだ。
もっともおれたちよりは、
気高くて、立派じゃあるけどな」
人間たちにあいつを食う
値打ちがあるだろうか?

あるものか。〔中略〕
ひとりだっているものか」



「頭がぼうっとして」くると、
「しゃんとして、人間らしく苦痛を
受け入れろ」と自分を鼓舞しますが、
その直後「いや、魚らしくかな、」と
思い直します。

そして最後の力をふりしぼって
「遠く去った昔の誇り」をよび戻し、
「魚の死の苦しみに向って投げつけ」ます。
このあたりではもう、老人は魚で
魚は老人……どっちがどっちかわからず
愛する魚の「死の苦しみ」は
老人自身の(予備的な)「死の苦しみ」
でもあるようです。

Sponsored Links


このような「自他の一体化」は、
信仰なり恋愛なり、人生の様々な局面で
体験されていくものでしょうが、それを
サンチャゴは巨大マカジキとの壮絶な
闘いにおいて経験しているのです。

あるいはスポーツの世界で、同様の
経験をしている人もいるかな?

               野球猫matsui-anime

そういう人はぜひ自分の経験と
サンチャゴ老人の心理とを
重ね合わせて、思うところを
どんどん書いていきましょう!



Ψ 漁の後半、人生の後半

この巨大マカジキの捕獲についに
成功した、つまり勝利した時点が
老人の心の高揚の頂点であり、また
この小説のクライマックスでもあります。

だとすると、あとは下っていくだけ。

そしてその下り坂にも闘いがある
のですが、でもそれは、マカジキを
食い荒らそうとするサメたちを
追い払おうとする苦闘であって、
マカジキとの勝負とはまるで性質が
異なります。

前半の闘いで老人が感じていた
高貴さは、みじんもないのです。

舟Fog-Nature-Trees-s

この反転が含む一種アイロニカル
(皮肉)なシンメトリー(対照性)が、
「あらすじ」の【転】の部分の微妙な魅力に
なっていると思います。

【承】の部分では
かつてカサブランカの居酒屋で
大男の黒人との腕相撲を制して
「チャンピオン」と呼ばれた時代の
自分を思い出して腕力を確認していた
サンチャゴでしたが、今や意識を
かすめるのはそんなことではなく…

たぶん罪なんだろう、
魚を殺すってことは。
〔中略〕
でも、そうなれば、
なんだって罪だ。
罪なんてこと、考えちゃいけない。
第一、もう手遅れだし、

the-fisherman-829032_640

そういうことを考えるために、
お金を頂戴している人間も
たくさんいることだ。
罪のことは、そういう連中に
考えてもらったらいい。


あるいは…

「これが夢だったらよかった。
釣れないほうがよかったんだよ
こいつにはすまないことを
したなあ」
〔中略〕
「おれは、おれとお前と、
二人とも台なしにしてしまった」


【転】でのこの下降カーブは、
老人のこの日一日の心理変化を
映し出すものですが、それが同時に
サンチャゴという人の人生全体の
後半の下降線に重ね合わされている
ようにも読めて来ます。

この二重性がまたこの作品の
大きな魅力になっているわけですね。



Ψ まとめ

ともかく”闘う男”、闘いを
求めつづける男こそが
ヘミングウェイ文学の真骨頂!

小説の随所に描かれて、最後の1行も
それで締めくくられる老人の夢が、
アフリカの草原で戯れるライオンだ
というのも、そのことを
美しく表現しているようです。

Feline-White-Lions-s

このような点を含め、ヘミングウェイの
人生観は、彼の「名言」を集めた
下記の動画にもよく表れています。

これらのうちどれか気に入ったものを
感想文のダシに使うのも
いいんじゃないですか。




ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ