サクラさん
三島由紀夫の『金閣寺』
は実際にあった金閣放火
事件の犯人が主人公。

柏木という強烈なキャラ
の友人が出てきて、禅の
公案を議論したり…。

ハンサム 教授
その辺はフィクション。

事件の真相を追求する
より、自身の思想を表現
する器に使おうという
志向がはっきりしてる。

サクラさん
ともかくその公案
「南泉斬猫」で老師が
猫を斬ってしまうのが
許しがたいです(😾)

ハンサム 教授
三島自身も猫好きだった
そうですが、愛猫を殺す
ような過激な”行為”も
必要になる…

866c4d06c7079278d3cbad65b7a0fe38_s

『金閣寺』ではそれが
放火の決行であり、三島
自身の人生では自衛隊
乱入・切腹だったという
ことになるのかな。

サクラさん
どちらも感心でき
ません(😾)

ハンサム 教授
“認識者”にとどまるか、
“行為者”となるか。

この問いに三島の芸術が
賭けられていたといえる
のかもしれない。

サクラさん
ふ~む。わかったようで
わからない(😿)

ともかく私はあくまで
“認識者”の立場で感想文
を書くという”行為”に
挑んでみます。


Sponsored Links



というわけで、”感想文の書き方”第回は
文学史上文句なしの名作と認められながら、
難解との評判で読書感想文の素材としては
敬遠されがちな三島由紀夫の『金閣寺』
(1956)にあえて挑戦です!
  



とはいったものの、すでにお読みの方は
ご存知のとおり、これは三島の他作品、
『潮騒』はもちろん『仮面の告白』など
よりさらに難解のようで……

おっと、まだ読んでないし、
読み通せそうもない?

👉そういう人は、まずは
こちらの記事で「あらすじ」を
仕入れて下さいね。

金閣寺のあらすじを簡単に 三島由紀夫の名作は放火の話?

三島由紀夫 金閣寺の詳細なあらすじ:難解な柏木も読み解く

         




読書レポート例文(2000字程度)

それでは取りかかりましょう。

字数制限2000字(原稿用紙5枚)の感想文で
サクラさんが書いたものをハンサム教授の
添削指導で完成させたという設定の例文です。

読書感想文というよりは批評文と呼ぶべき
かもしれず、大学・大学院の読書レポート
としても十分に通用する内容と思われます。

まずはじっくりとご熟読を。

 三島由紀夫の最高傑作ともいわれる
『金閣寺』(1956)は、1950年の国宝・
金閣焼失事件に取材し、同寺(鹿苑寺)
の修行僧で大学生だった犯人が放火を
決行するまでの心の軌跡を描いた
小説である。

私がこれを読む気になったのは、この
事件に以前から興味があり、犯人の
動機など不可解な部分を解き明かして
くれるものと期待したからだった。


 そんな私は、全十章中の第七章の
末尾まで来て、「私」(溝口)が
「金閣を焼かねばならぬ」と考える
ところで面食らってしまった。

なぜ「焼かねばならぬ」のか、
全然理解できなかったからだ。

不可解さは小説を読了しても変ら
なかったし、事後は自殺するつもりで
決行した「私」が、山上で火を眺め、
煙草で一服して「生きよう」と思った
という最後の一行も腑に落ちなかった。
 
      

 なぜこんな”わからない”小説が傑作と
されるのかも私にはわからないのだが、
それでも「私」が「金閣を焼かねば
ならぬ」と考えるまでの経緯に色々と
謎めいた展開があって、それが小説を
面白くしているとは思う。

それらについて考えることを通して
「焼かねばならぬ」理由に迫って
いければと思う。


 主人公は僻地の貧しい寺の子で、
鹿苑寺に小僧として入って大学まで
行かせてもらうことになるのだが、
彼を預かる住職は豊富な観光収入で
祇園の芸妓と関係をもつ俗物ながら、
難解な公案について講話する老師
でもある。

1945年8月の終戦の夜に彼が話す
「南泉斬猫」(なんせんざんみょう)
は、この小説の展開の軸をなすとも
いえる重要なトピックだが、第三章
の記述によれば、こんな話だ。

    

 唐代の名僧、南泉の寺で総出で
草刈りに出た時、一匹の仔猫を
みなが追い回して、東西両堂の
争いになる。

それを見た南泉和尚、たちまち
仔猫の首をつかみ、 草刈り鎌を
かざしていわく、
「何か道(い)ってみよ。
道わないと猫を斬り捨てるぞ」

誰も答えないので、南泉は
仔猫を斬って捨てる。

日暮れになって高弟の趙州が
帰って来たので、南泉が事の
次第を述べて意見をただすと、
趙州ははいていた履(くつ)を
脱いで頭にのせて出て行く。

南泉、嘆じていわく
「ああ、おまえが居てくれたら、
猫の児(こ)も助かったものを」

Sponsored Links



 さて、何を「道う」(仏道に叶う
言葉を吐く)ことができれば猫は
救われたのか、あるいは履を頭に
のせた趙州の真意は何か。

それらを「道う」ことができれば、
この公案は「透過」したことになり、
修行者はさらに上の段階へ進むという
のが臨済宗のしきたりになっている
そうだが、私が第一に道いたいのは、
そのような言葉の上でのやり取りの
ために猫の命を奪うという行為自体、
仏道に反するのではないかという
ことである。


 愛猫家でもあった三島がこの公案を
持ち込んだこと自体に、禅界全体に
対するこの(猫側からする)抗議が
こめられていたのではないかとも
思うが、ともかくこの公案は、次章で
現れる柏木という悪魔的な友人との
間でも何度か話題に上る。

柏木によれば、その猫は「美の塊」
であり、東西両堂の争いになった
のは、「美は誰にでも身を委(まか)
せるが、誰のものでもない」から。

つまり「おのおのの認識のうちに
猫を獲(と)り」、眠らせようと
したのであり、南泉がその猫を
斬ったのは、「認識」に対する
「行為」の優越性を説いたもの
だという。

そのあとの趙州の滑稽な振る舞いに
ついて柏木の言うことは難解でよく
わからないが、私の解釈では、
要するに「認識」と「行為」の間に
優劣などなく、つねに変転していく
ものだ…という仏教的真理を道おうと
したものではないかと思う。

   

 こうして「南泉斬猫」の謎かけは
は「認識」と「行為」の対立という
主人公自身がその内部で苦しみ続けて
きた問題の分析ともなっていく。

そもそも彼は、金閣を初めて見た時
「美というものは、こんなに美しく
ないものだろうか」と失望しながら
(第一章)、やがてその「美」に
とらわれてゆくが、そのことは、
美の「認識」は「虫歯」のような
ものだという柏木の説(第六章)に
適合する。

つまり虫歯は「痛み、存在を主張する」
ものだが、耐えられず抜いてしまうと、
「こんなものだったのか?」と
虚しくなる。

美の「認識」もこれと同じだ
というのだ。

     
 結局、美もその「認識」も、各自の
主観と時間の流れに左右される相対的
なものであって、絶対ではない。

ならば、それを斬ってしまう「行為」
こそは絶対でありうるのではないか。

金閣を焼くという「私」の「行為」は、
猫を斬った南泉の「行為」にも、また
十数年後に自衛隊駐屯地に乱入し、
切腹した三島自身の「行為」にも似て、
絶対的なもの追求だったのだろう。

            

 が、結局そのあとで「生きよう」と
思うという結末は、履を頭にのせる
趙州という「南泉斬猫」の結末にも
似て、「行為」もまた絶対的では
ないと告げる結果になっている。

三島自身も切腹などという「行為」
で虚しい”絶対”を求めたりせず、
愛猫家としての生をまっとう
すればよかったのにと私は思う。
      (2000字ちょうど)

Sponsored Links




どうです?

なかなかよく書けていると
思いませんでした?

いややっぱりよくわからない、
そもそも禅の公案というものを
全然知らないし…
👉そういう場合はこちらの記事で
かなり詳しく情報提供して
いますので、覗いてみてください。

夢十夜 第二夜の意味は?ついに現前しない”無”について解説

夏目漱石 門の簡単なあらすじ 鎌倉参禅で宗助の得たものは?

          e36842a5f698ff620549bcf159170629_s


ともかく上記の例文、そのままコピペ
するのは厳禁ですが、ところどころ
つまみ食いして、自分らしい文章に
変えて使ってもらうのは
かまいません;^^💦

もっと短い字数で書く場合は
必要なさそうな部分を切り捨てて
スリム化してください。

逆にもっと字数がほしい場合は、
自分が思ったことや思いだした経験や
どんどん入れて膨らましていけば
いいわけです。


“悪友”柏木の魅力

さて、上記例文は公案「南泉斬猫」に
スポットを当てた感想文でしたが、
もちろんそのテーマにとらわれる
ことはありません。

トピックは種々多様、ワンサと埋め
込まれていますので、感想文・批評文の
ネタには事欠きません。

まずはしっかり読み込んで、自分に
突き刺さる問題をみつけることでしょう。

   


たとえば?

そうですねえ…。

『金閣寺』が強烈な魅力を放つ要因の
一つに、上記感想文でもふれている
主人公の友人、柏木の特異なキャラクター
があります。

吃音という障害に苦しんできた「私」
(溝口)は彼の「内翻足」という障害に
引き寄せられて接近しますが、柏木が
いきなり彼にぶつける言葉は
「吃れ!吃れ!」

柏木は「裏から人生に達する暗い
抜け道をはじめて教えてくれた友」
であり…

それは一見破滅へつきすすむ
ように見えながら、なお意外な
術数に富、卑劣さをそのまま
勇気に変え、われわれが悪徳と
呼んでいるものをふたたび
純粋なエネルギーに還元する、
一種の錬金術と呼んでもよかった。
        (第五章)


Sponsored Links



「私」を「人生」(この語にも特殊な
意味づけがなされていますが)に先導
するこの奇怪な「友」について、
自分なりの反応を書いて行くのも
面白いのではないでしょうか。
👉この男について
「メフィストフェレス的」とは
よく言われる評言です。

メフィストフェレスについては
ちらの記事で情報提供しています
ので、是非ご参照ください。

ゲーテ ファウストのあらすじ:名言「時よ止まれ」の意味は?

   Jesus Christ and Satan the Devil
     ファウストとメフィストフェレス


またこの柏木の「内翻足」を障害として
捉え、障碍者教育の問題と絡めるなど
すれば、ぐっと現代的になりますよね。


それから忘れてならないのが、その
柏木の導きでようやく接触した女性の
乳房が「金閣に変貌する」という
異様なエロティシズム(第六章)。

このあたりの妖しさ、倒錯的性愛は
『仮面の告白』『禁色』などLGBTの
問題を含む、危ない三島ワールドの
片鱗でもありますね。

👉それについてはこちらで。
三島由紀夫 仮面の告白のあらすじ:LGBT文学の先駆作を解説

        sebastin 3b8c6a8c-s


また三島文学のなかでは難解度が低く
エンターテインメントに近い作品
としては『潮騒』とか『命売ります』
とかもあります。

👉それらについてはこちらを。

三島由紀夫 潮騒のあらすじ 簡単/詳しいの2段階で解説

三島由紀夫 命売ります【解説+あらすじ】シュールな冒険小説

           bomb        


👉そのほか三島の本を早く安く手に入れたい
場合は、Amazonが便利です。
こちらから探してみてください((((((ノ゚⊿゚)ノ

☯三島由起夫の本:ラインナップ☯


Sponsored Links



まとめ

さあ、どうでしょう。

書けそうですか? 読書感想文。

上記の例文と、これだけの
情報があれば鬼に金棒。

書けないなんてことは、
もうありませんよね。

   

ん? 書けそうなテーマは浮かんで
きたけど、でもやっぱり感想文は
苦手で、具体的にどうやっていいのか
かわからない( ̄ヘ ̄)?

なるほど。

そういう人はまず、そもそも「感想文」
とはどういうもので、自分はなぜそれが
苦手(嫌い)なのかというところから
考え直してみましょう。
👉そういう人のための
お役立ち記事がこちら。

読書感想文 入賞のコツ4条⦅評価されるのは感想ではなく…何?⦆

          


👉また当ブログでは、三島以外にも
日本と世界の種々の文学作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


(Visited 759 times, 1 visits today)
Sponsored Links