夏目漱石 門の簡単なあらすじ 鎌倉参禅で宗助の得たものは?


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第48回にして「あらすじ」暴露
サービスとしては第25弾。

今回は国民的作家、夏目漱石の
『門』(1910)で参ります。




これは漱石作品のなかでも”いぶし銀”と
いいますか、かなり渋めで、派手な展開の
少ない小説ですので、若い人にはやや
取っつきにくい部類に入るでしょう。

スポンサーリンク




『それから』の”それから”

でも、『三四郞』(1908)『それから』(1909)
とこの『門』とで、三部作をなす
とされています。

ということは、『それから』の末尾で友人
から妻を奪った主人公が”それから”
どうなるのか……に興味をもった人には、
その続きとして読める形に
なっているんですね。

ですので、すこし我慢して読み進めれば、
だんだん面白くなってくるように
出来ているんです。

      022996

さて、一口に「あらすじ」を知りたいと
いっても、話の骨子だけでいいという
場合から、読書感想文あるいは小論文の
題材にするんだから分析・解説つきの
詳しいものが必要という場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ

「ごく簡単なあらすじ」と
「やや詳しいあらすじ」の
2ヴァージョンを用意しました。


で、今回は「ごく簡単なあらすじ」。

「やや詳しい」ヴァージョンの
「あらすじ」はこちらで。

門(夏目漱石)の詳細なあらすじ:登場人物に入り込んで解説




ごく簡単なあらすじ(要約


崖下の借家に住む京都帝大中退者、
野中宗助は、広島にいた時分に父に
死なれ、上京して叔父の佐伯に遺産の
整理と十歳下の弟、小六の養育を依頼。

その後、妻のお米と上京して
役所勤めを始めていたが、佐伯の
急死により、遺産がなくなっている
こと、小六も引き取らざるを
得ないことを知る。

      3b67e31325dc54a8421a3f26c02af2b9_s

借家の家主は坂井という気さくな
“高等遊民”で、ある夜、この家に
泥棒がはいったことを機縁に、
宗助は坂井家を訪問するようになる。

ある日、宗助がお米に、坂井家が
陽気なのは金だけでなく、子供が
いるからだと口にすると、お米は、
子供ができないことの苦悩を語る。

人に対して済まない事ををした
「その罪」のせいで子供は育たない
と易者にも宣告されたという。

  Puppy-s

「罪」とは、宗助と結ばれるに
あたって、その前に夫(または夫同然)
であった安井を棄てた経緯。


正月に坂井に呼ばれて話すうち、
モンゴルで活動する弟が明後日、
友達の「安井」をつれて来るが…
という言葉に宗助は衝撃を受ける。

思い悩む宗助は、やがて休暇を取り、
鎌倉円覚寺の門をくぐる。

    46991b2e88a80b96cc78d4c2961747c8_s

そこで「父母未生以前本来の面目」
について考えてみよと言われ、数日後、
老師の前で「ただ一句」(注)を
述べるが、「もっと、ぎろりとした所」を
持って来い、「その位な事は少し学問を
したものなら誰でも云える」と退けられる。


帰京して、役所通いの日常生活に戻り、
月が変わると昇級もあったので、
お米はご馳走を作る。

「本当に有難いわね。漸くの事春に
なって」というお米に「うん、然し
又じき冬になるよ」と宗助。

スポンサーリンク



宗助の吐いた「ただ一句」とは?

どうです?

え? なんだか要領を得ない?

うーん、まあ、やっぱりこれだけでは
わかりにくいですよね。

ですので、もう少し内容に入りたい
場合は「やや詳しいあらすじ」の方へ。

門(夏目漱石)の詳細なあらすじ:登場人物に入り込んで解説

   e36842a5f698ff620549bcf159170629_s


というわけで、今回はこれでおしまい……
と行きたいところですが、それでは
あまりに手抜き(=`(∞)´=)と叱られそう
ですから、感想文というより批評文、
小論文のテーマにもなりそうな問題に
入り込んでおきましょう。

上記「あらすじ」中、(注)をつけた
「ただ一句」についてです。

その「一句」がどういうものであったかは、
作品中には書かれていないのですが、
漱石自身の書いた別の文章のうちに、
それらしきものがあるんです。

すなわち漱石自身、28歳のころ鎌倉円覚寺に
参禅した経験があるのですが、その際、
漱石自身も宗助と同じく「父母未生以前
本来の面目」という公案をもらいました。

そして同じように見解(けんげ。回答)を
提示してやはり同じように「その位な事は
少し学問をしたものなら誰でも云える」
と退けられたんですね。

      

その回答の内容を漱石は、30代の英国
留学期以来書きためた『ノート』の
ある箇所に書き残しているのです。

物を離れて心なく心を離れて物なし
他に云ふべきことあるを見ず。

(『漱石全集』第21巻(1997),46ページ)


なるほど、哲学的には正しいかもですね。

「父母未生以前」(自分の両親が生まれる
前)には「心」(主観)はないんだから、
「本来の面目」(自分のもともとの顔)
という「物」(客観)もありようがない
(認知が成立しない)と……

まことにごもっともです。


でも「禅学」的にはダメなんですね、
これでは……( ̄∀ ̄)。

その経緯を『門』という小説に
書き著わしたことをどう見るか。

合理的に思考する者はついに
宗教の門に入っていけない……
等々、このへんが解釈のしどころ、
ということになるでしょう。

禅の公案というものについては
こちらもご参照ください。

夏目漱石 夢十夜 第六夜のあらすじと解説:運慶が生きている?

三島由紀夫 金閣寺の詳細なあらすじ:難解な柏木も読み解く

三島由紀夫 金閣寺で感想文:”悪友”柏木の「猫=虫歯=美」説?

      9ebc42e35a597c5eb1d6f27073798e6f_s



👉 書けますか、感想文?

どうでしょう。

書けそうでしょうか、読書感想文。

上の「哲学/禅学」的問題に絡んで
自分なりの思考法で突っ込むのもアリ
ですし、要するに書けそうなトピックを
見つければいいんですが、そのためには
やっぱり作品全文を読む、あるいはせめて
「やや詳しいあらすじ」の方を見てもらう
必要があるでしょうね。


また『門』は、これに先行する『三四郞』、
『それから』とで三部作ということに
なっていますが、この三作の連続性という
視点から読むと、どうなのか。

そのあたりを考えたい人は
ぜひこちらの記事も参照してください。

夏目漱石 三四郎のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説

漱石 三四郎で感想文:美禰子の愛は?”無意識の偽善者”とは?

           015449

漱石 三四郎:白い雲を見る二人の小津安二郎的ショット

漱石 それからのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説


『門』ばかりでなく漱石の作品を早く安く
手に入れたい場合は、Amazonが便利。

こちらから探してみてください。

■夏目漱石の本:Amazonラインナップ■

  ƒvƒŠƒ“ƒg



え? 書けそうなことは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、漱石ばかりでなく、
日本と世界の種々の文学作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 90 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ