門(夏目漱石)の詳細なあらすじ:登場人物に入り込んで解説

 


やあやあサイ象です。

「感想文の書き方」シリーズも
はや第49回にして
「あらすじ」暴露サービスとしては第26弾。

採り上げるのは前回に続いて、
夏目漱石の『門』(1910)。



前回が「ごく簡単なあらすじ」だった
のに対して、今回は
「やや詳しいあらすじ」となります。

Sponsored Links


その前回でも紹介しましたとおり、
この『門』という小説は、漱石作品中の
”いぶし銀”。

派手な展開には乏しいのですが、
『三四郞』(1908)『それから』(1909)とで
三部作だということになっています。

『それから』を読んだ人なら、友人から妻を
奪った主人公が”それから”どうなるのか……
という興味で読んでいくことも
できるんですね。

上記の「前回の記事」はこちら。
門(夏目漱石)の簡単なあらすじと”禅”をめぐる批評・感想




Ψ やや詳しいあらすじ

それではさっそく参りましょう。

いわゆる「読書感想文」ばかりでなく、
多少とも高度に「批評」的な小論文・
レポートに向けての使用にもたえる
「やや詳しいあらすじ」をどうぞ。

【起】(一~五)
役所勤めの野中宗助と妻のお米は、
日当たりの悪い崖下の借家に
住んでいる。

秋の日曜日、縁側で横たわる宗助と、
茶の間で裁縫するお米は、叔父に
先立たれた佐伯の叔母との交渉に
ついて、「行ってよく話を」するか、
手紙ですますか、などについて話す。


宗助は東京育ち、京都帝国大学を経て
広島、福岡と移り住んだ人間だが、
広島にいた時に父に死なれた。

この時、母もすでになく、長男であった
ため、上京してこの叔父に家屋敷や
骨董類の売却など諸事万端を依頼し、
同時に十歳下で当時十六歳の弟、小六も
学資千円とともに預けていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところが、家屋敷の売却代金などに
ついて報告もないまま叔父が急死し、
小六の今後などの諸問題が発生した。

もう学資は出せないと叔母が言っている
と小六から聞き、宗助は佐伯を訪ねる。

叔母いわく「売却で手許に残った金は
四千円以上あったが、それで購入した
神田の家屋が火事で焼けて無に帰した」

また言う。「宗助はあんな事をして
廃嫡(はいちゃく)に迄されかかった奴
だから、一文だって取る権利はない」
と叔父は言っていた……と。

その「あんな事」が何なのかは
この時点ではまだ謎。

同じような謎めいた伏線が
いくつか張られていきます。



【承】(六~十二)
結局、小六は佐伯の家から宗助宅へ
転居することに決まる。

彼の部屋を確保する必要から、宗助
夫婦は佐伯から持ち帰って場所を
取っていた父の遺産、酒井抱一の
屏風を売ることに決め、古道具屋と
数次の交渉の末、35円で売り払う。


毎月家賃を届けている崖上の家主は、
坂井という富裕で子だくさんの賑やかな
家だが、ある夜、ここに泥棒がはいって
宗助宅の庭に手文庫を落としていく。

それを届けたことから近づきになり、  031113
宗助は坂井家を訪問するようになる。

帝国大学を出ながら職に就かない
坂井は、漱石の小説によく出て
くるいわゆる「高等遊民」。

京都帝大にいたことのある宗助
とで互いに興味を持ち合っても
不思議はありません。
(大学出は希少な時代)

ある日、宗助は坂井の家に、宗助が
売り払った屏風があるのを見て驚く。

事情を話すと、坂井はこれは80円で
買った「掘り出し物」だ、そんなこと
なら、あなたから直接買えばよかった、
古道具屋のやつ「けしからん」と怒り、
これにより二人の親交が深まる。

Sponsored Links


【転】(十三~十六)
坂井家のことが夫婦の話題に上ることも
増え、宗助はある時、明るいのは金が
あるからだけじゃない、「子供さえ
あれば、大抵貧乏な家でも陽気になる
ものだ」と一般論として口にする。

これを重く受けたお米は、その夜、床に
ついてから、打ち明けて謝ろうと思い
ながら「貴方に御気の毒で」この日まで
言えなかったことを語り出す。


これまで三度妊娠しながら一人も
育たなかったが、三度目は妊娠中、
足を滑らせて尻餅をついたせいで、
自分が殺したのと同じだ(ドクロ)と
その罪を自責してきた。

易者に見てもらうと、   065623
「あなたは人に対して済まない事を
した覚がある。その罪が祟っている
から、子供は決して育たない」
と宣告された……と。

このエピソードをとっかかりに、
物語はおもむろに過去へと
さかのぼります。

京都帝大在学中、親しくしていた安井が
同棲し、「これは僕の妹だ」と宗助に
紹介した女がお米だった。

宗助とお米の間の「」は早春に始まり
初夏に終わった。

「大風は突然不用意の二人を吹き
倒し」、二人は家族、友人、一般社会
から、そして大学からも棄てられた。

」の経緯は詳述されません。

正月の三日には坂井に呼ばれ、
小六が遊びに行く。

七日に宗助が遊びに行って話すうち、
坂井の家には今、書生がいないので、
小六をよこしてはどうかと坂井が
提案し、宗助は喜ぶ。


が、そのあと、蒙古(モンゴル)で
「冒険者(アドベンチュアラー)」に
なっている弟がいて、当地での友達の
「安井とか」いう男と飯を食いに
来るから一緒にどうかと誘われる。

        現代モンゴルの遊牧風景   モンゴルdesert-751278_640

満州へ渡ったと聞く「安井」の名が
出たことに宗助は衝撃を受ける(叫び)。



【結】(十七~二十三)
帰宅して寝込んだ宗助は、安井の件を
お米に告げて「共に苦しみを分って
貰おう」とも思うが、勇気が出ず、
ごまかす。

不安感に苦しむ日が続き「心の実質が
太くなるもの」を求めて、「宗教」を
思ううち「坐禅」を思いつく。


禅学に関心のあるらしい同僚から
紹介状をもらい、お米には「少し脳が
悪いから」鎌倉へんで遊んでくると
告げて、鎌倉円覚寺の門をくぐる。

46991b2e88a80b96cc78d4c2961747c8_s

老師から「父母未生以前本来の面目」
という公案をもらい、これを考える
ように言われるが、考えても
いっこうにらちがあかない。

数日後、回答を用意して老師の室に
入り、「ただ一句」を述べるが、
「もっと、ぎろりとした所を持って
来なければ駄目だ」と退けられる。

この「ただ一句」がどういうもの
であったかは書かれていませんが、
そのヒントになるものは漱石自身の
『ノート』に書き残されています。

詳しくは「簡単なあらすじ」の方の
記事を参照してください。
夏目漱石 門の簡単なあらすじ:参禅での「ただ一句」とは?


「要するに、彼は門の下に立ち竦
(すく)んで、日の暮れるのを
待つべき不幸な人であった」

    鎌倉の路傍に……  8d74416cfcdd6ae5f066d074dfb5dc62_s

収穫なく東京へ戻り、
役所へ通う日常が再開される。

春、役所の人員整理の対象から宗助は
まぬがれ、昇級もあったので、
お米はご馳走を用意する。

「本当に有難いわね。漸くの事春に
なって」というお米に「うん、然し
又じき冬になるよ」と宗助。



Ψ まとめ

さあ、どうでしょう?

批評や感想を書くのに使えそうな、
いろんなポイントが見えてきましたよね。


書き方の王道は、自分が宗助なら、
お米なら、と登場人物に入り込んで
考えてゆくことですよね。

でも、そういう主流からはズズッと
ズラした傍流的な行き方もあるわけです。

91f71e3435a9fab2e719246196b86c10_s

たとえば、宗助は東京・京都・広島・福岡・
鎌倉とずいぶんよく移動する人間ですが、
このことの意味(なぜそう設定されたか)を
考えてみるとか、

宗助夫婦の意思疎通が完全ではない
(夫が参禅に行ったことをお米は知らない
ことなど)ことをどう見るか、とか……。


また『門』は、これに先行する『三四郞』、
『それから』とで三部作ということに
なっていますが、この三作の連続性という
視点から読むと、どうなのか。

そのあたりを考えたい人は
ぜひこちらの記事も参照してください。
夏目漱石 三四郎のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
漱石 三四郎で感想文:美禰子の愛は?”無意識の偽善者”とは?
漱石 三四郎:白い雲を見る二人の小津安二郎的ショット
漱石 それからのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説

              015449


『門』ばかりでなく、漱石の作品を
早く安く手に入れたい場合は、Amazonが便利。

こちらから探してみてください。

夏目漱石の本:Amazonラインナップ
    ƒvƒŠƒ“ƒg


え? 書けそうなことは浮かんできたけど、
でも具体的に、どう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、漱石ばかりでなく、
日本と世界の種々の文学作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ