サクラさん
太宰治の『人間失格』
で読書感想文を書こう
と思うんですが、
どう書いたものか…

ハンサム 教授
読んでいて気に
かかったことは?

サクラさん
主人公はなぜあんなに
次々と女性にモテて
しまうのか…

映画の生田斗真さん
ほどのイケメンなら
わからないでもない
ですが、太宰って
それほどじゃ…(😹)

ハンサム 教授
何を言うんです、
男は顔じゃない!




サクラさん
顔じゃなきゃ、
何なんですか!

ハンサム 教授
“口”…じゃないかな;^^💦

葉蔵の口からは女性を
メロメロにしてしまう
言葉が、考えないでも
スルッと出てしまうん
でしょう。

サクラさん
ああ、そんな感じ
ですよね。

そういう人は世渡りも
上手かと思ったら、
これが全然ダメで
「人間失格」と…

ハンサム 教授
ええ。そこは矛盾の
ようにも感じますよね。

その矛盾に食らいつく
ことができれば、
素晴らしい感想文に
なるはずですよ。
 

Sponsored Links



というわけで、”感想文の書き方”第3回は、
太宰治の代表作『人間失格』(1948)です。
   👇  



「読書感想文」の場合ばかりでなく、
「読書レポート」として、より高度で
論理的なものを要求されている場合にも
通用する文章の書き方を考えていきますよ~。


オオーッと、『人間失格』をまだ
ちゃんと読んでいない?

👉そういう人はこちらで、ストーリーを
確認しておいてくださいね。

太宰治 人間失格のあらすじ:生田斗真主演映画の原作をネタバレありで

         



それよりまずは生田斗真さんの”イケメン”
葉蔵を拝みたい?

映画『人間失格』(荒戸源次郎監督。2010)の
予告編ならこちらでどうぞ。👇






2000字の読書感想文/読書レポート

はい、ストーリーが確認できましたら、
さっそく感想文に取り組みましょう。

まずはハンサム教授が「字数制限2000字」
(400字詰め原稿用紙5枚)の場合を
想定して高校生向けに試作した感想文を
お読みください。

 『人間失格』は、まだ27歳ながら
「狂人」として精神病院に入れられた
男が半生を語った三冊の手記から成る
小説で、これが作者の「はしがき」と
「あとがき」に挟まれる形になっている。

男の名は大庭葉蔵で、本文中「人間失格」
という語句は出てこないけれども、
このタイトルが主人公の葉蔵を指して
いわれていることは明らかだ。

ところが「あとがき」の結びには、
手記を作者に見せたマダムの
「葉ちゃんは……神様みたいないい子
でした」という最大級の誉め言葉が
置かれており、この締め方からすれば、
作者が葉蔵について本気で「人間失格」
と断罪しているのでないこともまた
自明だろう。

    

 ところで「人間」の語が個人としての
ヒトを指すようになったのは江戸時代
からで、もとは文字通り「人と人の間」、
つまり「世間」と「社会」とかの意味
だった(『日本国語大辞典』)。

この視点から言い換えれば、葉蔵個人は
「神様みたいないい子」だけれども、
「人と人の間」での生き方において
「失格」だった、という風に作者は
葉蔵を提示したいのだろうと思う。


 幼児期の葉蔵は、周囲の人の感情の
「性質、程度が、まるで見当つかない」
ことの「不安と恐怖」から、「道化」で
つねに人を笑わしておくという虚構的な
処世術を発明し、これに熟達していった
のだという(「第一の手記」)。

このようにして人工的に構築された
パーソナリティと持ち前の美貌により、
中学校進学のため家を出て以来、葉蔵は
行く先々で女性に愛されてしまう。

たとえばある女性から「私を本当の姉
だと思ってくれていいわ」と言われると、
葉蔵は「そのキザに身震いしながら、
自分は、『そのつもりでいるんです』と、
愁(うれ)えを含んだ微笑の表情を作って
答え」るなどして、じきに深い仲に
なってしまうのだ(「第二の手記」)。

    

のちの述懐によると、彼は「ひとの暗示に
実にもろくひっかかるたち」で、たとえば
「このお金は使っちゃいけないよ、
と言っても、お前の事だものなあ、
なんて言われると、なんだか使わないと
悪いような、期待にそむくような、へんな
錯覚が起って、必ずすぐにそのお金を
使ってしまう」人であり(「第三の手記」)、
女性に対してもこの「たち」が働いて
しまうのだとも考えられる。


 このあたりを読んで私が少々不思議に
思うのは、彼の特異なパーソナリティの
根本的な成因として、他人の感情の
「性質、程度が、まるで見当つかない」
…ということがあったはずなのに、
こういう場合の葉蔵はずいぶん的確に
相手の感情について「見当」をつけて
いるではないか、ということである。

そもそも考えてみると、「道化」で
人を笑わせ続けるということも、
その時々の相手の感情について
「見当」をつけられない人間には
不可能なことではないだろうか。

      

 ここに葉蔵というキャラクターの
不自然さ、人工性があると私は思う。

葉蔵が作者の太宰治自身をモデルとした
造形であることは間違いないだろうが、
葉蔵の「道化」的な性格が周囲の人々への
「不安や恐怖」から生まれたとする部分は
太宰本人の事実とは違うように思うのだ。

実際、初期の短編小説「黄金風景」などに
に描かれた少年期の太宰は別に「道化」
などせず、平気で女中をいじめたり
していたのである。

太宰自身に「道化」的傾向があったとしても、
それはおそらく他人への「恐怖」にもとづく
という病的なものではなかっただろう。

Sponsored Links



 『人間失格』にはそのほかにもいくつか
理解しきれない部分があったが、それらは
いずれも、このような虚構部分と太宰
自身の生の声とが矛盾をきたすことに
よっているように思える。

たとえば友人の堀木に「お前の、
女道楽もこのへんでよすんだね。
これ以上は、世間が、ゆるさないからな」
と難詰された葉蔵が、こういう人の
言う「世間」は要するにその人自身の
ことではないかと気づく経緯
(「第三の手記」)。

その時「世間とは個人じゃないかという、
思想めいたものをもつようになり」、
それ以来「多少、自分の意志で動く事が
出来るようになりました」というのだが、
なぜそうなるのか、私にはこの部分が
実はよくわからない。

 

 ただここも、「世間」とは「人と人の間」
であり、すなわち「人間」という語の
本来の意味もそれだった、という日本語の
歴史を踏まえることで解けてくるのかも
しれない。

つまり「世間」はつまるところ「人間」
だということを、たいていの日本人は
無意識のうちに学んでいるのだが、
葉蔵のような特異な人物はこの時まで
それを解せず、「何しろ、強く、きびしく、
こわいもの」と一個の妖怪ででもある
かのように実体化してきていた。

その迷妄がようやく解けて、世の中の
実態が見えてきたことで「自分の意志」
ももてるようになったのだ、と。

つまりはやっと大人になりかけていた
矢先に事が起こって、精神病院に入れ
られてしまうという展開がこれによって
いっそう悲劇的に見えてくるわけで、
これもおそらく作家的技巧の一環
なのである。
          (1995字)

Sponsored Links



どうです?

さすが教授…ではないですか?;^^💦。

内容は読書感想文より「読書レポート」
の方により適しているかもしれませんし、
レベル的にも、大学・大学院でも通用
するところまで行ってるんじゃないかと
思います。


…ということもあり、いずれにせよ
言うまでもないことですが、これを
このまま丸コピ(まるまるコピペ/丸写し)
して提出するのは厳禁ですよ(👿)
(絶対バレますし)

なので、使うなら部分的に”つまみぐい”
して、自分の文章に書き直すように
してくださいね。

それでうまくまとめられれば、場合に
よっては激賞されて、文学部へ行けとか、
学者になれとか色々言われて
しまうかもしれませんよ~;^^💦




生まれて、すみません

もちろん、『人間失格』で書く読書感想文、
読書レポートのネタとしては、上記の
例文のようなもの以外にも色々と
考えられます。

たとえば「人間失格」というタイトルは
太宰治の代名詞のようにもなっている
わけですが、これが英訳ではどうなって
いるかと言いますと…

No Longer Human (もはや人間でない)
というんですから、なかなか
ドキッとさせます。




この「人間失格」と並んでやはり太宰の
代名詞のように目されているのが、
生まれて、すみません。ですね。

これがどこから来ているかと言いますと
初期作品「二十世紀旗手」(1937)の
副題に掲げられている文句なんです。



ともかく、これら「すみません、失格
云々の言葉を繰り出すことの背後には
生まれて、すみません」とまで
思わせてしまう「世間」(その実態は個人
であるところの)への精一杯の反抗、面当て、
抗議といったものが貼りついています。

そのような意味での「世間」への反逆
こそが太宰文学全般の動力というか
エネルギーになっていたのでしょう。

Sponsored Links




もしあなたが、「世間」に対して
なんらかの違和感をもつ人なのであれば、
あなたの感想文にとって、太宰文学は
格好のステップボードになるはずです。

『人間失格』以外にも適当な作品を
見つけて、是非トライしてください。

👉太宰のほかの作品をめぐっては、
こちらで情報提供していますので、
ぜひ参照してください。

斜陽(太宰治)のあらすじと感想◎簡単/詳しくの2段階で解説

斜陽(太宰治)の感想文を簡単に【800字の例文つき】

太宰治おすすめ作品「カチカチ山」💛名言《惚れたが悪いか》

  

太宰治 走れメロスのあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説

太宰治 走れメロスで感想文:人質や王の心理を考えよう

人間失格から河童へ:太宰の芥川”愛”で連想の感想文を書こう

太宰治 津軽のあらすじと感想文:タケ母子との心の交流を…

👉太宰の本を早く安く
手に入れたいという場合は、
Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。


😢太宰治の本:ラインナップ😢




😢 まとめ

さあ、これでもうバッチリですよね。

『人間失格』に関しては、読書感想文
だろうと読書レポートだろうと、
何でも来いだ!…

   

ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

👉当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 855 times, 3 visits today)
Sponsored Links