カフカ 城のあらすじ【ネタバレ】 🏰 “もてる男”Kをどう解釈?

 


やあやあサイ象です。

おなじみの「感想文の書き方」シリーズも
大台を超えて第151回。

「あらすじ」暴露サービスとしても
いよいよ大台間近の第99弾です((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links


「カウントダウン:あと」の今回は、
これも「あと1」(?)あたりで未完に
終わった、あのフランツ・カフカの
あまりにも名高い長編小説『城』
(1922)に挑戦で~す!




さて、一口に「あらすじ」を、といっても、
話の骨子だけでいいという場合から、
読書感想文を書くんだから、ある程度
詳しく解説つきで……という場合まで、
千差万別でしょう。

そこで出血大サービス((((((ノ゚⊿゚)ノ


「ごく簡単なあらすじ」と徹底的
ネタバレありの「詳しいあらすじ」!

2ヴァージョンを用意しましたよ~(^^)у



👉 ごく簡単なあらすじ

まずはぎゅっと要約した
「ごく簡単」ヴァージョンのあらすじ。

雪深い村に到着したよそ者の測量士、
Kが、それから約1週間にわたり、
村人や村を統括する役所である
「城」との間で悪戦苦闘する。

「あなたの助手です」と現れた2人組や、
城の伝令だというバルナバスとその姉妹
(オルガとアマーリア)など多くの人物と
関わりながら、城の権力者らしいクラムの
愛人フリーダと関係し、婚約する。

    castle-832543_960_720

現在、測量士は不要だからと学校の小使を
任命されて、フリーダと助手たちとともに
学校に住み込む。

クラムに会おうと活動し、バルナバスの
家を訪ね、Kに好意をもつオルガから
一家の来歴の長話を聞いたりするうちに、
フリーダと助手の1人が関係を作る。

フリーダの後釜に採用された経緯から
Kを「英雄」と仰ぐペピーに会い、
長い話を聞く。


え? これじゃ全然わからん?

ハハハ、それはそうでしょうね。

なにしろ文庫本なら600ページを
超える大長編、しかもなかなか難解
かつ複雑に入り組む話をギュッと
縮めているんですから…;^_^A


というわけで、もっとしっかりとこの
物語の世界に入って、この小説のスゴさを
理解したいという人には、以下の
「やや詳しいあらすじ」を読んでもらう
ことがどうしても必要になります。

   kafka
   フランツ・カフカ

原作は25の草稿をカフカ死後、友人の
マックス・ブロートが並べて構成された
全25章から成っていますが、ここでは
読みやすさをおもんぱかり、これを
私の判断で「起」「承」「転」そして
結?」の4部に分けて見ました。

結?」はもちろん、ほんとに「結」
部分といえるかどうか定かでないわけ
ですが、種々の伏線が回収されて
「まとめ」の段階に入っている感じが
濃厚に漂ってはいますね。



👉 詳しいあらすじ

では、参りましょう。

「  」内と「”」のついたグレーの囲みは、
原文(上記”白水ブックス”。翻訳は池内紀)
からの引用です。


【起】(1~4)
雪深い村に夜おそくたどり着いたKは、
「橋亭」という居酒屋兼宿屋に入る。

もう部屋はないが、食堂の暖炉の
前なら寝てもいいと言われ、
ワラ袋を敷いた上で寝入る。

城の執事の息子だという男、
シュヴァルツァーが来てKを起こし、
村はヴェストヴェスト伯爵城の所領で、
泊まるには許可が必要だと言う。

Kは自分は伯爵に呼ばれた「測量士」で
明日にも助手が道具を運んで来ると
告げ、シュヴァルツァーは疑うものの、
電話で城へ問い合わせ、それを認める。

finland-321648_640

翌朝、城を目指して歩いていくが、
城への道を見つけることができない。

学校の教師や、皮なめし屋のラーゼマン、
アルトゥーア、イェレミアスの2人組ら
との奇妙な出会いをするうち日も暮れ、
馭者のゲルステッカーのソリで宿屋に戻る。

軍隊式の敬礼でKを迎えたのは
アルトゥーアとイェーレミアスの
二人組で「あなたの助手です」と言う。


城に入れてもらうには許可がいると
助手たちが言うので、城の執事に電話し
いつ向かえばよいかと問うと、いつでも
ダメ、「来なくていい」という返答。

そこに城の「使いの者」だという
バルナバスが現れて、Kに手紙を渡す。

局長のクラムの署名入りの手紙で、
Kの直接の上官は村長だというもの。

この「クラム」という人物が
中心に位置しながら、最後まで
(作品が完成されていたとしても
おそらく)登場することはない
というところにこの小説のミソが
ありそうです。

原綴”Klamm”でカフカのよく知る
(父の母語)チェコ語の”klam”
(幻想の意)から来るらしい。

ついでにいうと、”kafka”は
チェコ語で「カラス」。


城に連れて行かれることを期待して、
バルナバスと連れ立って宿を出た
Kだが、着いたのはバルナバスの
小屋のような貧しい家。

家には病気らしい両親と二人の大柄な
姉妹がいて、より穏やかそうなオルガが
ビールを取りに近くの「貴紳荘」へ
行ってくるというので、Kは自分も
行くと言って家を出る。

「貴紳荘」は城の役人も泊まる宿屋で、
今まさにクラムが滞在しているという。


その酒場で給仕をしていた小柄な
ブロンドの娘、フリーダに見つめられ、
Kは「自分がかかわっている問題が
解決されたような気がした」。

    waitress  file0001693948363

フリーダはクラムに会いたいのなら、
こちらから覗けると「のぞき穴」へ
導かれ、Kはクラムの姿を垣間見る。


Kが測量士だと知っていたフリーダは、
「橋亭」の厩舎手伝いから「貴紳荘」の
女給に出世し、今はクラムの愛人だと
自らの来歴を語る。

「クラムを捨てて、わたしの愛人に
なるべきです」と言うKに、
「いつ話せるでしょう?」とフリーダ。

フリーダが鞭を鳴らし、    126133    
「クラムの名において〔中略〕
全員、家畜小屋へもどれ」と叫ぶと、
客たちはみな退散する。

Kとフリーダは、カウンターの下を
転がりながら激しく求め合う。


二人は翌日「橋亭」に移り住み、
結婚の意志を告げると、女将は
了解はしながら、「幸福と不幸が
ドッといちどにきた」フリーダに
ついて長々といやみらしく話す。

「クラムはわたしのことなど何とも
思っていない」とフリーダ。
私たちが出くわしたのも「クラムの
しわざだとわたしは思っています」。


【承】(5~14)
Kは助手たちを連れて村長を訪ね、
クラムの手紙を見せる。

村長は妻のミッツィとKの助手に
それに関する書類を山積した書類の
中から探させながら、長々と話す。

       Paper-Stack

測量士が必要とされたのは遠い以前の
ことで、書類の行き違いなどで時間が
経過した今では必要性はもうない
ということらしい。

あなたは城とクラムについてまだ
「無知」なのだと要領を得ない
説明を延々と聞かされるばかり。


宿屋に戻ると、今度は女将から、
20年前は自分もクラムの愛人だった
ことなどについて長話。


2階には到着初日に出会った小学校教師が
いて、測量士でなく学校の小使として
Kを雇用するという村長の意向を伝える。

拒絶したものの、フリーダが来て、
クラムとの関係でKを橋亭に置けなく
なったと女将が言っている、小使の
仕事は私がするからと説得し、
二人は学校へ移り住む。

a62060aa2db9421893e44b01d75ba95a_s

クラムとの接触を求めて貴紳荘へ行くと、
フリーダの後釜に入ったペピーや女将、
「クラム付きの村の秘書」モムスに会う。

クラムに行きつく唯一の道はこの
秘書の調書を通してだと女将は言うが、
モムスに尋ねると、「クラムはまるきり
読まないのです」という。


バルナバスが届けたクラムの手紙:
「これまでなされた測量を承知している。
助手達の働きもなかなかのものだ。…」


教室で薪をたいて眠り、目覚めると
横にフリーダでなく助手が寝ていたので、
殴りとばすと泣き出す。

小学生たちとともに例の教師と、
猫を抱いた女教師のギーザが登校して
来て、小使の仕事ぶりを難じてKの
手の甲を猫に掻かせ、流血させる。

          ネコとバラ ダウンロード

一同が出ていくと、Kは助手たちに、
「クビだ」と叫んで寒空へ追い出す。

が、フリーダはあの二人の目には
「クラムの眼差し」があって「彼らに
きつくあたると、それできっとクラムは
あなたを拒む」とも考えられると言う。


そこへ小学生のハンス・
ブルンスヴィックが来て、
味方になりたいと申し出る。

自分の父は有力な靴屋で、貧しい
バルナバスの父に仕事を分けてやって
いる、病弱な母は「城の出身」だなど語る。

大きくなったら「Kのような人に
なりたい」。もちろん小使にではなく、
「いつか、とてつもない遠い将来には、
すべての人を超えている」、の遠さと
「誇り高い進展」に惹かれるから、と。


ハンスが出ていくと、フリーダは、
Kはクラムとの取引に使おうという
計算で自分を引きとめているだけ
なのではないか、という女将から
吹き込まれた疑念をぶつける。

それは私を憎む女将の、君を取り戻す
ための画策だから信じるなとK。

Sponsored Links




【転】(15~20)
午後、校庭の雪かきを終えてから、
バルナバスの家へ行く。

疲れ果てた様子のアマーリアと話し、
フリーダとの婚約にふれると、それを
オルガが知れば悲しむだろう、
「Kが好きらしいから」と言う。


そこへ入って来たオルガの長い話…
バルナバスはまだテスト中かもしれず、
城の中まで入れてもらえてはいない。

クラムの姿について村人の言うところは
微妙に違い、「村の秘書」モムスこそが
クラムの正体だと言い張る者もいる。

三年前には父も元気で我が家も
立派な市民だったが、ある事件から
「家族への呪いがはじまった」。


役人のソルティーニがアマーリアに
懸想して「すぐに来い」という手紙を
よこしたが、行かなかったこと。

似たような経緯はフリーダとクラムの
間にも、はじめはあったけれど。

「女というものは役人を愛さないで
いられない。〔中略〕
どんなに否定しても、すでに前から
役人を愛しているの」
          紳士 vintage-1060202_640

一件以来、村八分に近い状態で零落し、
屋敷はブルンスヴィック家に渡った。

私たちはアマーリアを裏切って城への
哀願を続け、貴紳荘の召使いたちに
乞食のように取り入って、やっとのこと
バルナバスを「使者の仕事」に就かせた。

心打たれたKは「自分の意志とかかわり
なく、この家族と結ばれている気がして」
いると告げ、オルガの手を握りしめる。


通りに出ると、助手のイェレミアスがいて、
「アルトゥーアは辞任した。
オルガなどのところへ出かけるという
あなたの裏切りをフリーダはとても
悲しんでいる」などと言う。


【結?】(21~25)
フリーダとは幼なじみのイェレミアス、
「あなたのもとから離れるようにして
くれと、何度もたのまれていたんだ」
と言う。

そこへバルナバスが来てクラムの秘書、
エアランガーが貴紳荘でKに会うと
言っていると伝えたので、直行する。


未明4時ごろ、エアランガーの部屋と
思って入ると、別の秘書のビュルゲルが
眠りから覚めて、役人たちの世界に
ついて長話を始めるが、Kは
うとうとしてしまう。

そこへエアランガーが現れ、フリーダを
「酒場にもどす」とのみ伝えて去る。


主人と女将に連れられて橋亭へ戻って
眠り、目覚めるとペピーが来て話す。
フリーダをかっさらって私の出世を
実現させたKは、女を解放
してくれる英雄だ。

superman-s

クラムの愛人になってはじめて
フリーダは「とびきりの美人」に
なったが、やがて「スキャンダルを
つくろうと心を決め」ていた
ところへ現れたのがK。

やがてクラムなしにはすべて
無意味だと思い知り、Kから
逃れるために助手を利用したのだ。

      299aeb06773230c29644be27078ea5e9_s

Kは納得せず、そのあと女将と口論
しているところへ馭者のゲルステッカーが
現れ、学校の小使はやめて自分のところへ
来るようにと言い、強引に連れて行く。

ゲルステッカーの家でその母親が
語り出す。(ここで中断)


👉 解説:どう解釈するか

さあ、いかがでした?

これでもうOKですよね、
感想文だろうが、なんだろうが。


え?やっぱりなんかよくわからん…
だから感想も書けない?

うーん、まあそうかもしれません。

とりあえずミヒャエル・ハネケ監督の
オーストリア映画『城』(1997)を
見てみるというのも一法でしょう。
 (DVD ⇩) 


これがまた、ちょっと驚くほど原作に
忠実な作りになっていて、ラストも
原作どおりの”ぶつ切れ”で、ご丁寧にも
「ここでカフカの草稿は中断されている」
なんて字幕が出るほど。

ただ、もちろん600ページもの小説を
2時間にまとめる以上、場面や台詞の
取捨選択をしないわけにはいかず、
そこに当然のことながら、映画作家の
「解釈」が表現されることになります。


それで見ると、ハネケ監督の「解釈」は
Kとフリーダの間の愛を主軸と
するもののようですね。

       face-66317_960_720

このフリーダの心変わりはいかにも
早いので、Kへの思いの”本気度”も
原作ではかなり微妙で、どちらともとれる
(そこが面白い!)わけですが、そこを
沈鬱な表情の女優さんを使うことで、
ぐっと”本気”の側に傾けた感があります。

思えばフリーダは助手の幼なじみだった
わけですから、もっと若くていいところを
あえてあの女優(スーザン・ロタール?)を
抜擢したのは、その演技力をよほど
買ってのことなんでしょう。


👉 事実というものはない?

つまりフリーダはKに本気で惚れている
ようにも見えるわけですが、それは
クラムから逃れる手段にすぎず、もともと
幼なじみの助手が好き(その”本気度”も
微妙だが)とオルガやペピーは見ています。

そのオルガの語ることも、Kへの思いを
含めて真摯で誠実のように聞こえますが、
フリーダやペピーに言わせれば嘘っぱち。


そしてもちろんペピーの言説も説得的の
ようでありながら、オルガやフリーダの
観点からすれば、全然信用できない……

こうしてすべての登場人物について、その
性格なりアイデンティティなりの確定性が
崩され、相対化していくわけです。

group-413973_960_720

そういう見方をすると、この『城』という小説、
ニーチェのいわゆる「事実という
ものはない。あるのは解釈だけだ
」という
名言を地で行って見せたもの…という
読み方も可能になってくるんですね。

この名言をはじめとして、
ニーチェという人の面白さに
ついては、こちらを
参照してください。


ニーチェ:人生の名言「復讐と恋愛にかけては女は男より野蛮」
芥川龍之介 河童で感想文:生まれたくないという名言からニーチェへ
タトゥー(刺青)を入れて後悔しないには?ニーチェ先生に聞く
嫌われる勇気 まとめと感想:アドラー心理学の源流にニーチェ?
マンガ・ドラマCD『ニーチェ先生』をもしニーチェが読んだら

       ニーチェ ダウンロード


そして「事実というものはない」という思想が
作品の主題として据えられていると
見るならば、Kを含むほとんど登場人物が
振り回されている「クラム」はどうなのか。

中心にいながら誰にも直視されることの
ないこの人物こそ、それこそチェコ語での
意味のとおり、人々の「解釈」から成る
「幻想」にすぎず、「事実」として
存在するわけではない、ということにも
なるでしょう。


Ψ 漱石『明暗』に似てしまった…

う~ん、それにしても…

と漱石ファンなら唸ってしまう
かもしれませんね。

カフカの『城』って、漱石の『明暗』に
いろんな面でよく似ているなあ…と。


『明暗』はご存じの通り、大正五年
(1916)、すなわち『城』のわずか
6年前に漱石の急死により中断された
『城』と同じく未完の長編小説なんですが、
もちろん互いに影響関係はありません。

ただ、主要登場人物のうち特に女性
(お延、お秀、吉川夫人など)がかなり
長く話し続け、かつその内容がけっこう
知的で理屈っぽいこと。

またその話によって、それ以前に別の
人物によって語られていた事件や人物に
ついて別の角度からの認識が示される
ことで、「事実」と思われていたものが
「解釈」にすぎないことがどんどん
暴かれていく…という作品の構造……。

夏目漱石をめぐっては
多くの記事を書いていますが、
総論的なものとしては
こちらを御覧ください。


漱石の名言でたどる恋愛💛『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.

           墓地に猫afb818443238ddfef544f7417caafc20_s


う~む、プラハと東京という辺境の
大都市にいた二人の作家は、期せずして
同じような志を抱いて大長編に取り組み、
同じように命をすり減らしてしまったのか。

そういう事態が発生したのは、もちろん
偶然とは言い切れないわけで、二人が
共通に吸収していた偉大な先輩作家たちを
挙げていくことも、たぶん可能でしょう。


その一人として、まず指を屈したいのが
ロシアの文豪、ドストエフスキーですね。

登場人物が長々と話し、話しているうちに
事態がどんどん進行して、気がつけば
ほんの数日のうちに大きなドラマが
展開している…という小説の作り方での
先輩として、まずこの人が浮かびます。

ドストエフスキーに
ついては、こちらを
参照してください。

ドストエフスキー 罪と罰のあらすじ:簡単版と【詳細版 前編】
ドストエフスキー 罪と罰のあらすじ【詳細版 後編】と感想文

        snakeball sp_ouro_jimmy




Ψ まとめ

さあ、これだけ情報提供すれば、
もうOKですよね。

感想文だろうが、レポートだろうが。

そうそう、作者カフカその人について
もっと知ろうとするのも当然の志向。

カフカといえば、最も有名なのはやはり
あの不思議な短篇、『変身』ですね。

『変身』と『城』との類似点を洗い出して
いくというのも、とても面白い着眼です。

『変身』をめぐってはこちらを。
カフカ 変身のあらすじ:簡単/詳しくの2段階で解説
カフカの変身をどう解釈?「兄=虫を介護する妹」で感想文?
         
  spiderman 14192805523z57p      



ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。

当ブログでは、日本と世界の
種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
どうぞこちらからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ