サクラさん
“嫌われる勇気”が
ほしくてこの本を読んで
みたんですが、やっぱり
勇気が湧きません。

ハンサム 教授
ハハハ、飲めばすぐ効く
特効薬のようなハウツー
本ではありません
からね;^^💦

サクラさん
なら、どういう本?

ハンサム 教授
気持ちよく生きるための
“自由”に案内してくれる
本…といえるかな。

サクラさん
あ~(😿)私はややこしい
人間関係に絡めとられて
いて、”自由”からはほど
遠い心境です。

ハンサム 教授
自分はこういう人間だ
という”自分の物語”を
過去や成育歴から勝手に
作っちゃってません?



そういう”物語”からの
自由・解放を目指して
いるんだと思いますよ。

この自由が得られれば、
人に”嫌われる勇気”も
おのずと湧いてくると。

サクラさん
そうなんだ~(🐱)

そういう読み方をすれば
感想文も書けそうですね。


Sponsored Links



というわけで、おなじみ”感想文の書き方”
シリーズ第249回は、2013年の刊行以来
すでに150万部近くを売り上げているという
驚異の”自己啓発本”『嫌われる勇気
――自己啓発の源流「アドラー」の教え』
(岸見一郎・古賀史健共著)について。
👇




“読書レポート”寄り 1500字の例文

さて、ではさっそく参りましょう。

読書感想文の素材にこれを選ぶという
以上、小説を読んでのものでよくやる
ような「あらすじ+感想」という形では
できない…
ということは先刻ご承知でしょうね。


では、どうやるか。

「感想」を書くにしても「内容」をしっかり
押さえてあることが前提になってきます。

その意味で読書感想文よりは”読書レポート”
に近いものを狙うのがよいかもしれません。

    

“読書レポート”がどういうものかもまた
学校や先生により求めるものが違って
きますが、ともかくまずは感想文の場合より
さらに突っ込んだ内容の報告(すなわち
レポート/report)が期待されている
ことはたしかでしょうね。

そこで今回は感想文よりは”読書レポート”
寄りの文章を「1500字程度」という設定で
ハンサム教授に試作をお願いしましたので、
まずはじっくりとお読みください。

もちろんこれを”読書感想文”に応用
してもらってかまわないわけです;^^💦


 『嫌われる勇気』を読んでみる気に
なったのは、自分自身「周りの人に
嫌われているのではないか」と恐れる
気持ちがあり、これをなんとか克服
したいと思っていたからだ。

通読して思ったのは、「嫌われる勇気」
というこの題名は少々、羊頭狗肉で、
メイン・テーマをはずしているのでは
ないかということだった。

では何がメインなのかといえば、嫌われ
ているという恐れを含め、あらゆる
不幸は対人関係において「課題の分離」が
できていないことから来ている、だから
それを克服すれば解決するというのが、
アドラーの個人心理学の主張だと思う。

  Child-s
  これって「俺の課題」なのかな?

 つまり私を嫌うかどうかは「他者の
課題」であって「自分の課題」ではない。

そこを見きわめて、しっかりと「分離」
すれば、嫌われることも平気になる。

そこで必要になってくるのが「嫌われる
勇気」だ、という論理になる。


 そんな「勇気」が簡単に持てるなら
苦労はしないと言いたくなるが、そういう
人は「承認欲求」に囚われたままで
「課題の分離」ができていなのだ、
という話だ。

ああそうなのか、と私はここで重大な
ことに気づかされる思いがした。

たとえば俳優の高倉健さんは、成長し
俳優として大成してもなお、母親に
「褒められたくて、ただ、それだけで
〔中略〕三十数年駆け続けて」こられた
そうである(『あなたに褒められたくて』)。

    母子84194

まさに「承認欲求」に駆られた人生
だったわけだが、こういう欲求から
自由にならなければ幸福はない、
と説くのがこの本なのだ。

高倉さんはたしかに成功され、富も
獲得されたのだろうけれど、あまり
幸福そうには見えなかったのは
こういう生き方のせいだったのでは
ないだろうか(地顔や役柄からそう
見えるだけかもしれないが)。


 とはいえ、「承認欲求」は子どもの
心に自然に発生するもので、これを
否定したら、育児や教育自体も成り立た
なくなってしまうのではないかとも
思えるのだが、この部分にあえて
突っ込むところに、アドラー心理学の
すごみがあるように思った。

なにしろそれは「褒める」こと、
あるいは他者の行いを「評価」
すること自体を否定するのだ。

Sponsored Links



 ここがこの本の核心だと思う
のだが、私なりにまとめると、
こういう主張になる。

1.他者(自分の子どもを含め)を
「褒める(評価する)」のは、上位に
ある者が下位の者に対してすること
であり、それによって下位の者は
「承認欲求」をかきたてられ、
「縦の関係」が強化されてしまう。

2.そういう「縦の関係」こそが
不幸のみなもとであるから、
「課題の分離」の考え方でこれを
断ち切って「横の関係」を築いて
いくのがよい。

3.そのためには他者の行為は
「褒める」のでなく、「感謝」する
のがよい。なぜなら人は「感謝」
された時、「他者への貢献ができた。
自分は共同体にとって有益なのだ」
と知り、自身の「価値」を実感
するからだ。

4.自身の「価値」を実感できて
はじめて、人は生きる「勇気」
(嫌われる勇気を含め)をもつ
ことができる。


 たしかにそうだと私は思った。

このような形で合理的に「縦の関係」
を離れ、「横の関係」で生きていく
ことができれば、「嫌われているの
ではないか」という年来の悩みも
克服…というより、気にならなく
なるのではないか、という気が
してきたのである。

 Sheep-Kittens-s
 「横の関係」がいいニャン

ただ、これは相手のある話で、
自分だけ変わってもどうにも
ならない部分が大きいとも思う。

伝統的に「縦の関係」が強く、
個人主義が否定的に見られ
がちな日本では、特に困難な
部分が多いのではないだろうか。


 読みながら、将来、アドラー
心理学をきちんと学んでみたい
という意欲も湧いてきたのだが、
もしそれができるなら、そういった
日本独自の文化的な問題も考え
合わせていきたいと考えている。
         (1498字)

Sponsored Links



どうです?

なかなかうまくまとめてあるでしょう。

これをそのままコピペすることは
もちろん厳禁ですが、適宜、自分らしい
ものに文章を変えて使ってもらうのは
かまいませんよ~;^^💦


もっと短い字数で要求されている
場合は、自分にとって関係の薄い
部分を切り捨てるなどして、
スリム化してください。

逆にもっと字数がほしい場合は、
自分が問題にしたい部分にさらに
突っ込んで、内容を膨らまして
いけばいいわけです。


ほかの論点は?

さて、すでにおわかりと思いますが、
こういう理論的な本で書く感想文や
読書レポートの場合、まず(自分に
とって)重要なポイントを的確に
押さえることが大切です。

『嫌われる勇気』の場合、ハンサム教授
には上記のような点が最も重要のように
思われたわけですが、あなたも同じ
ように読んだとはかぎりませんよね。

ですからもちろん、上記レポートとは
まったく違うところに目を付けた
感想文・レポートを書いていく
ことも十分に可能です。

そこで、書けるかもしれない論点を
いくつか挙げて、問題を整理して
おきましょう。



人生を線でなく”点の連鎖”と見よ

たとえば上記の感想文に出てきた高倉健
さんは、母親に「褒められたい」という
一念だけで「三十数年駆け続けて」来た…
と自らの人生を振り返っていました。

こういう風に思う時、高倉さんはおそらく
「人生」を一つの「線」のように思い
描いているのでしょうね。


いやこれは、高倉さんのように「承認欲求」
に駆り立てられていたか否かにはかかわり
なく、人生を一つの「物語」のように
とらえている人(ということは、ほとんど
すべての人?)に共有される感覚でしょう。

アドラー心理学のラディカル(過激/根本的)
さは、こういう人生観そのものまで
疑問視していくところにあります。

    

オギャーと生まれて始まった「線」が
「大小さまざまなカーヴを描きながら
頂点に達し、やがて死という終点を迎える」
という発想は、人生の大半を「途上」と
見なすことだ、という批判です。

「途上」だと感じているかぎり、幸福は
ないが、それは「いま、ここ」が充実して
いないから。

これを充実させるには、人生は「線」で
なく「点の連続」、「連続する刹那」だ
という風に意識を変えていく必要が
あるというのです。


このあたりの議論に興味をひかれる人は
ぜひ「第五章 人生について」を
読み返すことで、自分なりの感想文を
検討してみてください。

Sponsored Links




トラウマは”人生の嘘”

人生を一つの「線=物語」のように見る
ことへのアドラーの拒否は、心理の問題を
過去の経験の「物語」として読み解こうと
するフロイトの精神分析へのアンチテーゼ
(反論)でもありました。

心理学の両巨頭の決別の焦点はこのあたりに
あったわけで、現在の不幸の原因を過去に
探る「トラウマ」や「劣等コンプレックス」
などフロイト流の「原因論」的な考え方を
アドラーは徹底的に批判します。

   Tigers-Digital-Art-s
   俺はトラウマでできている。


「本来はなんの因果関係もないところに、
あたかも重大な因果関係があるかのように
物語化し、自分を納得させてしまう」のは
「見かけの因果律」を口実として「人生の
タスク」を回避しようとすること。

アドラーはそれを「人生の嘘」と呼びます。


微妙な問題ですね。

「嘘」であっても、その「物語」に納得
することで安心=幸福を得ている人も
世の中には沢山いらっしゃるようにも
思えますしね…。


ともかくこのあたりの問題に絡んで
自分なりの意見・感想を述べてみようと
思った人は、「第二章 すべての悩みは
人間関係」から「第三章 承認欲求について」
にかけて、じっくりと読みなおしてもらうと
いいと思います。



ニーチェから受け継いだもの

こうして、人生を「線」的な「物語」の
ようにとらえる見方へのアドラーの
徹底的な批判につきあっていくと、
彼がニーチェから強い影響を受けたと
いわれることにも納得がいきます。

ニーチェいわく、

厳密に同一の環境も正反対に
解釈
され利用される。

事実というものはない
のである。     
  (『権力への意志』原佑訳、70節)


たとえば自分は虐待など「幼児期の
トラウマのせいで引きこもりになったんだ」
と「認識」している人がいるとしますね。

  

その人の「認識」はすでに「解釈
であって「事実」ではない…
というのがニーチェの繰り返し説いたところ。

人生の「物語」化に安んじることは、解釈
すぎないものを事実と信じ込む…
という「人生の嘘」にどっぷり浸かること。

アドラーのこの洞察の源流をたどれば、
おそらくニーチェに行きつくのです。

👉ニーチェの哲学に興味
ある人はこちらもどうぞ。

ニーチェ ツァラトゥストラは読みやすい 😹笑って読める訳は?

ニーチェ:人生の名言「復讐と恋愛にかけては女は男より野蛮」

      

マンガ・ドラマCD『ニーチェ先生』をもしニーチェが読んだら

👉そうそう、それから高倉健。
ニーチェよりこの人のことに
興味をひかれたという人は
こちらもご参照ください。

刺青を入れて後悔しない男とは?高倉健さん?入れてませんけど…

    唐獅子牡丹Fotolia_49261778_XS


Sponsored Links




まとめ

さあ、これでもう情報じゅうぶん。

いつでも書きだせますよね、
『嫌われる勇気』の読書感想文
または読書レポート。



ん? 書きたいことは浮かんで来たけど、
さて、具体的にどうやっていけばいいか、
まだイメージがわかない( ̄ヘ ̄)?

それでしたら、色々な素材で書かれた
例文をたくさん見ていくに越した
ことはありません。

👉たとえば、これらの記事の
うちの例文のどれかにあなたに
フィットするものがあるかも
しれません。

ぜひ覗いてみてください。

夜と霧 あらすじと感想文/レポートの書き方【2000字の例文つき】

君たちはどう生きるか 読書感想文の例【1200字/高校生用】

       

人間失格で読書感想文【高校生用2000字の例文】伝えたいことは?

オセロ(シェイクスピア)で読書感想文【1600字の例文つき】

それから(漱石)で感想文【読書レポート2000字の例】愛の言葉は…
      


これらのほか、多種多様な本について
当ブログでは「あらすじ」や「感想文の
書き方」を情報提供しています。

あなたの参考になるものが必ずあると
思いますので、こちらのリストから
お探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 398 times, 5 visits today)
Sponsored Links