サクラさん
『ダークナイト』三部作
で名高いクリストファー
・ノーラン監督が初めて
挑んだ戦争映画
『ダンケルク』(2017)。

バットマンのような
スーパーヒーローが
大暴れするのかと
思いきや…

ハンサム 教授
そういう作品ではあり
ませんでしたね;^^💦


Sponsored Links

サクラさん
ヒーローっぽいのは
戦闘機パイロットの
トム・ハーディぐらい
ですが、ずっとマスク
をつけて操縦している
ので、このタフガイが
顔と全身を見せるのは
ラストの一瞬だけ。



もったいなくない
ですか(😻) ❓

ハンサム 教授
「秘すれば花なり」と
いうやつで、そこが
またいい。

派手な戦闘や流血など
なしに人々の心の奥の
動きを淡々と描いた、
むしろ静かな戦争映画
ですね。

サクラさん
音自体は結構大きくて
うるさいですけどね(😹)

それと、なんだか進展が
ややこしくて、場面が
あっちこっちに飛んで、
時系列の理解が混乱する
ようなところも…

ハンサム 教授
陸・海・空、3つの
空間での長さも異なる
時間内の諸場面を交錯
させるという凝った
編集がなされているので
コトの起こった順に
出てくる普通の映画とは
まったく違いますね。

サクラさん
「つまらない」という
評価もありますが、
そのあたりの難解さが
原因かもしれません。

複雑に絡んだストーリー
ラインを解きほぐして
解説していただけ
ませんか?

ハンサム 教授
よろしい。
やってみましょう。



さてさて、おなじみ”あらすじ暴露”
サービスも今回でなんと第204弾!

感想文の書き方シリーズ総計では
287回となります。

今回の素材は今を時めくクリストファー
・ノーラン監督の初の戦争映画、
アカデミー賞では編集賞、録音賞、
音響編集賞に輝いた『ダンケルク』
(2017, Dunkirk 👇)です((((((ノ゚🐽゚)ノ

 
  ⦅広告⦆DVD:クリックすると楽天市場へ  

実は同じタイトル(Dunkirk)のイギリス映画が
これ以前に少なくとも2つあるのですが
(邦題は『激戦ダンケルク』[1958]と
『ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の
10日間』[2004])、新作『ダンケルク』は
イギリス・フランス・オランダ・アメリカの
合作で、しかも監督はヒット・メーカーの
ノーランとあって、世界の注目度は圧倒的。

はじめに【ネタバレなし】の「簡単な
あらすじ」を紹介し、その上で、
お望みの方だけに、【完全ネタバレ】
の「かなり詳しいあらすじ」をお届け
して参ります。

内容は以下の通り。


Sponsored Links

簡単なあらすじ
(ネタバレなし)


1940年、ナチス・ドイツから敗走し
フランスの港町ダンケルクへと
追い詰められた連合国軍。

その40万人もの将兵を対岸の
ドーヴァーへと一挙に渡航させるべく
イギリス政府は民間船の出動を
呼びかけ、これを戦闘機などで
援護するという国民総動員の
「ダイナモ作戦」に打って出る。

   
  『君たちは包囲されている』(ドイツ軍が
    ダンケルク上空から撒いたビラ。
    写真出典:
     Pinterest)



この「ダンケルク救出」(Dunkirk
Evacuation)の完遂の日に向けて
スパン(期間)の異なる3つの時間軸:

➊【ダンケルク陸上での1週間
➋【ドーヴァーからダンケルクに
向かうある遊覧船の1日
➌【ドーヴァー海峡上空で戦う
戦闘機の1時間


での出来事が交錯しながら(したがって
必ずしも起こった順序通りにでなく)
描かれていく…。

はい、いかがでしょう。

「ここまででもう沢山」とおっしゃる
読者さんとはここでお別れということに
なりますが、いやいやこれではなんにも
わからない、もっと詳しく内容に入って
もらわなきゃ…

というわけで「かなり詳しいあらすじ」の
幕開けですが、その前に予告編を
ご覧になるのも一興でしょう。 👇



やはりよくわからん?;^^💦

物語自体は欧米人(特にイギリス人には)
にはよく知られた歴史的事実で、結末も
大体わかっているわけですね。

なので、それをどういうストーリー
ラインで構成するかに、新作映画の
真価が問われることにもなるでしょう。

ノーラン監督がそこをどう突破したかと
いえば、それが上記「簡単なあらすじ」で
見ていただいた斬新な編集によって
だったということになります。

つまり➊➋➌すなわち陸・海・空という
異なる空間での【1週間】【1日】【1時間】
と長短の異なる時間内での出来事を小刻みに
スイッチしながらつないで、ラストで
合流させるという、あっと驚く斬新な構成。

『メメント』(2000)や『インセプション』
(2010)で観客を(愉快に?)混乱させてきた
ノーランらしい凝りようですが、他方では
この凝りようが「つまらない」などの不評の
一要因になっていることも否定できません。

そこで、この複雑に編集された時間構造を
わかりやすく解きほぐした親切な
TouTube動画なども登場しています。
👉 Dunkirk – Christopher Nolan’s Storytelling

その1ショットがこれ。


⦅『ダンケルク』:タイムサスペンスの構造⦆


つまりこの図の上・中・下3本の線が示す
陸・海上・空の3つのストーリーラインが
“Act1″とか”Act2″とかの演劇用語(訳せば
第一幕、第二幕…)で示され、互いに独立に
(とはいえ観客の意識では絡み合いながら)
進行し、やがて一つに合流する地点が
クライマックスを構成する…
という仕組みを説明しているのですね。

Sponsored Links

かなり詳しいあらすじ
(完全ネタバレ)

さて、その「詳しいあらすじ」ですが、
上記のような特異な編集になっている
以上て、映画で描かれる順序通りに
記述すれば、それこそゴチャゴチャで
ワケがわからなくなる可能性大です。

そこで今回は場面継起の順にではなく、
上記「簡単なあらすじ」の➊➋➌──
陸・海・空での【1週間】【1日】【1時間】
──を分離して1個づつ記述し、ラスト
(クライマックス)で合流させるという
方法を取りたいと思います。

またところどころ👉印の注釈を
入れていますが、不要と思われる
場合は飛ばしてください。

【陸】一週間の経過

ドイツ軍の追撃から命からがら逃走して
ダンケルクの防波堤に辿り着いた
若いイギリス兵、トミー(フィン・
ホワイトヘッド)。

そこには救出の船を待つ40万人の
連合国兵士の行列が。


ダンケルクの浜辺で救出を待つ将兵(写真出典:GALE)


防波堤で話し合う指揮官、ボルトン
海軍中佐(ケネス・ブラナー)と
ウィナント陸軍大佐の不安と希望。


トミーは砂浜で人を砂で埋めていた
ギブソンから無言のまま水をもらい、
アレックス(ハリー・スタイルズ)らと
ともに、なんとか海軍の船に乗り込む。

船中で支給されたパンを食べ、安堵
したのも束の間、船はドイツ軍の
魚雷攻撃で浸水。

救命ボートに助けを求めるも、ボートは
定員オーバーで乗船を拒否され、
トミーらは再びダンケルクへ漂着。


ドイツ軍進撃の予感に怯えながら
茫然と砂浜に座り込むトミーたち。

やがて砂浜の外れにオランダ人の民間船が
乗り上げているのに気づいたトミーらは
多数の兵士とともに乗り込んで満潮の
時刻を待つ。

   
   ⦅広告⦆ポスター:クリックするとAmazonへ      

が、突然船外から何発もの銃撃を受け、
オランダ人船長は死亡。

アレックスは一言も発しないギブソンを
ドイツ軍のスパイと疑い、外に出ろと
迫るが、トミーにかばわれたこの兵士は
実はフランス兵で、ギブソンという名の
イギリス兵の服を着ていたと明かす。


満潮となり、船は動き出したものの、
何発もの銃弾を浴びた船は浸水で沈没。

トミーとアレックスはなんとか海中に
逃げたものの、ギブソンは逃げ遅れ
船とともに海底へ。

その後、トミーらを救助したイギリス軍の
掃海艇もまた爆撃を受け沈没し、
兵士らは重油まみれの海へ。

Sponsored Links

【海】一日の経過

チャーチル首相による「ダイナモ作戦」
の呼びかけに応じた数多い民間船の
一つ、遊覧船ムーンストーン号の
ドーソン船長(マーク・ライランス)は
息子のピーター(トム・グリン=カーニー)
と二人での出航準備中。

それを手伝っていた友人のジョージが
「僕も乗せてください。役に立ちます」
と志願し、3人で出航。

海上で、破壊された船の一部に乗っていた
英国将校(キリアン・マーフィ)を救助
するが、それはトミーらの救命ボートへの
乗船を拒否した男だった。
(トミーらにとっては拒否された災いが
転じて福となる形)

  
   ダンケルクへ向かうイギリス民間船の数々。
    (写真出典:Cowes Harbour Commission)



ドーソンが航海の目的を告げると、
将校は英国に戻れと強引に主張して
舵取りを妨害。

もみ合いの中でジョージが倒されて
後頭部に重傷を負い、やがて失明。


頭上を飛行するイギリス空軍戦闘機
スピットファイア3機を感慨深げに
見上げるドーソン。

ピーターと話した将校は、空軍の
パイロットだった兄がすでに
戦死していたことを知る。

やがて海上に浮くスピットファイア
機を発見し、若手パイロットの
コリンズを救出。

煙と炎に包まれたダンケルクに
向かい、ムーンストーン号は
航行を続ける。

Sponsored Links

【空】一時間の経過

ドーバーからダンケルクに向かう
スピットファイアの3機連隊。

海上でドイツ機メッサーシュミットとの
銃撃戦となり、撃墜に成功したものの、
隊長機は撃墜されたのか、音信不通。

残った2機のうち、年長のファリア
(トム・ハーディ)の機体は燃料計が故障し、
ファリアは若いコリンズが無線で知らせる
燃料計の数字に頼り、帰路の燃料も計算に
入れての飛行を続ける。

   
    スピットファイア vs. メッサーシュミットの
     空中戦(画像出典:Goodfon.com)



その後の戦闘で激しい攻撃を受けた
コリンズの機体は落下して海上へ。

1機でもダンケルクへとそのまま飛行した
ファリアは、やがて戦闘機からの爆撃で
沈没寸前の掃海艇(トミーらの乗船した船)
を発見。

ファリアは燃料が底をついていることを
知りつつ、ドイツ機の撃墜に奮闘。

ついに浜辺に不時着して機体を爆破し、
ドイツ兵に捕縛される。

Sponsored Links

【故国へ】クライマックス

ドイツ軍の猛攻の中、防波堤に
立ち続けていたボルトン中佐の
視界に何隻もの民間船が…。

「故国だ」と中佐はつぶやく。


ムーンストーン号では
船室でジョージが死亡。

彼を押し倒した将校はピーターに
「彼は大丈夫か」と尋ね、ピーターは
「ええ」(Yes)と嘘を言う。

その光景を見守った父は息子に
小さくうなずいてみせる。


ムーンストーン号を含む民間船が
続々と到着し、ドイツ軍の空襲で
燃え上った戦艦を逃れたトミーらは
救助船になんとか乗り込む。


(ギブソンのような外国兵も含め)
連合国軍のほぼ全員が乗船し、
海峡を渡る。

ドーバーに到着し、新聞を見たトミーは
「撤退に成功しても戦争には勝てない」
というチャーチル首相のスピーチを読み、
聞いていたアレックスは敗残兵への
非難を予期して暗い気持ちに。

が、ドーバーから列車に乗る彼らには
集った市民が笑顔で祝福し、パンや
ビールを配布する。

   
     (画像出典:Wikimedia Commons)


「ただ生き残っただけなのに」と顔を
曇らすアレックスに「それで十分だ」
と、事もなげにパンを渡す老人。


ピーターはジョージについての情報を
地元の新聞社に持ち込み、やがて
新聞には、救出作戦の英雄として
ジョージを讃える記事が写真入りで
掲載される。

Sponsored Links



静かな感動、印象派の傑作

さて、いかがでした?

映画をすでにご覧の方はご存じの通り、
この作品、戦争映画でありながら
血を見ることがほとんどないのですね。

唯一の例外は、遊覧船内で倒れた
ジョージの頭の包帯に滲んだ血だった
のではないでしょうか。

これもまたまったく例外的なことで、
戦争映画だからと刺激的な残虐シーンや
バットマン並みのスーパーアクションを
期待した人が「つまらない」とガッカリ
したのも想像に難くありません。


その上、すでにふれた複雑で難解な
構成の問題もあると来ては、この映画に
寄せられる評価が賞賛ばかりでないことは
容易に推察されるところでしょう。

その評価の内実、日本と海外(主に英語圏)
でのレビューの傾向の違いなどについては
別記事(👇)をご参照いただきたいのですが、

ダンケルク(映画)の評価は?海外でも「つまらない」の声がもっぱら?

          
           (画像出典:IMDb)

実に様々な評言がなされている中で、
ここでは一つだけ、ある批評家の
「印象派の傑作」(impressionist
masterpiece)だというコメントを
紹介しておきましょう。
👉 The Hollywood Reprter

トッド・マッカーシーのこの表現は
まことに的を射たもので、つまり印象派の
絵画を見て「なんじゃこりゃ」としか
感じない人には、『ダンケルク』をラスト
まで見守るのはむしろ苦痛かもしれません。

   
   印象派を切り拓いた絵画:
    クロード・モネの『印象、日の出』



でも、たとえばモネが目の前の事物
そのものよりむしろそれについての「印象」
から構成していったこの作品に、なんらかの
美を感じ取る人であれば、ノーランの
「印象」から構成された『ダンケルク』の
世界にちりばめられた美を大いに
楽しめるはずなのです。
👉「印象」と「編集」に凝りに凝る
芸術派監督クリストファー・ノーランが
挑んだSF大作が『インセプション』
(2010)。

その内容ややはり複雑な構成、そして
評価・評判をめぐってはこちらで
詳しく情報提供していますので、
是非ご参照ください。

インセプション(映画)のあらすじを簡単に【 &詳しくネタバレ解説】

           


インセプション(映画)の評価!海外でも絶賛だけ?不評のポイントは?

インセプション(映画)はパプリカのパクリ?着想源には全く別の小説が?

           


まとめ

さて、いかがでしょう。

バットマンのとんでもないスケールでの
戦闘を描いてきたノーラン監督が
初めて挑んだ戦争映画は、意外にも
静かな作品でした。


いや音響自体は大きく、実際の戦場より
うるさいぐらいだという元兵士の声も
あるようですが、そういう意味ではなく、
人の心を静かに追う、印象派絵画さえ
思わせる戦争映画がこの『ダンケルク』
なのです。
👉『ダンケルク』に先行する戦争映画の
うち、特色あるものやその原作を
めぐって、あらすじや背景などの
情報提供を書き溜めています。

こちらもどうぞご覧ください。

シンドラーのリストのあらすじ⦅ネタバレなし⦆&⦅あり⦆で詳しく紹介

夜と霧 あらすじと感想文/レポートの書き方【2000字の例文つき】

    

大岡昇平 野火のあらすじ 映画原作小説を簡単/詳しくの2段階で

キャバレー(映画)のあらすじ ミュージカルを超える名作だ!

          

夏の庭(湯本香樹実) のあらすじ 簡単/詳しくの2段階で解説

戦場のメリークリスマス⦅映画&原作⦆のあらすじと主題//”影”って何?

                   
 
さて、これだけの情報があれば
もうバッチリですよね。

誰かさんにちょいと知ったかぶりを
してやろうかという場合も、
あるいは感想文やレポートを書こうか
という場合も…。


ん? 書けそうなことは浮かんで
きたけど、具体的にどう進めていいか
わからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、ぜひこちらを
ご覧くださいね。
👉当ブログでは、日本と世界の
文学や映画の作品について
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

(Visited 100 times, 1 visits today)