卍(小説)のネタバレ 谷崎潤一郎が大阪弁で描くややこしい愛の世界

サクラさん
谷崎潤一郎の『卍(まんじ)』,
開いてみると字がびっしりで
ほとんど空白なし。メッチャ
読みづらそうですけど(😹)

ハンサム 教授
しかもそれがコテコテの
の大阪弁の女言葉でウネ
ウネと(いや、大阪の人
には失礼;^^💦)続く。

でもいったんその特異な
物語に引き入れられると、
ぐいぐい引きずられて
興奮こそすれ退屈は
しませんよ。

サクラさん
なるほど。で、タイトルの
「卍」とは?

ハンサム 教授
四人の男女が絡み合う…
しかも異性愛・同性愛入り
乱れて…という変則的な
愛の世界をこの文字の形に
象徴させているのかな。




サクラさん
オオ~(😺)それは読まない
わけにいきませんね(😻)


スポンサーリンク



というわけで、今回でついに第153弾と
なります”あらすじ”暴露サービス!
(感想文の書き方シリーズ第228回)

採り上げるのは文豪谷崎潤一郎、
前期の超問題作『卍』(1928)!



映画化は1964年の増村保造監督作品
(若尾文子・岸田今日子主演 👇)を
皮切りに1983年、1998年、2006年と
4度も制作されてきた名作です。



いや実は1985年には舞台をナチス時代の
ベルリンに移してドイツ・イタリア合作
『卍/ベルリン・アフェア』(リリアナ・
カヴァーニ監督)も撮られていますので、
これを含めると5度になります。

ちなみにこの国際映画で原作の「徳光光子」
に当たる魔性の女を演じているのは
高樹澪さんでした。


さて原作小説の方ですが、文字ばかりぎっしり
ですし、しかもいきなり大阪弁で始まって、
それが連綿とどこまでも…というシロモノ。

サクラさんでなくても二の足を踏むかもしれ
ませんが、いったん入り込めば、これほど
妖艶で奇態(けったい)でしかも奥深い
恋愛小説はまたとありません。

食わず嫌いはもったいないですよ~(😻)


というわけで、ややこしい小説は苦手だと
いう人のために、主要登場人物4人の
関係図を作っておきました。

はじめに見てしまうと完全なネタバレになるわけ
ですが、それでもかまわないという人は、
これを頭に入れてストーリーを追って
いただくと「わけがわからん」という
ことにはならないはずです。

つまり「異性愛+同性愛」の三角関係が物語の
軸になるのですが、前半の黄色い三角形が
いつの間にか崩壊して、別個の赤い三角形が
浮上するというのが後半のどんでん返しになる
わけなんですね;^^💦


ともかく主な登場人物はこの4人。

物語は2つの三角形の絡みで進展しますが、
その経緯全体を語る視点人物となるのが
柿内園子で、彼女が「先生」と呼ぶ小説家に
洗いざらい事件の経緯を語ってゆく…
というのが小説の設定です。

この「先生」が時折カッコ書きで挟んでいく
「作者註」が物語のアクセントにもなって
いるのですが、開幕早々「その一」に出る
「註」から、読者は以下の2点を知らされます。


  1. 園子はすでに「未亡人」である。

  2. 夫の死去に絡んで「異常なる経験」をした。




簡単(とはいえやや詳しい)あらすじ

さて、それは一体いかなる「異常なる経験」で
どのようにして夫を喪ったのか、園子さんの
話を聞いていきましょう。

原作は「その一」から「その三十三」まで
園子の話が続くのですが、ここではそれらを
「起承転結」の4部に分け、それぞれの部の
初めの●CHECK!に各部のごく簡単な
概要を置いています。

また「あらすじ」中に挟んでいる
💭CHECK!印の注釈は、わかりにくい
部分などへの補足説明。

その中には、この時点では園子に見えて
いなかったけれども後になって「実は○○
だった」とわかる…という類のポイントを
先走りでネタバラシ📢してしまうものも
含まれてきます。

なので、そういうのは興ざめだ、知りたく
ないと思う人は飛ばしてくださいね。


なお「 」内は上記文庫本からの引用で、
あて姉ちゃんと此処で…」のような太字
原文では傍点の振られている部分です。



【起】(その一~その八)

園子と光子の恋愛が始まり、
孝太郎との夫婦関係が
悪化する経緯が描かれます。


富裕な商家の娘で、学者肌の弁護士
柿内孝太郎と「婿を取るのも同様に」
結婚した若奥様、園子は大阪・天王寺の
「女子技芸学校」で日本画を習っていた。

そこの生徒で船場の羅紗(らしゃ)問屋の
お嬢様、徳光光子は美女として有名で、
園子はまだ面識さえないにもかかわらず、
自分の描いている観音が光子に似てしまう。

   

教室に来た校長がそのことを指摘して笑い、
議論になってしまったせいで、「わたしが
光子さんに同性愛捧げてる」という噂が広まる。

光子と少しづつ話すようになった四月のある日、
「わたしたち陥れようとしてる者いますから」
などと言い出すので、昼食を一緒しながら話すと、
それは校長先生その人で、光子の縁談に絡んで
市会議員に買収されているのだという。

ここで校長のからかいの
“裏”(背後のたくらみ)が暴露
されるわけですが、光子の
この発言にもまた”裏”のある
ことが後になってわかります。

このように後段で”裏”が明らかに
なり、さらに後段でその”裏”にも
“裏”があったりする…
という仕掛けがかなり錯綜
しているんですね。

またこの光子が自分より一歳年下で
生きておられたら今年二十四です
ねん」という園子の語りから、
光子もまた例の「異常なる経験」に
関与して命を落としたのであろう
ことが示唆されます。


観音の絵が完成したので夫に見せると、
大いに感じ入って表具屋で仕立てて
もらったらどうかという。

光子にそう告げると、それなら「もう一ぺん
画き直して見(め)えへん?」「体のつき
ちょっとだけ違うよってなあ」などと言うので、
「そんなら一ぺんあんたのはだかの恰好
(かっこ)見せて欲しいなあ」と頼むと
「かめへんわ」と二つ返事で承知。

     

翌日の午後、光子は柿内家の一室で裸に
なり、あまりの美しさに落涙した園子が
抱きつくと、光子も泣いて二人は愛し合う。


二人は恋文らしき手紙をやり取りするように
なり、光子は「ハズさん」(柿内孝太郎)への
嫉妬心を伝えていく。

園子はそれに応えて夫を嫌うようになって
夫婦仲は悪化し、お前のは「変態性欲や」
「あんたこそ頭古いねん」と罵りあう。

夫はしまいに灰皿を投げつけ、光子とだけは
交際してくれるなと懇願するが、園子は
「イヤや」とあらゆる束縛を拒絶。

スポンサーリンク





【承】(その九~その十五)

光子が綿貫という男とも
恋愛していると知って嘆く園子は
孝太郎との関係を修復しますが、
光子の妊娠を装った騒ぎから
彼女への愛も再燃します。


光子は柿内家に入り浸り始め、食事も
二階で一緒にとり、それに夫も加わって
三人で食べることも多くなった。

6月3日、夕方5時まで遊んで帰った光子から
9時すぎに電話があり、ミナミの笠屋町の
料理屋で入浴中に着物を盗まれたので、
着物とお金2~30円を届けてほしいと哀願。


女中の「お梅どん」と二人で話しながら行き、
やっとその店を見つけて入っていくと、
27~8歳の「女のような綺麗な」男が出てきて
畳に頭を擦りつけて詫びてから、
「綿貫栄次郎」と名のる。

綿貫の言うには、自分と光子とは前年末から
愛し合っていて結婚の約束もしていた。

ところが光子に縁談が来て、それは
「同性愛の噂」で破談になったので、
まずよかった。

が、光子は今度はあなたを本気で愛するように
なり、「同じ恋愛でも同性の愛と異性の愛とは
まるきり性質違うよって」というので、
両立させていくことで合意していた。

    


今日は二人で脱衣して休んでいたところへ、
突然、賭博の検挙があり、そのどさくさで
ある夫婦が私らの着物を奪って変装したが、
そのままつかまって警察へ連行された…。

この時点では事実そのまま
としか思えない綿貫の話ですが、
実はこれも”裏”のある作り話。

綿貫が(したがって彼と連携
する光子も)したたかな
クセモノであることが
やがて見えてきます。


光子に裏切られた悔しさを抱えて帰宅
すると、夫にやさしく抱きしめられて号泣。

「一生この人の愛に縋(すが)ろう」という
気になり、これまでの経緯をすべて話す。


夏になると、家へ来た光子から堕胎の責任者
(立会人)になってほしいと懇願され、
話すうちに光子は顔が青くなって
「出る出る」の騒ぎになる。

園子は対応しながら「みんな狂言や」と
知って欺されており、「光子さんかて私が
欺されてる振りしてるのん見抜いてながら、
何処までもずうずうしゅう芝居して」
いたのだけれど、「結局私は、見す見す
光子さんの仕掛けた罠(わな)い自分を
落とし込んでしまいましてん」


こうして二人はヨリを戻し、
「もうもう一生仲ようしょうなあ」
あて姉ちゃんと此処(ここ)で死にたい」
などと言い合う。



【転】(その十六~その二十九)

綿貫は光子との関係について
同盟しようと園子に持ちかけて
「誓約書」に署名させ、それを
孝太郎に見せるという策に
出ますが、光子は園子に綿貫は
不能で妊娠はウソだと告げて
二人での逃走を計画します。


光子の心が「綿貫の方い吸い取られて」いる
とよく分かっていた園子だが、それでももう
二度と別れられないという気持ちに支配されて
綿貫との「焼餅喧嘩」もしなくなり、二人の
間に綿貫も入り込んで三人で付き合うようになる。

園子と二人きりになると綿貫は、光子について
あなたに対しては私を愛してるように見せかけ、
私に対してはあなたを愛してるように見せかけて
いる…「そんなことするのん好きなたちなんや、
けど、どっちや云うたら」あなたを
愛していると言う。

   

その根拠や自分の嫉妬について長々と説明
した上で、「もうこれからは同盟しよう」、
互いに助け合って馬鹿な目に合あわない
ようにしようと言い、用意してきた
「誓約書」2通を取り出す。

園子と綿貫は「骨肉ト変リナキ兄弟ノ
交リヲ締ス」として八か条を並べたもので、
どちらかが「光子ニ捨テラレタル場合ハ
他ノ一人モソレト進退ヲ共ニスベシ」とし、
逃亡や情死を禁じるなどの内容。

綿貫は用意していた刃物で互いの肘を
切って流血させ、血を飲みあった上で、
血判を押させる。


数日後、園子は笠屋町の例の宿屋で
光子に逢い、肘の傷を見とがめられたが、
「あんたかってあてに隠してることあるやろ」と
逆に迫って、先日の「出る出る」騒ぎが
狂言だったことを白状させる。

妊娠などあるわけない、と開き直った光子が
言うには、綿貫は幼時に患った「睾丸炎」の
せいで「子供生ます能力のない」男なのだ
(このことは秘密探偵にも調べさせた)。

    

「自分の一生は綿貫のお蔭で滅茶々々に
しられた」、綿貫は「結婚々々云うてるけど、
それかて自分で自分を欺くためやのんで、
ほんまに結婚出来るとは思てエへんねん」
などとも言い、彼を叩きつける「最後の手段」
として狂言の「駆け落ち」でおびき出すことも
考えていると話す。


そこへ現れたのが夫の孝太郎。

ポケットから例の「誓約書」を出して
園子に突きつけ、お前の署名に
間違いないかと尋ねる。

これは綿貫がわざわざ持ってきたもので、
彼の要求は要するに「離縁するな」、
すれば園子がヤケを起こして自分と光子の
結婚を邪魔するから…ということ。

あんたが「うん」というならこの
「誓約書」を預けるというので、
もらっておいたのだという。


追い詰められた園子は「死んであんたに
詫(あや)まります!」と号泣し、
孝太郎はなだめて連れ帰る。


裏をかきあっていた綿貫と光子だが、
綿貫は今度は光子に「あんたも僕に証文
入れなさい」と「永久に一心同体や」と
いうような文案を見せる。

光子はこれに乗らず、園子と二人で
「逃げる」計画を立てる。

スポンサーリンク




【結】(その三十~その三十三)

二人は別荘で服毒したものの
死にきれず、孝太郎が現れて
光子と深い仲になっている
ことを告白します。

綿貫のリークで新聞沙汰に
なったこともあり、三人で
死のうという話になって
実行しますが…

それから3日目に二人は「逃げ」、浜寺の
徳光家の別荘に着くと、頼んであった
お梅どんが遅れて着き、「さア、今の間アに
しやはらんと、電話かかってきまっせ」と
用意してある薬や水を示す。

二人は互いに書いて持ってきた「書き置き」を
見せ合ってから、震える手を握り合いながら、
薬を飲む。


半日ほどして意識が戻ってくると、光子が
男と話す声がし、はじめ綿貫かと思ったが、
それが夫だとわかってくる。

「どうぞ堪忍してくれ」「僕は始めて恋する
もんの心を知った。お前があないに夢中に
なったのん無理ない云うこと今分かった」
などと言い出した柿内は、すでに何度も
光子との「間違い」を繰り返していた。

その熱情は光子より「十倍も二十倍も
夢中」なもので、光子は光子で「始めて
ほんまの男性ちゅうもん知んなさった」
(綿貫は不能だったので)

「誰ぞ一人でも不幸になったら三人で
死のやないか」と夫は言い、二人で
夜明けまで泣き通す。

      

その後、光子は柿内夫妻に薬を飲ませたがり、
二人は「殺される覚悟で」一緒に飲む
ようになる。

薬のせいで衰弱してきた夫妻に対し、光子は
つやつやと血色よく「太陽みたいに輝いて
見えた」が、やがて「綿貫の怨念祟ってる
みたいに日増しに荒(すさ)んで」きて、
ついには「綿貫生き写しに」なる。


9月20日ごろから新聞に「醜悪なる有閑階級の
罪状を摘発すべし」という連続記事が出て、
そこに光子と園子の交換した手紙も出たため、
お梅どんと綿貫がグルになっていたと発覚。


10月18日、三人は一緒に死ぬことに決め、
枕もとの壁に例の観音の絵を飾り、
「あの世行ったらもう焼餅喧嘩せんと
仲好う脇仏(わきぼとけ)のように本尊の
両側にひッついてまひょ」と光子を中に
挟んだ三人で薬を飲んだ。

それが自分一人生き残ってしまった次第で、
ただちに跡を追おうと思ったけれども、
もしかしてこれも欺されたのだとしたら、
せっかく死んでもあの世で邪魔にされる
のではないかと疑われてそれもできず…

今も光子さんのこと考えたら、
悔しいより「恋しいて恋しいて」…

スポンサーリンク




光子の愛は本気か演技か

さて、楽しんでいただけましたか。

ん? やっぱりよくわからん?

その場合は、やはり原作をしっかり読み通して
もらうしかないと思いますが、それでもまだ
「わからない」部分は残るかもしれません。


まあそれは当然といえば当然なので、物語は
あくまで園子の目を通して語られていますから、
彼女以外の3人については、したこと言った
ことは正しく伝えられているとしても、
それぞれの時点で腹の中で何を考えて
いたのかはわからないわけですよね。

それが後になってわかってくるところに
この小説の醍醐味もあるわけですが、それとて
「園子がそう理解した」ということにすぎない
ので、奥の奥(裏の裏)は結局わからない…
という話にもなりますね。

    

とりわけ4人のうち最大のクセモノといえる
かもしれない徳光光子は、同時に絶世の
美女でもあって、その名の通りまばゆい
ばかりの光輝を放っています。

この光子が園子を乗せていく(どこまで
本気でどこから演技かわからない)
言動、立ち居振る舞いの完璧さ。


その超絶技巧はおそらくかつて綿貫を
乗せた際にも、またやがて孝太郎を乗せて
いく過程でも、遺憾なく発揮されたの
だろうなあ…とだんだんわかってきます。

でも、だからといって憎むべき悪役かといえば、
死への覚悟もそれなりにあったようですし、
深いところに大きな問題を抱えた不幸な人
として読者の共感を呼ばないでもないでしょう。

スポンサーリンク




超人vs.無意識の偽善者

光子に見捨てられる形になる綿貫という
人物も非常に興味深い造形ですね。

最初は光子の方から本気で惚れ込んだ
可能性も大きいと思いますが、
「不能」を知られてから言うことも
ふるっています。

男子の中で一番えらい精神的な
仕事した人は、お釈迦さんでも
キリストでも中性に近かった
人やないか、そやさかい自分
みたいなんは理想的人間や、
そない云うたら〔中略〕
観音さんや勢至菩薩の姿かて
そうやし、それ考えても人間の
中で一番気高いのんは中性や
云うことわかってる、
       (その二十一)

だから

なんぼでも生きてて、立派な仕事して、
普通の人よりずっと偉大な超人
云うことを見せてやりたい
       (その二十二)

と言うんですね。

「超人」は当時の日本で一つの
流行現象になっていたニーチェの
いわゆる概念。

英語で言えば”Superman”
(スーパーマン)ですね。

詳しくはこちらをご参照ください。

ニーチェ ツァラトゥストラは読みやすい?訳本選びがカギに

ニーチェの結婚観を原典から😻女は男より野蛮で猫的だから?

          


中性の「超人」を自負する綿貫ですが、
この綿貫に愛想をつかした光子が投げつける
言葉は「あんたは偽善者や、云うことと
為(す)ることとまるきり違てるうそつきや」
云々(その二十二)。

この「偽善者」というのも「超人」ほどでは
ないにせよ、微妙な流行語の一つかと思われる
わけですが、この批判、思えば光子自身に
跳ね返ってくるものでもありますね。

     

「偽善/偽善者」に文学的表現を与えた先輩の
作家として夏目漱石がいて、『三四郎』の
ヒロイン美禰子は漱石自から「無意識の偽善者
(アンコンシャス・ヒポクリット)」と呼んだ
ことで有名です。

二十代の谷崎が漱石から多くを学んだことは
『三四郎』の二年後の『門』を論じた批評文
からもわかりますが、「無意識の偽善者」
タイプの女性として美禰子を大きく凌駕し
た究極的な造形を目指したのが、この
徳光光子だったのではないか…

と考えるのですが、皆さんはどう思われます?

『三四郎』と漱石の女性像を
めぐってはこちらもご参照ください。

夏目漱石 三四郎のあらすじ 🏫簡単/詳しくの2段階で解説

三四郎(夏目漱石)で読書感想文 美禰子の真意をどう読むか

        

こころ(漱石)のお嬢さんはなぜよく笑う?先生はそれが嫌いだった?

夏目漱石名言集『こころ』etc.に滲む独特の恋愛観とは?
 


いや、『卍』の光子ばかりではありません。

さらに30年後の『鍵』の郁子はさらにその
上を行く造形とも読めますし、むしろ前期の
『痴人の愛』のナオミで完成していた、
あるいはそれ以前、初期短編『少年』の
ヒロインにすでにその骨格はあって、同じ
「光子」という名が与えられているのが
その証拠だ…

等々いろんな意見見が出そうです。

谷崎の生み出したこれら
特異な女性像をめぐっては
こちらをご参照ください。

谷崎潤一郎 少年のあらすじと感想 その妖しいSM/BL的世界

鍵(谷崎潤一郎)のあらすじ 原作小説が映画の何倍も凄いワケ

谷崎潤一郎 痴人の愛のあらすじ⦅ナオミと譲治のM的結末⦆

谷崎潤一郎 春琴抄のあらすじ 簡単/詳しくの2段階で
 
谷崎潤一郎 細雪のあらすじ 映画とは違う原作の芸術性は?
       
     


また谷崎その人の創作意欲を
掻き立て、ヒロインの「モデル」
ともなった生身の女性たちの
実態や葛藤をめぐっては
こちらがおススメです。

デンジャラス(桐野夏生) のあらすじ 谷崎潤一郎を囲む女たちの執念

              


そのほか谷崎の本を早く安く
手に入れたいという場合は、
Amazonが便利です。

こちらから探してみてください。

🌸谷崎潤一郎の本:ラインナップ🌸
IMG_0026


ともかく掘り下げていくテーマに
事欠かない傑作小説のがこの『卍』。

読書感想文やレポートも、これだけ
情報があれば、どんどん書けてしまう
ことでしょう。

当ブログでは、日本と世界の種々の
文学作品について「あらすじ」や
「感想文」関連のお助け記事を
量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

スポンサーリンク
(Visited 1,398 times, 1 visits today)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ