やあやあサイ象です。

おなじみ「感想文の書き方」シリーズ
今回でなんと第157回((((((ノ゚⊿゚)ノ

Sponsored Links

今回はミュージカルなどでも評判の
『ジキルとハイド』で行ってみましょう。

正しくは『ジーキル博士とハイド氏の
奇妙な事件』(The Strange Case
of Dr Jeykyll and Mr Hyde


19世紀イギリスの文豪、ロバート・
ルイス・スティーヴンソンの中編小説
(1886)ですね。 👇
  

広告:クリックすれば楽天市場へ


もちろん話の内容を知らなくっちゃ
読書感想文は書けませんから、
まずはしっかり読みましょ~。


ん? 長いからヤだ?

時間がない

う~ん、困りましたね。

それなら、あのミュージカル
『ジキル&ハイド』(2012,2016)に
主演されている石丸幹二さんがその
あらましを説明されているので、
ちょっと聞いてみてください。



ほ~ら、なかなか面白そうでしょ?

でも、最初に薬を飲むのがお父さんの
ためだったとか、二人の美女とのからみが
あるとかは、原作にはありません。

がっかりしました?

いや、そんなのはない方がもっとエグい
世界が追求されることになって、
ゼッタイ面白いと思いますよ。
       
    

”いい人”ジキルと”悪い人”ハイドに
人格が分裂してしまった一人の男。

この男の行動とそれを不審に思い
真相をつきとめようとする周囲の
男たち。

女性はあまり出て来ませんし、いろんな
手がかりからこれを「同性愛小説」と
して読む説さえあるんですよ。

          lgbt

👉ほ~ら、やっぱり話の
中身を知りたいでしょ?

こちらで「あらすじ」をどうぞ。

ジキルとハイドのあらすじ:スティーヴンソン原作を簡単に…

                 


「外ヅラと内ヅラ」の使い分け?

さあ、どうでしょう?

内容がわかってドキッとしてません?

Sponsored Links

つまり…ああ、そういうえば、自分も
「ジキル」と「ハイド」の使い分けを
やってるなあ…なんて思いませんでした?

あるいは自分でなくても、親なんか
見ててそう思うことありません?


よその人に対してはすごく”いい人”
なのに家族に向けては打って変わって
”悪い人”になって、怒鳴り散らす。

いわゆる「外ヅラと内ヅラ」の
使い分けですね。

      audrey original

でもこれって、大人になれば誰だって
多かれ少なかれやってることですし、
『ジキルとハイド』の場合ほど極端な
人格分裂は起こしていないというだけの
話なんですよね。

その人間だれしもが抱えている問題を
ショッキングでスリリングな物語の形で
表現しきっているところに、この小説の
偉大さ、素晴らしさがあるわけです。

     


だから読書感想文なら、まずはそういう
風に、自分の経験や見聞きすることと
重ね合わせて見る、というのが
よい方法でしょうね。

その上で、たとえば「私はジキル博士の
ようにはならないように、これからは
○○○のことに気をつけて生きていこうと
思う」などと反省文的にまとめましょう。

そういう方針で行けば、学校には受けの
いい(コンクールで入賞もあり!)
読書感想文になること請け合いですよ。

一つ上を行くには?

ん? そんなの誰でも書けそうじゃん?

もうちょっとこう…人が書かないような
ことを書いて差をつけたい?

Sponsored Links

なるほど、それではもう少し高度な
感想文または批評文・レポートなどの
ためのヒントをお授けしましょう。


すでに明らかな通り、この小説は「善/悪」、
「紳士/犯罪者」の「二重生活」を送る
人間――いわゆる「二重人格」者――
の話を科学的な装いのスリラーに
仕上げたものですね。

そういうテーマの作品としてはこれが
世界初だったのかもしれませんが、
その後、これに近い主題を扱う小説は
世界各国にたくさん現れています。
  
       紳士 vintage-1060202_640

またこの『ジキルとハイド』をもとに、
例のミュージカルを含め、演劇・映画・
マンガなどいろんなジャンルでその
変奏作品が制作されていますよね。

それらのどれかと読み比べてみる
というのが、一つの高度な方法です。


たとえば1941年アメリカ映画
『ジーキル博士とハイド氏』を
チラ見していただきましょうか。

なんと世紀の美女とも謳われたあの
イングリッド・バーグマン共演の
ヒット映画の予告編です!



後継者ダニエル・キイス

ジキルの場合ははじめ薬の力でハイド
という「別人格」を創り出し、やがて
薬なしでも「人格」が入れ替わるように
なりましたが、こういう交替が勝手に
起こってしまう病気の人もいますよね。

ジキルのモデルになった人物もそう
だった可能性が高いと思いますが、
この病気を患う人が現代では激増して
おり、病理学的には「解離性同一性
障害」と呼ばれます。

Sponsored Links

これ、現代のアメリカ作家、ダニエル・
キイス(1927-2014)が追求したテーマ。

有名な『五番目のサリー』や『24人のビリー
・ミリガン』は、その患者たちの問題を
追求した作品ですので、『ジーキル博士と
ハイド氏』の主題を受け継いでいる
ことは明らかですね。
👉キイスの作品については
こちらも参照してください。

アルジャーノンに花束を(キイス原作) あらすじ ネタバレ注意

アルジャーノンに花束を(キイス原作)読書感想文の書き方

               白ネズミ Hamster-s


善人が急に悪人に変わる…

あるいは、作品の構成(小説の作り方)
という観点から見ていくのも一法ですね。

上で紹介した別記事の「やや詳しい
あらすじ」でいえば【結】に置かれた
かなり長い手記(ジキルの陳述書)によって
すべての謎が解かれ、それがそのまま
小説の結末でもあるという構成になって
いますよね。


こういうふうに読み終わって、あ、これ
日本のあの有名な小説に似てるな…
なんて思いませんでした?

そう、夏目漱石の『こころ』(1914)
なんかも同じですね。


いや、ほかにもあるでしょうけど、
日本でこの形に先鞭をつけたのは、
おそらく『こころ』なんです。

つまり、作品の後半にど~んと置かれる
「先生の遺書」という長い手記で
前半に振りまかれた謎が解かれ、
かつ手記の終わりがその人の人生の
終わりでもある…という形。

       3_characters01-300x169

主題的にも「善/悪」の交替を問題に
しているという点で大きく重なりますよ。

前半での「先生」の謎めいた言葉には
こんなのもありましたね。

Sponsored Links

平生はみんな善人なんです。
〔中略〕
それが、いざという間際に、
急に悪人に変るんだから
恐ろしいのです。

   (『こころ』上 二十八)

スティーヴンソンの本(もちろん原著)を
漱石は何冊も所持していて、多くの
書き込みも残しています(『漱石全集』
第27巻,1997,参照)。

肝心の『ジーキル博士とハイド氏』は
発見されていませんが、読んでいた
ことは確実と思われます。

Sponsored Links

というようなわけで、高度な感想文を
書こうという人は、『こころ』などの
日本の小説と付き合わせてみるのも
とても面白い作戦だと思います。
👉『こころ』についてはこちらを
参照してください。

こころのあらすじを簡単に【下:先生の遺書だけやや詳しく】

夏目漱石 こころの感想文を簡単に【800字/400字例文つき】

こころ(漱石)のお嬢さんはなぜよく笑う?先生はそれが嫌いだった?

夏目漱石名言集『こころ』etc.に滲む独特の恋愛観とは?

             ƒvƒŠƒ“ƒg


まとめ

さあ、書きたいことが、
なんとなく浮かんできましたか?


ん? 書けそうなテーマは浮かんで
きたけど、でもやっぱり自信が…

だってもともと感想文の類が苦手で、
いくら頑張って書いても評価された
ためしがないし(😿)…
具体的に何をどう書けばいいのか
全然わからない( ̄ヘ ̄)…?


う~む。そういう人は発想を転換して
みるといいかもしれない;^^💦

そもそも日本全国で盛んに奨励されている
読書感想文の発祥の源は「コンクール」。

    

各学校の先生方の評価基準もおのずと
「コンクール」での審査に準拠する
形になっているのです。


だから、読書感想文の上手な人は
そのへんのことが(なんとなくでも)
わかっている人。

さて、あなたはどうなのかな?
👉「コンクール」での審査の基準を
知るには、実際に出品され大臣賞などを
受賞している感想文をじっくり読んで
分析してみるのがいちばんです。

こちらでやっていますので、
ぜひご覧ください。

読書感想文の書き方【入賞の秘訣4+1】文科大臣賞作などの分析から

セロ弾きのゴーシュで読書感想文!コンクール優秀賞作(小2)に学ぶ

                 

アルジャーノンに花束を の感想文例!市長賞受賞作【2000字】に学ぶ

    

そちらで解説している「書き方」を
踏まえて、当ブログでは多くの感想文例を
試作し提供してきましたが、このほど
それらの成果を書籍(新書)の形にまとめる
ことができましたので、ぜひこちらも
手に取ってご覧ください。
  👇


買う前にその「予告編」が見たい
という人は、こちらでどうぞで。

読書感想文 書き方の本はこれだ!サイ象流≪虎の巻≫ついに刊行!!!

            


👉上記の本『読書感想文 虎の巻』は
当ブログで提供し続けてきた「あらすじ」
や「感想文」関連のお助け記事の
ほんの一部でして、載せきれていない
記事もまだまだ沢山あります。

気になる作品がありましたら、
こちらのリストから探して
みてください。

「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧


ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

(Visited 6,439 times, 1 visits today)