かちかち山のあらすじ💔兎は怖い?太宰治版”カチカチ山”はもっと怖い?

 


やあやあサイ象です。

「かちかち山」はご存じですよね?

これ、実は数ある日本昔話のなかでも
コトノホカ怖~いものの一つなんじゃ
ないかと思うんですが、

ともかく今日は、このお伽話のあらすじを
紹介しながら、ジワジワとその怖さの
核心に迫りたいと思っていますす。

Sponsored Links


そうなってくると、ふれないで
すまされないのが、太宰治の連作短編集
『お伽草紙』(1945)中の一篇、
太宰の全作品中でも最高の部類に入る
傑作「カチカチ山」です。

そこで今回は、この太宰版「カチカチ山」
で読書感想文を書くことも視野に入れつつ
昔話「かちかち山」の怖さに探りを
入れて参ります。



👉 あらすじ

まずはあらすじを押さえておきましょう。

室町時代末期には成立していたとされる
基本的なストーリーは以下のようです。

おじいさんとおばあさんが耕す畑に
毎日、悪い狸が来て、せっかく
まいた種や芋をほじくり返して
食べていました。

怒ったおじいさんはこの狸を罠で
捕まえ、狸汁にするようにおばあさんに
言ってから畑仕事に向かいました。

     3ad9f9d9b01070d34a5e087cecbee3ec_s

縛られた狸が「もう悪さはしません、
家事を手伝います」と言うので、
おばあさんが信用して縄を解くと、
狸はおばあさんを杵で撲殺し、
その肉を鍋に入れて「婆汁」
(ばばあじる)を作ります。

さらにおばあさんに変身し、帰って
きたおじいさんに「狸汁です」と
偽ってこの婆汁を食べさせてから、
嘲り笑って山へ逃げました。


おじいさんから事のてんまつを
聞いた仲よしの兎は、憤慨して
狸を懲らしめることを考えます。

まず金儲けだと言って狸を柴刈りに
誘い、その帰り道、狸の背負った柴に
後ろから火打ち石で火をつけます。

     kachi-kachi-yama
     江戸時代の草双紙『兔大手柄』から


火打ち道具を打ち合わす「カチカチ」
という音を不思議に思った狸が兎に
尋ねると、「ここはカチカチ山だから、
カチカチ鳥が鳴いている」と答え、
狸は背中にひどいやけどを負いました。

次に、狸を訪問した兎は薬と称して
トウガラシ入りの味噌を渡し、これを
塗った狸はさらなる痛みに苦しみます。

nature-816072_640

最後に、木の舟とそれより大きな
泥の舟を用意した兎は、狸を漁に
誘い出して舟を選ばせます。

思わく通り狸が泥の舟を選ぶと、自分は
木の舟に乗って沖へ出てしばらくすると、
泥の舟は溶けて沈んでしまいます。

助けを求める狸を兎は艪で叩いて沈め、
狸は溺れて死にました。


👉 「狸さん、かわいそうね」

さて、いかがでした?

だいたいこんな話だったと思われる、
絵本の「かちかち山」を5歳の娘に
読み聞かせた太宰治は、「狸さん、
かわいそうね」と娘が言ったので
ハッとし、そこから太宰版「カチカチ
山」を発想したというのですね。

ところで太宰作品にはけっこう笑えて
愉快なものがたくさんあって、この
「カチカチ山」なんかその典型。

この意味でも大傑作なんですが、
太宰の笑いの特徴としては、たんなる
ゲラゲラ笑いでも人を見下す皮肉な嘲笑の
たぐいでもない、微妙に”泣き笑い”に
近いものを感じさせる、というところが
ありますね。

笑うよりむしろ笑われる側に立って、
そこから突き出す「抗議」めいたアイロニー
を伴うところに太宰ならではの魅力が
発生しているように思えます。

人形Bloody-Rain-s

アイロニー(irony)は、よく「皮肉」と
訳されますが、日本語の「皮肉」が帯びる
攻撃性や嫌味は必ずしもなくて、ものの
味方をひっくり返すことで発生する笑い、
その種のユーモアがそう呼ばれることも
あるわけです。


👉 恋愛小説「カチカチ山」

そのようなユーモアを実現した小説の
極めつけ、傑作中の傑作が今日、紹介
したい「カチカチ山」だと思うんです。

東京大空襲のさなか、防空壕の中で
五歳の娘に絵本を読み聞かせながら
発想していった、太宰版昔話の連作
『お伽草紙』(1945)中の一篇です。




もちろんおとぎ話の改作なのですが、
出てくる兎を十六歳の美少女に、狸は
自称十七歳、実は三十七歳のモテない男に
設定して、笑える恋愛小説に
仕上げているんですね。

話の成り行きと結末は原話どおりで、
兎の計略どおり泥の舟に乗せられた狸が
まんまと沈められてしまいます。

   IMG_20141211_0007
  『講談社の絵本 かちかち山』より
  (1941年刊行で絵・尾竹国観。防空壕で
  太宰が娘に読み聞かせた絵本も
  これかもしれません。)


その、やすやすと計略に乗せられてしまう
要因を「恋は盲目」という心理に設定した
ところに太宰版のミソがあるわけでして、
そこがまた、なんというか、
たいへん切ないわけですな。
(すくなくとも、モテない男の
視点で読んでしまう人には)


👉 兎の酷薄さ

ラストシーンで、助けを求める狸に
兎は言い放ちます。

 「うるさいわね。泥の舟だもの、
どうせ沈むわ。
わからなかつたの?」
「わからん。理解に苦しむ。
筋道が立たぬ。
それは御無理といふものだ。
お前はまさかこのおれを、
まさか、そんな鬼のやうな、
いや、まるでわからん・・・」

狸はごちゃごちゃと訴え続けますが、
兎はこれをすべて無視。

ウサギ2 082275

ぽかん、ぽかん、と無慈悲の櫂
(かい)が頭上に降る。
狸は夕陽にきらきら輝く
湖面に浮きつ沈みつ、
「あいたたた、あいたたた、
ひどいぢやないか。
おれは、お前にどんな
悪い事をしたのだ。
惚れたが悪いか。」と言つて、
ぐつと沈んでそれつきり。
兎は顔を拭いて、
「おお、ひどい汗。」と言つた。

兎がかなり”悪い”のが
意外でした?

でも兎みら”悪さ”は
日本の伝統に立てば
驚くに足りません。

遠い神代の「因幡の白兎」の
時代から、悪いと言えば
悪かったのです。

こちらを参照してください。

因幡の白兎のあらすじを簡単に🐰 古事記はこう語っていた

    %e7%99%bd%e5%85%8e%ef%bc%92img_20160927_0005_new   



👉 社会は狸を助けない

それにしても、すごかったですね。

兎(=モテる女)の冷酷さ、
そこに発生する笑いの残酷さ。

そしてそのユーモアに忍ばせられた
「抗議」の棘(とげ)・・・

このの方を強く読む人は、狸の最期の言葉
「惚れたが悪いか。」に笑ってなど
いられない。

むしろ泣くのではないでしょうか。

     たぬき大b2246956c3e8903ae23856bb04ad7e72_s
     これはただのタヌキ(実写)
     (哀愁を帯びていますね。)


ただ、この種の「抗議」はどこまで
通用するのか・・・。

兎の側に立つ人からすれば、狸がなんと
訴えようと「惚れたが悪い」、のである。

セクハラ、なのである。

狸くん、社会は君を助けてくれません。
残念ながら、助けようもないのですよ。

太宰の時代より、現代ではもっと
そうでしょうね。

Sponsored Links



👉 書き方の基本

が、それはひとまず横へ置いて、ここで
当ブログ「”高等”感想文の書き方」シリーズの
秘伝となっている《虎の巻》を
広げさせてもらいます。

名付けて「サイ象流・感想文の書き方《虎の巻》
というのですが、これはもともと
「Yahoo!知恵袋」での「ikemen_
busaiku」さんの回答に触発され、
その考え方を心棒にして構成して
いったものです。

  • 学校で評価される感想文は作品を読んでの素直な「感想」などではなく、
    それを機に「自分の生活を反省する」作文である。
  • これを書くには、まず、たとえば登場人物が何らかの行動をとったとき、
    「自分にはこんなことはできない」のではないかとか、あるいは性格的に「自分にはこんなところはないか」と反省する。
  • 自分にはこんなところはないか…疑問009093

  • その上で、「これからは自分もこうしよう」という類の
    と前向きな結論
    を決め、決めてから書き始める。

なんでそうなるかって?

「ikemen_busaiku」さんは
こう答えています。

なぜそう言い切れるかというと、
少なくとも学校の求める
読書感想文とはこういうもの
だからです。

それは、コンクールで賞を取って
いる作品を眺めてみればわかります。

ほとんどこんな作品ばかりですから。


したがって、この方式でいくならば、やはり、
自分が「狸」なら……、自分が「兎」なら……、
と物語内の特定の時点に立ちどまって
反省」してみる必要があるでしょうね。

そして結論部では「前向きになる」必要が
ありますから、「僕もきっと狸のように
沈められてしまうと思います。オシマイ」
ではやはり具合が悪いですね。

ではどうするか。    脳images

狸さんには、どこかある時点で、
頭を冷やしてもらいましょう。

「自分が狸なら、この時点(たとえば漁に
誘われたとき)で引き返す。
そして兎ともよく話し合って
解決の道をさぐる」

というふうにもっていくことを考えるべきで、
それがうまくいけば、学校的評価にたえる
感想文となる可能性大でしょう。



👉 『人間失格』の世界を予告?

さてこれでめでたく”優等”感想文の完成!

もう言うことなし……ではあるのですが、
これを天国(または地獄)の太宰先生に
読んでもらったら……とちょっと
想像してみたくなりました。

どんな顔するかな?
苦笑……といったところでしょうか。

007711

冒頭に述べました太宰文学のキモ、
笑われる側からの「抗議」めいた
アイロニー
」のようなものは、死に至る
悲劇においてこそ強烈な光を放つ
のであって、途中で引き返したんでは、
どうも……ということになるんじゃ
ないでしょうか。

ついでにいうと、37歳という狸の
実年齢は執筆時の太宰の年齢と同じです。

この狸に太宰自身が強く投影されていた
ことの一つの傍証ともなるでしょう。


そう考えると、この「カチカチ山」は、
太宰最後の長編となった『人間失格』の
世界を予告するものとも読めてきます。


もちろん『人間失格』は、主人公が女性に
もてるという点で「カチカチ山」と
違いますが、笑われる側からの「抗議」
めいたアイロニー
に貫かれている
という質感においては酷似しています。

『人間失格』をめぐっては
こちらの記事をご参照ください。

太宰治 人間失格のあらすじ:生田斗真主演映画の原作をネタバレありで
太宰治 人間失格で感想文:「恥の多い生涯」という名言から


そのほか太宰の他の作品や生涯に
関心のある人はこちらもどうぞ。
浦島太郎 玉手箱の意味は?パンドラの箱を重ねた太宰治
斜陽(太宰治)のあらすじと感想◎簡単/詳しくの2段階で解説
太宰治 走れメロスのあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階で解説
太宰治 走れメロスで感想文:人質や王の心理を考えよう
感想文で抜け出そう:太宰『人間失格』から芥川『河童』へ

     河童846223d120766a4aca01d1377954c31b


そのほか太宰の本を早く安く
手に入れたいという場合は、
Amazonが便利です。
こちらから探してみてください。


◆太宰治の本:ラインナップ◆€


ん? 書けそうなテーマは
浮かんできたけど、具体的に
どう進めていいかわからない( ̄ヘ ̄)?

そういう人は、「感想文の書き方
《虎の巻》」を開陳している記事の
どれかを見てくださいね。


当ブログでは、太宰のみならず
日本と世界の種々の文学作品について、
「あらすじ」や「感想文」関連の
お助け記事を量産しています。

参考になるものもあると思いますので、
こちらのリストからお探しください。


「あらすじ」記事一覧

≪感想文の書き方≫具体例一覧

ともかく頑張ってやりぬきましょー~~(^O^)/

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ