夫の呼び方で正式なのは?主人?旦那?亭主?パパ?それとも…


やあやあサイ象です。

全国の妻(またはその予備軍)のみなさん、
自分の結婚相手について外で話すとき、
どう呼んで(または、呼ぶつもりで)
いますか?

まさか”ダンナ“じゃないでしょうね?

いえ、結構ですけど;^^💦

でも、それ、聞く人はどう
感じているのかな?

スポンサーリンク


というわけで今回は、”ダンナ”を含めて
いろいろとある夫の呼び方について、
正式にはどれがよいということになって
いるのか、また正式ではないとしても
時と場合でどれがベストになってくかを
多角的にリサーチしていきたいと思います。



好感度の高い呼び方は?

≪家庭外で「夫」について話す際に
好感が持てる呼び方はどれですか?≫


というアンケートの結果がネット上に
公開されていますので、まずそれを
見ることから始めましょう。

調査対象の詳細は明らかにされて
いませんが、「総投票数:12,363票」
とのことで、結果は以下のとおり。

1位  主人  43% 5,406票
2位  旦那  30% 3,824票
3位     7%   936票
4位  パパ  4%   516票
5位  名前  4%   495票

うーん、やっぱり旦那がのしてますね。

ところで、この調査、実際、自分が
どう呼んでいるかではなく、
好感が持てる呼び方」はどれか
と尋ねたもの。

つまり、よその奥さんが自分の夫を
「旦那」と呼んで話すことを
30%の人が好感をもって聞いている、
ということですね。


私はこれに驚くんです(゚_゚i)。

というからには、もちろん、
好感を持てないわけなんですが、
その理由に入る前にもう一つの問題。

   甘える女088823


やはり家庭外で自分の夫について話すのに
「旦那」に「さん」をつけて「旦那さん
と言う若妻が激増しているようなんですね……。



「ウチの旦那さんが~」

これはもちろん正式な日本語から程遠いわけで、
聞いて不快だという人も少なくありません。

たとえば「発言小町」サイトへの
この投稿。

自分の夫を「うちの旦那さんが」
とさんづけで呼ぶ人が身近に
二人いますがイライラします
(うちの奥様がさ~、みたいに
おちゃらけて呼ぶのではなく
普通に)。
〔中略〕  Houses-Dog-s

「旦那さん」で話を進められると
「あなたも私の旦那さんを敬え」
と言われているような(?)
不思議な感覚に陥り、イライラ
すると自分で分析します。

「私どもの会社の社長さんが」と
言うような感じ? いや、それより
もっとイライラします。 

(引用元:http://http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0606/321105.htm)


ね、こういふうに感じてる人は
多いんですよ。

いや、「おちゃらけて呼ぶ」んなら
いいんですよ。

つまり場合によっての「使い分け」の
一つとして……

でも、そうでなくマジでこれに決めてる
ふうだと、ほんとに教養も品もない
カラッポな人に見えかねません。

   

では、この「さん」を取ってたんに
「旦那」と呼ぶのなら、いいのか。

上記の投稿者はそれならいいと
言っていますが、私のような
古い人間から見ると、それもあまり……

スポンサーリンク



文句なしの呼び方は「夫」

冒頭のアンケートに戻りますと、
これ、もし一昔前の調査であれば、
1位の「主人」がおそらく60%以上での
ダントツ・トップで、「旦那」は
5位にも入らなかったでしょう。

まあ一般にはこれが正式…

と思われてきたんですが、ところがどっこい、
時代の流れに押されて、もうはやらないし、
正式とも思われなくなりつつあります。

つまり大まかに言うと、夫を「主人」と
呼ぶ妻が減っていくにつれて、その穴を
埋めるようにして増えていったのが
「旦那」派だともいえそうなんですね。


ではなぜそんなふうに変わっていったか。

要因を探れば、ざっとこんな
ところだろうと思うんです。

.「主人」という呼び方に抵抗がある。

.「夫」では堅苦しい。  

.「旦那」の語感には軽視
している感じがあってよい。

   犬と本Animal-Dog-s

.「旦那」はもともと自分の上に
いる人を指す言葉だからよい。

とは矛盾するようですが、
実際、併存していると思うんです。

「ウチの旦那さんが~」なんてマジで
言ってる若奥様は、純粋に派であるか、
またはそう見せたい人なんでしょう。

そして、派がこれにイラつく要因の一つは
せっっかくの「軽視している感じ」が
そこでは吹っ飛んでいること。


「旦那」を使う奥様方はこの両派の
どちらかであるか、あるいは内部に
この二つを矛盾したまま抱えている
人か、ということになるのかな?



「旦那」とは何か

ところで、「主人」という呼び方が
なぜ不人気になっていったかは、
説明するまでもありませんよね。

現代の夫婦関係は上下関係ではなく、
妻は夫に仕えるものでない以上、そんな
呼び方はオカシイ(憲法違反だし、
実情に即していない)からですよね。


でも、そういうことならば、「旦那」と
言い換えることでそのオカシサが解消
されるかというと……これが微妙なんですね。


そもそも「旦那」とは何か。

多少詳しい辞書を引けば、まずこれが
もともとサンスクリット語の
「ダーナ(dト]a)」を音写した仏教語で、
「ほどこし、布施」という原義から
それをする人、つまり「檀家」へと
転じたということがわかります。

e36842a5f698ff620549bcf159170629_s  

そこから、商家の使用人などが 
「男の主人」を敬っていう場合に
使われるようになり、それがさらに
妻が夫を呼ぶ場合にまで広がった
わけですね。


すると結局、意味としては「主人」と
いうのと変わりはない、やっぱり女性を
下に見る、ケシカラン呼び方ということに
なるんではないか……。


いやそこが微妙なところで、ここは現在
最も権威ある国語辞典と見られている
『日本国語大辞典』(小学館)の説明を
聞いてみましょう。

「旦那」の語義の第6にこうあります。

妻が、自分の夫を敬っていう語。
また、他家の主人を敬っていう
のにも用いる。

現代では敬意を伴わないで
用いられる。


なるほど、「旦那」と呼ばれても
尊敬された気がしないワケです。
(こういう場合の「現代」は
50年以上のスパンでしょう)

派の妻たちは、「旦那」の語のこの
ニュアンスを積極的にすくい上げており、
派の奥様たちはそうでもない
(積極的になりきれない)がゆえに
「さん」をつけて「敬意を伴わ」せずに
いられなくなる……。

おおざっぱに整理すると、ざっと
そんなふうに言えるんじゃ
ないでしょうか。

夫を「旦那」と呼ぶ軽さが巧みに
表現された現代小説の一つに
本谷有希子さんの芥川賞受賞作
「異類婚姻譚」がありますね。
こちらでどうぞ。

異類婚姻譚(小説)💛本谷有希子 芥川賞受賞作のあらすじは?

         



では、どう呼べばいいか

なんだか、うるさいオヤジの繰り言の
ようで恐縮ですが、妻が家庭外で
自分の夫を呼ぶのに「旦那」と言っても
「旦那さん」と呼んでも、美しく
聞こえません。

「亭主」という呼び方は「旦那」より
わずかに敬意が伴うような気がしますが、
大差はありません。


もし気品ある優美な妻と見られたい
のであれば、これらはおやめに
なってはいかがでしょうか。

では、どう呼べばよいか?

それはもちろん「」(おっと)でよいのですよ。

上記アンケートでは、これに好感を
持つ人はなんと「7%」という淋しい
数字なのですが、これからの時代、
この数字はどんどん上がっていく
はずなんです。

   立つ男080926

なぜかって?

それはもちろん、由緒正しいこの日本語が
「男女平等」の理想と実情に即している
ということがあります。

また現在、男性の側で自分の妻を外で
ちゃんと「妻」と呼ぶ人が急増中で、
これに合わせていく妻の増加も
見込まれるからです。

妻を「妻」と呼ぶ夫については、
こちらをご参照ください。

嫁?妻?奥さん?家内?正しい呼び方で円満な夫婦関係を



オット○○○○で行こう

え? そんなの格式張ったようで、
照れくさくって言えない?

そういう奥さんに聴いてみてほしいのが
この落語、柳家小三治師匠の『死神』です。



「夫、夫ってなんだよ、偉そうに」
と妻は言い返します。
「あんたなんかその下に『ドッコイ』
をつけるのがお似合いだよ」
そう言われて、夫は「なんだと?……
オット○○○○……」((((((ノ゚⊿゚)ノ

ね、こんな感じでかる~く、
数ある「使い分け」の一つとしてでも
「夫」を使い始められては
いかがでしょうか。

日本語の難しさと
それへの対策をめぐっては、
以下の記事もご参照ください。

おしどり夫婦の意味 🐥八雲怪談などに見る”永遠の愛”は本当?

「お~になる」敬語は二重化注意:太宰・志賀も”お殺せに”バトル

“させていただく”が間違い敬語になる場合:恩ない人への恩表現

お疲れ様とご苦労様の使い分け?(*_*)うるさくなったのは平成から?

        

すべからくの意味・使い方?安倍晋三首相ほか錚々たる知識人も誤用

散見される?散見する? 正しい意味・使い方を鴎外・漱石…太宰に聞く

私の読みはわたし?わたくし?新常用漢字音訓表ではなんと…?

博士の読み方はハカセ?ハクシ?枕草子、漱石に聞く


妻も魁(さきがけ)となる気概を
もちましょう!

ではまた~(ニコニコ)/

スポンサーリンク
(Visited 15 times, 1 visits today)

合わせて読みたい関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ