サクラさん
お笑いコンビ”オセロ”
は色白と色黒のペア
だったことからの
ネーミングとか。

ハンサム 教授
それはたぶんオセロ
ゲームからの連想なんで
しょうけど、その白/黒
のペアがどこから来てる
かといえば、これが
シェイクスピアの悲劇
『オセロ』なんですね。

サクラさん
そうだったんすか(🙀)

で、その悲劇はひょっと
して白人と黒人の…?

ハンサム 教授
人種的にアフリカ系か
どうかは不明ですが、
色黒の将軍とその妻に
なった白人美女を襲う
悲劇。

  

考え抜かれた陰謀で
二人を徐々に破滅に
追い込んでいく悪役が
イアーゴで、その造形の
見事さには夏目漱石も
舌を巻いた。

サクラさん
ほほ~(😺) で、それを
自作に取り入れました?

ハンサム 教授
『こころ』の悲劇的展開
などに生かされている
気がしますが、証拠は
ありません。

ともかく東大講師時代の
講義録に漱石のコメント
が残されているので、
これを見ていくととても
面白いんですよ。

サクラさん
あ~その講義、
聞きたかったな~(😻)


Sponsored Links




シェイクスピアを講義した漱石

作家専業になる前の漱石は東京帝国大学で
4年間教えていたのですが、この時期の
講義録やそれ以前の英国留学時代に買い込んだ
蔵書などには、欧米の作家や学者への感想や
意見・分析が書き込まれています。
(『漱石全集』第27巻参照)

なかでもシェイクスピアは4年間講読を続け
ましたので、メモ的な書き込みがびっしり。

シェイクスピア四大悲劇の一つとされる
この『オセロ』(Othello、1604)については、
講義を受講していた野上豊一郎と小宮豊隆
とによって、非常に詳しい講義録が
残されているのですね。
(『「オセロ」評釈』、『漱石全集』第13参巻所収)

    

これを見ていくと、漱石の目が学者というより
すでに作家のもので、シェイクスピアを
対等の作家とみて、「ここは自分ならそう
でなく、こうもって行きたい」という類の
批評的な読み方をしていたことがわかって、
たいへんスリリングなんですね。

その「名言/名セリフ」と、またそれに反応
しての漱石の「名言」とを、これから
交互に抜き出してお目にかけて参りましょ~。




緑色の目をした怪物

主人公のオセロ将軍が”黒人”で、彼が
娶ったばかりの若い妻デズデモーナは
白人です。
(他の人物はすべて白人だから
当然ですが;^^💦)

まずは、悪役イアーゴがオセロにささやく
『オセロ』の世界を象徴するような
名セリフから。

こいつ(嫉妬)は緑色の目をした
怪物で(◎◎;)、人の心を餌食(えじき)
としそれをもてあそぶのです。

・・・【名言:その1】
(『オセロ』第3幕第3場。小田島雄志訳)

     


どうやら将軍の妻への強い愛を利用して、
何事かをたくらんでいるようですね。

そのたくらみとは、将軍夫人デズデモーナ
と副官キャシオの仲をでっち上げて
オセロの嫉妬心に火をつけるということで、
深謀遠慮、巧言令色のイアーゴはそれを
着々と進めつつあるんですね。


このあとデズデモーナの手からハンカチが
落ちるという偶然の出来事があり、拾った
エミリア(イアーゴの妻だが悪くはない)
からそれを入手したイアーゴは「これを
キャシオに拾わせる」という一計を案じます。

その際の独言を【名言:その2】
とさせてもらいましょう。

空気のように軽いものでも、
嫉妬にかられた男には(゜д゜;)
聖書の文句ほどに重みのある
証拠になる。

・・・【名言:その2】
(『オセロ』第3幕第3場。三上勲訳)

      Stich, Abbildung, engraving, gravure :1856.
        1856年の版画


やがて夫の様子に不安を覚えた
デズデモーナは「嫉妬される理由は
ない」とエミリアに断言するが、それへの
エミリアの応答を【名言:その3】
とさせてください。

理由があるから嫉妬するのではなく、
嫉妬深いから嫉妬するんですもの。
嫉妬というものはみずからはらんで
みずから生まれる化け物です(ドクロ)。

・・・【名言:その3】
(『オセロ』第3幕第4場。小田島雄志訳)

Sponsored Links
  



ハンカチ落としは小刀細工

「嫉妬」のことばかりでツラくなる人も
あるかもしれませんが、「嫉妬」や
「三角関係」は『こころ』を頂点とする
漱石の一連の長編小説で徹底的に追求
されたテーマでもありますね。

👉このあたりに関しては、こちらを
ご参照いただけると幸いです。

こころ(漱石)のお嬢さんはなぜよく笑う?先生はそれが嫌いだった?

漱石の名言でたどる恋愛💔『吾輩』猫が読み直す『こころ』etc.

      ƒvƒŠƒ“ƒg


漱石がシェイクスピア作品のうちでも
特に『オセロ』にこだわったのだとしても、
この意味で、決してわからないことでは
ありません。


ここで、野上と小宮の例の講義録に記録
された漱石の言葉を拾っていきましょう。


まず上記の「デズデモーナの手から
ハンカチが落ち」、それを入手した
イアーゴが悪だくみに使うという
「事件」の作り方について、漱石の
所見をまとめるとこうなります。

こういう発展の仕方も
悪くはないが、可能性の小さい
ことを原因とするから「事が
きはどくなる、小刀細工的に
なる」、シェイクスピアの
長所はそんなところにはない。

それよりは「心の成行から
事件が発展する方が第一
不自然でなく、見ていて
愉快である」。

  44a3bd156797994562989bfbda61c5a5_s

そんな「小刀細工」なしに進展していたら、
さらなる傑作でありえたという見方で、
『こころ』などでの「事件が発展する」
様を思い返してみると、なるほどと
思われなくもないわけです。
 
Sponsored Links
  



“大悪人”イアーゴ

それはともかく、この作品から漱石が
受けている印象の核心がどこにあるか
といえば悪役イアーゴの人物造型
ということになります。

上記のコメントに先立つ第二幕の終わり
近くでは、このイアーゴよりもっと
完璧で洗練された「悪党」を書いて
見たいという夢を語ったらしいんですね。

これを本日の【名言:その4】
とさせていただこう。

善人だか悪人だか分からないやうな、
表面だけ見ると立派な善人で、
然も一面大悪人であるといふ
やうな性格をかいて見たら
面白いだらうと思ふ。

自分はさういふ人間が確に
世の中にはゐると思ふ。

・・・【名言:その4】
   (「『オセロ』評釈」)

われわれは「恐怖からやった小悪」を
ごまかして「善」のように見せかける
ことがあるが、イアーゴは「冷酷に
大悪を為し得て、それを善の如く装ふ
手際」をもつ。

「一方から見れば大いにえらい」と先生、
この口八丁手八丁の「悪党」をえらく
買うんですな。

     

さて、「大悪人」イアーゴがそれでも
「完璧」でないというのは、それでは
一体何が足りないとういうのでしょうか。

妻のエミリアを含め、誰の前でも善人に
見せかけているイアーゴが”悪友”ともいう
べきロダリーゴにだけ「化けの皮を現
はして」いる
ことだ( ̄□ ̄;)!!
と漱石はいうんですね。


これはいかにも「惜しいこと」で、もし
「誰にも心中を打ち明けないで、独りで
悪をするやうに描いたならば」、
「完全な悪人」「a refined rascal
(洗練された悪漢)」となれたはずだ、
と説くわけです。

これに続く漱石の言葉を
【名言:その2】とさせてもらいます。

(そうすれば)黒砂糖でない、白砂糖の
悪人になれた筈である。

しかし白砂糖の悪人は
今までの文学にはない。

・・・【名言:その5】
   (「『オセロ』評釈」)

         038551

ここで一応、注釈させてもらいますと
「白砂糖」のことを英語で”refined sugar”
(”white sugar”も可)といい、
「黒(赤)砂糖」は”unrefined sugar”
(”brown sugar”も可)というんで、
“refined”(洗練、製錬された)の語で
引っかけたんですね。

Sponsored Links
  



漱石の発言に作家的野心を読む?

ところで、ここで漱石が「今までの文学
にはない」と説いたという「白砂糖の悪人」
なるものは、はたしてその後の文学に
出現したのでしょうか。

ここで想起したいのは、東大4年目の
『オセロ』講義の時期、すでに漱石は作家
として大人気で、本人も大学を辞めて専業に
なりたいと考えていたということ。

今までの文学ない「白砂糖の悪人」をこれから
自分が創出してやろうという野心がこの
発言の裏にあったと見ることも不可能
ではないと思うんです。

もしそれが、その後の漱石作品で実現して
いるとするなら、たとえば『こころ』で
蔭に隠れてお嬢さんにささやく役回りの
「奥さん」などに探知することも
できるのではないでしょうか。
(奥さんは悪い人ではないのですが;^^💦)

👉さて、ここまでお読みいただいた
方なら、上記のような情報を
ネタに読書感想文・読書レポート
を書くことも十分可能ですよね。

その実例もこちらに用意して
いますので、ぜひご参照ください。

オセロ(シェイクスピア)で読書感想文【1600字の例文つき】

   

👉ともかくそのようなわけで、
世界の文豪シェイクスピアの世界に
目を見開かされたという人は、
ぜひこちらもご覧ください。

シェイクスピア ハムレットのあらすじ:簡単/詳しくの2段階で

ハムレット (シェイクスピア )の名言:英語原文では何と?

シェイクスピア ロミオとジュリエットのあらすじと名言💘感想文はこれで

          

シェイクスピア オセロのあらすじと名言:漱石の解説つきで

リア王のあらすじ(簡単/詳しく) 👑シェイクスピア悲劇のフーガ

👉またシェイクスピアの本を
早く安く手に入れたい場合は、
こちらから探してください。

💀シェイクスピアの本:ラインナップ💀
  William_Shakespeare

👉むしろ漱石の世界に興味を
引かれたという読者は、
こちらもご覧ください。

こころのあらすじを簡単に【下:先生の遺書だけやや詳しく】

三四郎(夏目漱石)で読書感想文 美禰子の真意をどう読むか

漱石の「月が綺麗ですね」の出典を求め、「朝顔に」の俳句へ

漱石『夢十夜』は読者を≪夢=催眠≫に引き込む

漱石『草枕』の意味を解く旅:『吾輩』猫、熊本の小天温泉へ

では本日はこれにて(*~▽~)ノ





(Visited 1,098 times, 1 visits today)
Sponsored Links