散見される?散見する? 正しい意味・使い方を鴎外・漱石…太宰に聞く

サクラさん
散見」って言葉、
むずかしいですね。

意味は一応わかるんですが、
「散見される」っていう
のかと思ってたら、
「散見する」って書く
人もいるんですね。

ハンサム 教授
ええ、そちらの方が正しい
用法なんですよ。

サクラさん
え~ そうなんですか? 
でもホラ、『Weblio辞書』
にはこうありますよ~

ハンサム 教授
ガ~~~~ン……そ、
そんなあ(((゜д゜;)))


スポンサーリンク



主語になるのは「人」でなく「物」

というわけで、本日は「散見される」と
「散見する」で、どっちが正しい日本語なのか、
きっちり決着をつけたいと思っているんです。

まず現在、最も信頼に足る国語辞典と
思われる『日本国語大辞典』(小学館、
2006)を覗いてみましょう。

「散見」の意味はこう定義されています。

あちこちに見えること。
ところどころで目に触れること。


これによって「散見される」を語釈すれば、
「あちこちに見えられること」、
「ところどころで目に触れられること」
なんですから、そんな日本語ねえだろ! 
という話になりますよね。


要するに、この辞書の定義からわかるのは、
「散見」が動詞の形をとる場合、その
主語になるのは「物」であって
「人」ではない
こと。

だから「見」の字があっても、それは
人が主体的に「見る」ことではなく、
逆に事物が客体として「られる」事態を
いっているということですね。

    

だからそれにさらに一つ「れる」が
つくというのは、とてもおかしな話に
なってくる。

散見される」と書く人はこの文法を
共有していない(理解していない、または
あえて違反している)ということに
なるんじゃないでしょうか。

でも、でも……
話はそう簡単でもないようなんです;^^💦



「散見される」も辞書が認める?

驚いたことに、Web上の総合的辞書である
『Weblio辞書』には「散見される」が
正統な日本語として項目化されて
いるのです。

『Weblio辞書』内の「実用日本語表現辞典」
と「日本語活用形辞書」には、それぞれ
こうあります。

読み方:さんけんされる
ところどころに在ることが目に付くさま。

「散見する」とも言う。

読み方:さんけんされる
サ行変格活用の動詞「散見する」の
未然形である「散見さ」に、
受身・尊敬・自発・可能の
助動詞「れる」が付いた形。


ア、ア”~~Σ(・□・;)……つまり
「散見される」はすでに辞書によって
お墨付きを与えられちゃってるんですね。

で、その文法的根拠としては、「散見する」に
「受身・尊敬・自発・可能の助動詞「れる」
が付いた形だとのこと。

   623dd5c11f9c143e09e9ad5cae07a30d_s

でも「散見する」という動詞の意味が
上記『日本国語大辞典』の定義のとおり
だとすれば、これにつけられる助動詞
「れる」の意味は「受身」でも「尊敬」でも
「可能」でもありえませんよね。
(主語は「人」ではないんですから)

かろうじて「自発」なら考えられなくも
ない、ということになるんでしょうか?


もしそういうことなら、ここはたんに
「自発の助動詞「れる」」と書く方が
親切というものではないですかね、
プンプンε=ε=ε=(=`(∞)´=)。

スポンサーリンク



「散見する」に×がつく?

以前の記事で、「すべからく」を「すべて」
の意味で使うのは誤りだから、入試の
小論文などでこれをやるのは論外だ
というようなことを書きました。

その記事はコチラ。

すべからくの意味・使い方?安倍首相ほか錚々たる知識人も誤用

でもこうなってくると、「散見される」は
誤りだから書くな、ともいえない
雰囲気ですね。

41b823f2631355d030e47e719a89fe77_s

実際、現在では「散見される」と書かれた
文章は、「散見する」と書いたものより
圧倒的に多いようですし、入試の採点者は
たいてい大学教員ですが、その多くも
平気で「散見される」と書いています。

となると、なまじ「散見する」なんて正しい
日本語を書くと、誤りと見られて減点されて
しまう……なんて嘆かわしいケースも
決して想定されないわけではありません。


なので、受験生への最も良心的な
アドバイスは、下記のようになるだろう
と思います。

・「散見する」とも「散見される」とも書くな。

・書きたい場合は、別の表現を考える。
(類義語で代用する)

Sparrow-s

そんなら、別の表現(類義語)には何が
あるか、ですって?

そうですねえ……たとえば、動詞としては

    見受ける
  • 見受けられる
  • 見かける
  • 目につく

  • などを用い、これに必要なら、その
    「見られる」度合い・状況に応じて

      ちらほら
  • あちこちに
  • 時折
  • しばしば

  • などの副詞をつけていくのが
    よろしいんじゃないでしょうか。

    この方が、きめ細やかな表現の
    可能性も広がりますよね。



    文豪は「散見される」なんて書かない

    ところで、「アタラシイ」という日本語が
    正しくないという人はいないと思いますが、
    語源をたどるなら、これはもともと
    「アラタシ」(新たし)と「アタラ
    (可惜)とが混同されてできた間違いの
    日本語だったわけで、誤りがいつか正しい
    ことにされてしまった例ですよね。


    これと同じようにして、正しくないはずの
    「散見される」も正しい日本語として
    市民権を獲得しつつあるというしか
    ないんでしょうかね┐( ̄ヘ ̄)┌

    65097e7600d95e7ef1f24dafa0da2956_s

    でも私個人としては、「散見される」には
    抵抗したいと思ってるんです、
    命ある限り……。


    上記『日本国語大辞典』の「散見」の項は、
    森鴎外の『舞姫』に例文を求めています。

    幾百種の新聞雑誌に散見する議論には…


    鴎外先生が「散見される」なんてヘンな
    日本語を書かれるはずの訳もないことは、
    ことさらに申すまでもないはずの訳の
    コンコンチキであります(ヘンな日本語;^^💦)。

    鴎外先生の美しい日本語をめぐっては、
    こちらの記事もご参照ください。 
    👇
    森鴎外 舞姫のあらすじ:「簡単/詳しい」の2段階+動画で解説

    森鴎外 舞姫でレポート・感想文:若き漱石・子規の反応は?

    森鴎外 高瀬舟のあらすじを簡単に紹介

    森鴎外 高瀬舟:感想文の安楽…な書き方


    鴎外と来れば忘れちゃならいのが
    漱石先生ですが、夏目漱石にも
    こんな文章があります。

    「彽廻趣味」について説明した文章で

    だから長篇ものに所々此趣味が
    散見してゐても、取り立てて
    これが作者の趣味だと言ひ切る
    訳には行かない。
       (「虚子著『鶏頭』序」)

                

    ほらね。

    文豪は「散見される」なんて
    書かないんですよ。

    そのほか近代の文章家たちから、
    さらにいくつか、使い方の例を
    引いてみましょう。

      それでその頃は立派な家柄の
      人が、四方へ漂泊して、豪富の武家
      たちに身を寄せておられたことが、
      雑史野乗にややもすれば
      散見する
          幸田露伴「魔法修行者」

      これが長崎著聞集、公教遺事、
      瓊浦把燭談等に散見する
      じゅりあの・吉助の一生である。
        芥川龍之介「じゅりあの・吉助」

    Artistic-Book-s

      立派なる洋館も散見す。大船にて
      横須賀行の軍人下りたるが乗客は
      やはり増すばかりなり。
            寺田寅彦「東上記」

      枝に雪をいただいて、それが
      丁度、枝に雪がなっているように
      見える枯木が、五六本ずつ所々に
      散見する外、あたりには何物も
      見えなかった。
         黒島伝治「渦巻ける烏の群」


    ね、こういうのが正しい日本語
    なんですよ~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

    スポンサーリンク




    「散見される」はいつごろから?

    それにしても、「散見される」なんて崩れた
    用法はいったい、いつごろから発生
    したんでしょうか?

    太宰治の小説に、それが出てくるんですね。

      いま読みかえし、私自身にさえ、
      意味不明の箇所が、それらの作品
      には散見されるのである。

      意味不明の文章が散見されるという
      ことだけでも、私は大いに
      恥じなければいけない。
         「春の盗賊」
    鉛筆images

      少し好色すぎたと思われる描写が
      処々に散見されたからである。
             「ろまん燈籠」


    ”文章の達人”太宰ともあろう人が、
    ア、ア”~~(((゜д゜;))) ……昭和10年代には、
    もう一般に崩れてきてたんでしょうかね。


    ともかく「散見される」は十分に正しい
    日本語とはいえません。

    正しく美しい日本語にこだわりのある人は
    決して使わないように
    いたしましょう~(@^(∞)^@)ノ

    日本語の難しさとそれへの
    対策をめぐっては、以下の記事も
    ご参照ください。

    すべからくの意味・使い方?安倍晋三首相ほか錚々たる知識人も誤用

    「お~になる」敬語は二重化注意:太宰・志賀も”お殺せに”バトル

    “させていただく”が間違い敬語になる場合:恩ない人への恩表現

             

    博士の読み方はハカセ?ハクシ?枕草子、漱石に聞く

    お疲れ様とご苦労様の使い分け?(*_*)うるさくなったのは平成から?

    いや、ほんとお疲れ様でした;^^💦

    また当ブログでは入試・受験や
    大学の事情について突っ込んだ
    記事を量産しています。

    こちらの「まとめ記事」に集めています
    ので、ぜひ参照してください。
    👇
    大学生活は楽しい?? 充実した4年間にするための徹底ガイド

         


    それではまた~~(😺)/。

    スポンサーリンク
    (Visited 11,095 times, 20 visits today)

    2 Responses to “散見される?散見する? 正しい意味・使い方を鴎外・漱石…太宰に聞く”

    1. a より:

      自発のらるで意味・文法的には解決だと思いましたが、なぜその解釈を見て見ぬふりして無根拠な否定を続けているのか、理解に苦しみます。

    2. サイ象 より:

      aさん

      コメントありがとうございました。

      ほんとにそうですよね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ